墓じまいを行政書士に代行すると全部やってくれる?メリットや費用は?

墓じまいを行政書士に代行すると全部やってくれる?メリットや費用は?

墓じまいを行政書士に依頼したいけど

  • どこまで代行してくれる?
  • メリットやデメリットは?
  • 費用はどれくらいかかる?
  • どうやって探せばいいの?

行政書士に墓じまいを代行すれば仕事を休むこともないですし手間もかかりませんが、メリットやデメリットを知ってから依頼した方がいいでしょう。

また、行政書士でなく墓じまいを代行してくれる業者に依頼した方がいい場合もあるので、その点も含め詳しくご説明いたします。

墓じまいを行政書士に依頼するとは?

墓じまいを行政書士に依頼するとは?

行政書士に墓じまいを依頼すれば、ほとんどの作業を代行してくれます。

墓じまいするには以下のことをしなければなりません↓

  • 役所への書類申請
  • お墓を処分する石材店への依頼
  • お寺との交渉(揉めた場合)
  • 新しい供養先の案内

依頼する行政書士にもよりますが、新しい供養先(永代供養や散骨etc)の案内や、墓石の処分や撤去をしてくれる石材店の紹介までしてくれます。

書類の手続きには、新しい供養先から「受入証明書」、お寺からは「埋蔵証明書」を入手し、それらを改葬許可申請書に記入し役所へ申請、そして「改葬許可証」を取得してくれます。

また、お寺から高額な離檀料を請求されるなど、不法な請求を防ぐのも行政書士の役目です。

依頼するメリットとデメリット

行政書士に墓じまいを代行するメリットは面倒な作業を全て代行してくれる「時間を節約」できる点です。

お墓が遠いと交通費は高いですし、平日しか役所はやっていないので仕事に影響が出る方もいるでしょう。

また、特定の寺院や石材店とも癒着がないので、適正料金で墓じまいできるのもメリットと言えます。

デメリットは行政書士を依頼する費用が余計に必要な点です。

では、行政書士に墓じまいを依頼した場合の費用について見ていきましょう。

行政書士に墓じまいを代行する費用

行政書士に墓じまいを代行する費用

行政書士に墓じまいを代行する費用は依頼する内容によって変わりますが、大体3万~15万くらいです。

アドバイスだけ求めるなら安いですが、新しい供養先への書類提出や石材店の手配・お寺との相談など、代行する項目が多いほど金額は高くなります。

改葬許可証の取得だけする場合

改葬許可証とは墓じまいするために役所からもらう書類のことで、代行費用は6万前後くらいになります。

「改葬許可証」の入手方法は、新しい供養先から「受入証明書」、今のお墓を管理している所から「埋蔵証明書」を入手し、役所からもらう「改葬許可申請書」を記入して申請します。

お墓に入ってる遺骨の数が多いとその分書類を作らないといけないですし、記録がなく誰の遺骨か分からないと少し手間がかかり面倒ですが、行政書士に任せれば全て行ってくれます。

行政書士によっては設定金額を3万くらいにしておき、遺骨の数が1体増えるごとに1~2万をプラスする料金設定にしているところもあります。

※行政書士の事務所によって料金の仕組みは様々で、書類申請のアドバイスだけで3万円かかるところもあります。

手続き以外も代行する場合

書類申請だけでなく、お寺との相談や石材店の手配・改葬先の申請など多くのことを代行する場合は10万~15万くらいかかります。

それなりに費用はかかりますが、お墓が遠いと交通費も高く場合によっては宿泊費も必要になるかもしれません。

そういった事を考えると、全て代行して任せてしまった方が安く済む場合もあります。

石材店や供養先の費用は別途必要

行政書士に依頼する費用は3万~15万程ですが、石材店に依頼する費用や新しい供養先の費用は別途必要です。

石材店の費用は20万~50万、新しい供養先は5万~数百万と幅広くなっています。

墓じまいをしてくれる行政書士の探し方

墓じまいをしてくれる行政書士の探し方

行政書士の探し方はインターネットで「行政書士+地域名」で探すと見つかります。

行政書士によって金額設定や内容はバラバラですので、いくつか相談しながら決めるのが良いでしょう。

行政書士ではなく「墓じまいの代行業者」を利用する方法もある

近年墓じまいされる方が増えており、それに伴い「墓じまいの代行業者」の数も増えてきました。

墓じまい代行業者も行政書士に代行するのと特に変わりませんが、お寺との交渉(例:離檀料の交渉)は付いていません。

ただ、行政書士に依頼するよりもトータルの費用は安くなりやすいので、いくつか見積りを取ってみるのもいいでしょう。

例えば、全国に対応した代行業者「ミキワの墓じまい」の場合、1㎡未満のお墓の墓じまいなら165,000円~と安いです。

書類申請の代行や墓石の解体や処分なども含めての費用となっており、散骨や永代供養を紹介してもらうならプラス3万5000円~となっています。

書類申請の代行だけの場合は遺骨の数に関係なく3万5000円で行ってくれるので、行政書士と「ミキワの墓じまい」を比べてから選ぶのも良いでしょう。

まとめ

行政書士に墓じまいを代行すれば面倒なことは全て行ってくれるので忙しい方にはおすすめです。

ただ、代行する分の費用は高くなるので、出費を抑えるならご自身で申請するか墓じまい代行業者を利用するのがいいでしょう。

ご自身で墓じまいをするなら、こちらの記事で流れを説明しています↓

墓じまい(改葬)の手続きを簡単に解説!全体の流れや手順を紹介

墓じまい(改葬)の手続きを簡単に解説!全体の流れや手順を紹介

2019年7月13日

墓じまい代行業者については、先ほど紹介した「ミキワの墓じまい」の費用が安いです。

墓じまい代行業者を比較した記事もありますので、そちらも参考にしてみてください↓

墓じまい代行業者のおすすめはどこ?全国に対応した3つの業者を比較

墓じまい代行業者のおすすめはどこ?全国に対応した3つの業者を比較

2019年7月13日

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)