ベルコの葬儀や互助会の評判はどう?葬儀費用は高いのか調査した結果

ベルコ 葬儀 評判

葬儀社の中でも名が知れている「ベルコ」を検討している方も多いと思います。

しかし、このような悩みがありなかなか決定できないのではないでしょうか?

  • ベルコは信用できる会社なのか?
  • 料金は高くないのか?
  • 騙されたりしないのか?

また、ベルコだと互助会も有名なのでその点も気になる方は多いと思います。

そこでここではベルコを詳しく調査し、どんな葬儀社なのかまとめました。

記事が長くなったので結論を先に言うと

ベルコについて調査した結果
  • 年間3万5000件の葬儀を行い安心感はある
  • 悪い口コミもあるが対応が良いと言う声も多い
  • 葬儀費用についてはやや高い可能性がある
  • ベルコを利用するなら互助会の入会はお得

ベルコは葬儀業の中でもトップクラスの実績を誇る会社ではありますが、葬儀費用が高いという声が多いので見積りを取り確かめておくようにしましょう。

ベルコに依頼するなら互助会に入会した方がお得ですが、それでも他社より安くなるわけではありません。(もともとの価格設定が高いため)

また、互助会は解約するときに「高額な手数料が必要」「解約を渋られる」などの問題が多いので、ベルコの利用が確定していないなら入会はやめておきましょう。

料金が心配なら「他の葬儀社と比較してから選ぶ」「格安葬儀社を利用する」ことを検討してみてください。

→「他の葬儀社と比較すること」で詳しい内容を書いています。

→「費用の安さを求めるなら格安葬儀社を利用する」で詳しい内容を書いています。

では、ここからベルコについて調べた内容をご紹介いたします。目次で気になる部分だけでも確認してみてください。

ベルコについて

ベルコについて

ベルコは1969年に創業した「葬儀」や「結婚式」などの冠婚葬祭事業を行っている会社です。

東北・近畿・九州エリアをメインに葬儀会場を多く持ち、年間3万5000件以上もお手伝いしてる業界でもトップクラスの実績を誇ります。

ベルコの営業区域
北海道・秋田・岩手・宮城・茨城・福島・富山・愛知・大阪・兵庫・奈良・和歌山・三重・山口・香川・高知・島根・福岡

ベルコと言えば互助会も有名で加入数は200万口を超えています。規模も施設の保有数も全国の互助会で最大規模です。

※互助会については後ほど詳しく説明いたします。

会社概要
社名 株式会社ベルコ
(旧(株)阪神互助センター・旧(株)互助センター)
設立 1969年4月3日
本社 兵庫県西宮市津門川町1‐1
本店・本部 大阪府池田市空港1丁目12‐10
代表取締役 齋藤 秀麻呂
URL https://www.bellco.co.jp

ベルコ系列について

上記の葬儀社も同族会社でベルコ系列となります。

ご兄弟がそれぞれの社長を行っており、互助会も取り入れた葬儀業を行っています。

ベルコの葬儀の評判は?クレームはある?

ベルコ 葬儀 評判

ベルコの評判はどうなのか?クレームはないのか?などを、ヤフー知恵袋やGoogleの口コミをメインに調査しました。

良い口コミと悪い口コミで多かった声をそれぞれご紹介いたします。

良い口コミ

スタッフの対応が親切

スタッフの方がとても親切で、親身な対応をしていただき、利用して良かったと思いました!

参考:シティホール御幣島ベルコ会館

信頼できる葬儀社だった

1番良かったのはスタッフの方々でした。希望通りの内容にしてくれて、色んな助言を頂いてウワサ通りの信頼できる葬儀社でした。

参考:セレモニーホール十三

満足な葬儀だった

はずせないオプションで100万超えましたが私は満足感の方が大きいです。

参考:ヤフー知恵袋

悪い口コミ

費用が高額だった

以前父の葬儀をベルコでしたのですが、高額になり香典など全部持って行かれ それでも足りませんでした。だからベルコで冠婚葬祭を使う事は今後ないと思います。

参考:ヤフー知恵袋

100万以上掛かると言われた

ベルコの24万円のコースを互助会に加入し、毎月2000円支払ってましたが、実際に葬儀となると100万円請求となると言われて戸惑ってます。

家でするし、花も食事も親族で用意する予定なので、コース外のものは不要なので、24万円でお願いとお伝えしましたら、受付できない、と…。

参考:ヤフー知恵袋

高いものばかり勧められた

スタッフの対応は、家族の気持ちに寄り添い心地よく故人を送ることが出来ましたが、費用がかなり高い高い高い!

見積り担当がやり手でひどい!安いプランの説明はなく、高いものばかり言われて悔しい額を払わされた。ほんとにやめた方が良い。

参考:ベルコ ロイヤルシティホール野田

利用者の声をまとめると

金額について高いと言う口コミが目立ちますが葬儀内容に満足されている人は多いです。

ベルコは多くの斎条を持っているので、場所によってスタッフの対応がことなります。

気になる葬儀社がある場合はGoogleで葬儀社名を検索すると口コミが出てくるので、そこで確認しておくようにしましょう。

ベルコの葬儀社検索」で葬儀社名を調べることができます。

ベルコの葬儀費用について

ベルコ 葬儀 費用

ベルコを利用するにあたり気になるのが葬儀費用だと思います。

費用が高いと言う口コミが多かったので、実際に葬儀された方の金額を参考に全国の平均費用と比べてみました。

ベルコの費用と全国平均費用を比較

ベルコの費用を参考にするのはこちらの投稿になります「ヤフー知恵袋

この方は大阪市で13人のお葬式をベルコに依頼し合計331万円も掛かったと投稿しています。

この葬儀内容について平均費用と比べてみました。

お葬式の費用は参列者の数や僧侶のお布施によって金額が全然違ってくるので、3つの内訳に分けて考える必要があります。

葬儀一式の費用 総額の50%~80%を占める
返礼品や食事の費用 総額の10%~20%を占める
僧侶のお布施 お寺により異なるが20%前後くらい

※僧侶のお布施はお寺によって金額がことなり割合を出すのが難しいです。100万のお布施が必要なお寺もあれば5万でいい所もあります。

お葬式の費用は主に「葬儀一式の物」が大部分を占めており、葬儀社によって価格設定が大きく変わる部分になります。

葬儀一式の物とは、祭壇・棺・骨壺・受付代・式場代・人件費・湯かん・死化粧・マイクロバス・搬送費・遺影・役所手続き・案内看板etc

ヤフー知恵袋に投稿されていた方の投稿を見ると、大体このような内訳になりました↓

  • 葬儀一式の費用:251万
  • 食事や返礼品:20万
  • 僧侶のお布施:60万

合計331万円(互助会に入会し割引を受けての金額)

補足内容

食事代と返礼品について詳しく書かれていなかったので、通夜振る舞いと精進落としの料理を1人5000円で計算し、参列者の返礼品も1人5000円で計算しました。

  • 通夜振る舞い:5000円×13人
  • 精進落とし:5000円×13人
  • 返礼品:5000円×13人

※食事については1人5000円前後が相場になります。

※返礼品は1000円前後で用意される方が多いですが13人と少ない葬儀は親族だけの可能性が高く、頂く香典も多くなるので返礼品を少し高めに設定しました。

全国の葬儀平均費用については鎌倉新書の「お葬式に関する全国調査」を参考にします。

鎌倉新書のデータは「葬儀一式の物」だけの平均費用が載っているので、ヤフー知恵袋に投稿されている方の葬儀一式の金額と比較するとこのようになります↓

葬儀形式 全国平均費用 ヤフー知恵袋の方
一般葬 1,459,091円 2,510,000円
家族葬 911,544円

※ヤフー知恵袋の方は家族葬だと思われるのですが、一般葬の平均費用も一応載せて比較しました。

この比較だけで判断するとベルコの葬儀代は結構高いです。

推測ですがヤフー知恵袋の方は豪華なお葬式にされた可能性が高く、祭壇や供花などを立派にしたことで費用が高額になったのではないかと思われます。

ただ、口コミを見ていると費用が高いと言う声が多いので、他社より高額になる可能性はあります。

実際に見積りを取り平均費用と比べてから利用を考えてみてください。

ベルコのWEBサイトでシュミレーションもできるが

ベルコのサイトでは「葬儀費用のシュミレーション」ができるのですがあまり当てになりません。

シュミレーションでは表示されていない項目がある可能性が高いので、ベルコの料金を知りたい場合は見積りを取り確かめてください。

ベルコの互助会について

ベルコの互助会について

ベルコの互助会は加入者数が200万口を超え多くの方に利用されています。

互助会について簡単に説明すると毎月お金を積み立てることで「葬儀費用が割引される」仕組みとなっています。ですので、ベルコを利用するなら加入した方がお得です。

色々とトラブルもあるのでこれからお話ししますが、ベルコを利用しない可能性が少しでもあるなら互助会の入会はやめておいてください。

では、詳しい内容やメリット・デメリットをご紹介いたします。

互助会の仕組み

ベルコの互助会は毎月2000円~3000円前後のお金を積み立てることで、葬儀に必要な物品が一部安くなる仕組みとなっています。

地域によってプランがことなりますが、毎月2000円×120回=24万の完納プランが多いです。

通常なら50万くらいする葬儀の物品が24万~30万で利用できるので、ベルコを利用するなら加入した方がお得になります。

【注意】葬儀費用の全額が互助会の積み立てで補えるわけではありません!

一部の物品が割引されるだけですので、その点をよく覚えておいてください。

ベルコのWEBページにもこのように書かれています↓

互助会の積み立て金以外に必要な料金

右記の役務は有料にて承ります 御棺(布張棺、内張り付)/造園設備/祭壇花/電装提灯/記録写真/式場設備/車関係/式場使用料/霊安室使用料

契約内容に含まれないもの 式場使用料、お車関係、生花(樒)類、粗供養、料理、御布施など前記別表にないもの

参考:互助会(関西BCコース)

一例なので上記以外にも必要な物はあります。

互助会のメリットとデメリット

メリットは葬儀費用の一部が安くなるだけですので、デメリットについて詳しく説明しておきます。

互助会のデメリットは2つ↓

  1. 解約手数料が高い
  2. 解約がスムーズに行えない

口コミでもこの2つに関するトラブルが多いです。

デメリット1:解約手数料が高い

ベルコに記載されていた解約手数料はこちら↓

名古屋PCコース 5000円×48回の場合】

支払回数 月掛金残高 所定手数料 返戻金
1回 5,000円 11,000円 0円
2回 10,000円 11,075円 0円
3回 15,000円 11,150円 3,850円
4回 20,000円 11,225円 8,775円
5回 25,000円 11,300円 13,700円
6回 30,000円 11,375円 18,625円
7回 35,000円 11,450円 23,550円
8回 40,000円 11,525円 28,475円

9回以降は8回手数料+1回毎に75円を加算

参考:ベルコ解約金のpdf

積み立て回数が少ないと解約手数料の方が高いのでお金は戻ってきません。

また、加入した時期によって解約手数料が変わるため、すでに加入されている方はもっと高い可能性があります。

2007年ですが、ヤフー知恵袋の投稿にベルコの解約手数料が記載されていたので載せておきます。

積み立て回数 積立金 解約手数料
2000円×36回 72,000円 約25,000円
3000円×36回 108,000円 約26,000円
4000円×36回 144,000円 約28,000円
5000円×36回 180,000円 約33,000円

参考:ヤフー知恵袋

デメリット2:解約がスムーズに行えない

まずはこちらの口コミをご覧ください↓

年老いた母がベルコに長く会員なった後、あいプランに入会したのですが、事情あり退会したいので、代行手続きを行いました。が、解約手続きが2-3ヶ月かかる事を知って愕然としています。

一般的に解約すると1ヶ月位で処理されるものと思っていました。多分、その期間内にキャンセル防止策を講じようと意図が見えます。

参考:ヤフー知恵袋

ベルコだけなく互助会はなんだかんだ理由をつけて解約を先送りにしようとするケースが多く、簡単に解約できるというお話はあまり聞きません。

以上の事からベルコに葬儀をお願いすることが確定していないなら、互助会の入会はやめておきましょう。

また、互助会で費用が抑えられるといっても他社より格段に安くなるわけではありません。元々の価格設定が高いのでそれなりに葬儀費用は掛かります。

納得のいくお葬式をするには

納得のいくお葬式をするには

ベルコだけでなく納得のいくお葬式をするためには2つ大切なことがあります。

  1. 事前に相談し見積りを取ること
  2. 他の葬儀社と比較すること

この2つを抑えておけば満足のいく葬儀にすることができるので詳しくご説明いたします。

①事前に相談し見積りを取ること

事前に相談し見積りを取ること

葬儀トラブルで最も多いのが費用についてです。

亡くなってから葬儀内容を決めると冷静な判断ができず、いらないオプションまで付けてしまい費用が高額になりやすいです。

ですので、冷静に判断できるうちに相談し見積りを作っておきましょう。

ここで大事なのが「見積りを作った後に他に必要な物がないかしっかり確認すること」です。

この点をしっかり確認しておけば費用トラブルはおきません。

また、事前相談のメリットは葬儀社の対応についても知れることです。

満足のいくお葬式にするなら料金だけでなくスタッフの対応も大事ですので、見積もり相談に行った際はその点もよく確認しておきましょう。

②他の葬儀社と比較すること

他の葬儀社と比較すること

比較することは葬儀社も勧めているので、遠慮せずたくさんの葬儀社と相談してから決めてください。

葬儀費用やスタッフの対応など比較することで、より納得のいくお葬式にすることができ失敗する確率も低くなります。

特に料金について心配な方は「葬儀の一括見積サイト」も利用し、できるだけ多くの見積りを比較してください。

一括見積サイトは1回の資料請求で2~3社の見積りが届くので、短時間で費用を比較することができます。

もし利用するなら運営母体がしっかりしていて規模が大きい「いい葬儀」が1番安心です。

24時間オペレーターに相談することもできるので、分からない事を聞きながら見積りを取ることができます。

WEBから入力して見積りを取ることも可能です。

費用の安さを求めるなら格安葬儀社を利用する

ベルコや一般的な葬儀社ですとそれなりに費用は掛かります。

しかし、格安葬儀社なら相場よりも安くお葬式することが可能です。

例えば「小さなお葬式」という格安葬儀社の場合、葬儀一式の費用が相場の約半分で利用することができます↓

葬儀形式 全国平均費用 小さなお葬式
一般葬 1,459,091円 638,000円
家族葬 911,544円 488,000円
一日葬 639,773円 338,000円
直葬 20万~40万 188,000円

格安葬儀社は「葬儀一式」の費用が抑えられているのでベルコを利用するよりは確実に安くなります。

わたしは父親の葬儀の時に「小さなお葬式」を利用し、相場よりもだいぶ安く葬儀することができました。

その時の感想や掛かった費用については「小さなお葬式にクレームや最悪と言う口コミがあるが体験して思った事」で説明しています。

小さなお葬式について詳しく知りたい方は、資料請求して届くパンフレットを確認してください。

資料請求は無料です。資料の送付方法をメールにすれば2分~3分で送られてきます。

まとめ

ベルコでお葬式された方の口コミを見ると満足している人は多いですが、費用が高いと言う声が目立ちます。

互助会に加入した方が葬儀費用は抑えられますが、他社よりも特別安くなるわけではないのでその点だけ覚えておいてください。

納得のいくお葬式をするには

  • 事前に見積りを取り相談すること
  • 他社と比較してから選ぶこと

これは国民生活センターが「後悔しない葬儀にするために知っておきたいこと」でもおすすめしています。

葬儀は事前の準備がとても大切で「準備する・しない」ではトラブルになる確率も変わります。

葬儀社に相談することに抵抗を感じる人もいますが、対応が良い所もたくさんありますので何社か比較し一番合っている所を見つけてみてください。

複数の葬儀社の費用を短時間で比較したい場合は「葬儀の一括見積サイト」を利用してみてください。1回の資料請求で2~3社の見積りが届きます。

一括見積サイトを利用するなら運営母体がしっかりしていて規模が大きい「いい葬儀」が1番安心です。

※いい葬儀は累計38万件の相談実績があり「葬儀一括見積サイト」の中で一番利用されています。

24時間オペレーターに相談することも可能なので、分からない事を聞きながら見積りを取ることができます。

WEBから入力して見積りを取ることも可能です。

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)