墓じまい後の遺骨はどうすればいい?処分などできるのか?

墓じまい後の遺骨はどうすればいい?処分などできるのか?

『墓じまいした後に残った遺骨はお墓に入れなくてはいけないのか?』

答えはNoです。

遺骨の処理(供養)の方法はいくつかありますので、その詳細を書いていきます。

墓じまいの後:無料で遺骨は処理できる?

墓じまいの後:無料で遺骨は処理できる?

やろうと思えば可能です。

まず遺骨を1辺2mm以下にします。(トンカチなどで粉々にしてください。2mm以上では散骨できません。)

2mm以下にしたお骨は私有地や海に散骨することができます。ただし、海水浴場や漁業場所には散骨できません。また、その場所に散骨してもいいか確認をしてください。

※粉骨しないまま遺骨を捨てるのは犯罪で捕まります。
※山に散骨する場合は山の所有者の同意が必要です。
※ご自身で遺骨を粉々にできない場合、粉骨処理(費用1万~2万)という方法もあります。

墓じまいの後:ご自宅で遺骨を管理

墓じまいの後:ご自宅で遺骨を管理

ご自宅に遺骨を置いておくのが一番お金がかからない方法です。骨壺を買い替えたとしても、1壺5,000円前後で購入できます。

しかし、場所がとられる上、あたなが亡くなった後のことを考えるとあまりおすすめではありません。

墓じまいの後:永代供養や海洋散骨

墓じまいの後:永代供養や海洋散骨

遺骨の供養先として多いのが「永代供養」や「海洋散骨」です。安いと数万円~行えますが、高いと数十万~数百万かかります。

永代供養の中でも骨壺に入れたまま供養する方法だと価格が高いです。他の方のお骨と一緒にする合祀なら安い費用で永代供養ができます。

海洋散骨の場合、ご自身が船に乗らない(船上員に散骨してもらう)なら費用は安いです。ご自信も船に乗り散骨する場合は費用が高くなります。

永代供養や海洋散骨を考えてるなら

永代供養や海洋散骨を考えてるなら

まだ墓じまいをしていなく、業者の手配などをしていないなら『ミキワの墓じまい』を利用するのがおすすめで、平均相場よりも安い価格で墓じまいが行えます。

また、永代供養や海洋散骨の案内も3万5,000円~行うことができます。

ミキワの墓じまいは必要な物がセットになっています。下記がセットの内容です。

  • 行政書類の代行
  • 遺骨の取り出し
  • お墓の解体・処分
  • 更地処理

墓じまいの価格はお墓の大きさにより異なり、165,000円~295,000円となります。(※作業車の搬入ができないなどにより金額は変わります。)

墓じまいを専門に行う業者の中には、永代供養や海洋散骨も扱っていることもあるので、一緒にお願いしてしまう方が安く済むかもしれません。

⇒全国に対応してる墓じまい業者のリストはこちら

▼下記がおすすめの墓じまい業者「お墓のミキワ」。永代供養や海洋散骨の費用が安いです。

墓じまい業界で最安値『安心・信頼お墓のミキワ』

まとめ

墓じまいした後のご遺骨は、永代供養や海洋散骨するのが安くておすすめです。

まだ墓じまいを行ってないなら、ご供養先の案内(永代供養や海洋散骨etc)を行ってる墓じまい専門業者にお願いしてみてもいいでしょう。


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)