小さなお葬式の追加料金やオプションを分かりやすく説明します!

小さなお葬式の追加料金について

小さなお葬式は追加料金を一切不要にした定額プランを武器に、年間3万5000件の受注件数を誇る葬儀の仲介会社です。

ネットの葬儀会社の中ではNo1の受注件数を誇っている会社ですが、口コミを調べると

  • 追加料金がかかった
  • オプションがプラスされた

などの声がチラホラ出ています。

そこで今回は、小さなお葬式の追加料金やオプションの詳細を詳しく説明いたします。

この記事を見れば「どんな費用が追加で掛かりそうなのかが分かる」ので、ぜひ参考にしてみてください。

オプションで追加費用が掛かる項目

オプションで追加費用が掛かる項目
  • お坊さんのお布施
  • 食事(通夜振る舞い・精進料理)
  • 火葬する費用
  • 火葬中の控室使用料
  • 式場(葬儀場)使用料
  • 付き添い安置
  • 安置とドライアイス
  • 寝台車・霊柩車での移動
  • 返礼品
  • 死化粧
  • 送迎バス(マイクロバス)
  • 予想外のオプション

小さなお葬式で主に掛かりそうな追加費用については上記項目になります。

では、1つ1つ説明しますのでご覧ください。

お坊さんはプランに含まれていません!

お坊さんはプランに含まれていません!

小さなお葬式のプランにはお坊さんの費用は含まれていません。

お坊さんに読経を行ってもらうには、ご自身で手配するか小さなお葬式が提携している僧侶を手配してください。

ご自身でお坊さんを呼ぶ場合はお寺によって金額が異なるので正確なお布施金額は分かりませんが、相場としては50万くらいになります。

小さなお葬式が提携してるお坊さんの場合は下記のお布施が必用になります↓

小さな火葬式 小さな1日葬 小さな家族葬 小さな一般葬
お布施金額 55,000円 85,000円 160,000円 160,000円
お勤め日数 1日 1日 2日 2日
通夜式読経
告別式読経
式中初七日
炉前読経
戒名授与

お通夜や告別式なども行う場合は、お経を読む回数が増えるのでお布施も高くなります。火葬だけや1日葬の場合はお経を読む回数が少ないので、その分お布施も安いです。

直接お坊さんを手配するよりも小さなお葬式で手配した方がお布施は安いです。

追加で費用がかかってしまいますが、小さなお葬式では約80%の方がお坊さんを呼んでお経を上げてもらっています。

またランクは低いですが「信士・信女・釋・釋尼 」の戒名授与が全プラン含まれています。

戒名のランクを上げたい場合は下記の追加料金がかかります↓

戒名ランク 追加費用
居士・大姉、院信士・院信女 60,000円
院日信士・院日信女、院釋・院釋尼 160,000円
院居士・院大姉 200,000円

食事費用はオプション!

食事費用はオプション!

食事(通夜振る舞いや精進料理)はプランに含まれていないので別途オプションで付けることになります。

食事費用は葬儀を行う葬儀社によって金額が異なるので正確な金額は分かりません。

ですので、実際に私が「小さなお葬式」を利用した時の食事費用を載せておきます。

通夜振る舞いと精進料理のオプション費用

  • 食事(通夜振る舞い):349,250円
  • 食事(精進料理):207,900円
  • 通夜振る舞い+精進料理の飲み物:77,294円

通夜振る舞いは75名分、精進料理は35名分の料理を注文した金額です。

通夜振る舞いの内訳(75名分)

  • 寿司9180円×15台
  • 天ぷら6480円×9台
  • 煮物5400円×9台
  • オードブル6480円×9台
  • おしんこ1620円×9台
  • 上記にサービス料10%がかかります。

合計349,250円(飲み物代は後で計算します)

精進料理の内訳(35名分)

35名分×5,400円で合計207,900円

通夜振る舞いと精進料理の時に飲んだ飲み物代

  • ビール518円×73本
  • ウーロン茶270円×67本
  • ジュース270円×7本
  • コーラ270円×9本
  • 日本酒432円×9本
  • ノンアルコール378円×6本
  • 缶チュウハイ378円×9本
  • ミネラルウォーター162円×3本
  • 上記にサービス料10%がかかります。

合計77,294円

規模の大きいお葬式を行ったので食事費用もそれなりの金額になりましたが、火葬や1日葬・家族だけで行うお葬式なら料理は無くていいと思います。

火葬費用に関しては追加料金が掛かりやすいので注意

火葬費用に関しては追加料金が掛かりやすいので注意

故人を焼く火葬費用なのですが、公営の火葬場が無い地域&公営でも市民料金の設定がない場合は火葬料金がかかります。

例えば東京23区の場合だと民営の火葬場がほとんどなので6万円の追加料金が掛かります。他の県だともう少し安くなる場合が多いです。

火葬費用については電話で問い合わせれば正確な金額を教えてくれます。葬儀を申し込む前に確認しておくことをおすすめいたします。

火葬中の控室料金はその場で支払う

火葬中の控室料金はその場で支払う

火葬が終わる間に控室を使う場合は別途料金が必要になります。火葬場によって金額が異なり支払いは火葬場で済ませます。

私が利用した火葬場では1室10,400円掛かりました。

式場(葬儀場)利用料は追加費用が掛かる場合あり

式場(葬儀場)利用料は追加費用が掛かる場合あり

各プラン規定の式場利用料を超える場合に追加料金がかかります。

一日葬プランは50,000円まで、家族葬と小さな一般葬プランは100,000円までは無料、それ以上高い式場だと差額の金額を支払わなければなりません。

例:葬儀場利用料が8万円の場合↓

一日葬 家族葬&小さな一般葬
規定の式場利用料 50,000円まで無料 100,000円まで無料
追加料金 +30,000円 0円
追加費用がかからずに利用できる葬儀場のエリアカバー率は95%ですので追加料金がかかる可能性は低いですが、申し込む前に確認しておいた方がいいでしょう。

付き添い安置についての注意

付き添い安置とは、故人様とご遺族が式場内でいつでも面会ができるプライバシーが確保されたお部屋を用意するものです。

小さなお葬式HPより引用

1日葬・家族葬・一般葬プランの場合はあまり心配ないですが、火葬プランの場合は注意が必要です。

火葬プランの場合は式場を利用しないため、故人を葬儀社預かりの安置にした場合は面会するのに1日あたり5万円の追加料金が掛かります。

火葬するまでの日程が長いとその間ずっと故人と面会できないので、自宅安置にした方がいいかもしれません。

小さなお葬式の1番安い「小さなお別れ葬(14万円)」は自宅安置は不可となっているので注意

規定日数を超える場合の安置料金とドライアイス料金

規定日数を超える場合の安置料金とドライアイス料金

安置料金とドライアイス料金は一定期間は無料ですが、規定日数を超えると追加費用が掛かります。

お別れ葬・火葬式・一日葬プラン 3日間無料
家族葬・小さな一般葬プラン 4日間無料

上記の日数を超えると、安置料金&ドライアイス料金として1日あたり10800円が追加で掛かります。

年末年始の火葬場が休みの場合、火葬場の利用者が多く予約ができない場合、お坊さんとの都合が合わないなど、日程が送れる可能性は十分にあるので追加費用が掛かりやすい項目です。

寝台車・霊柩車での移動が長い場合

寝台車・霊柩車での移動が長い場合
  • 病院~安置場所:50kmまでは無料
  • 安置場所~火葬場:50kmまでは無料

もし50kmを超えてしまう場合、10kmあたり5,400円の追加費用が掛かります。

返礼品は別途オプション

返礼品は別途オプション

参列者にお返しとして渡す返礼品(即返し)の品はオプションになります。葬儀社によって用意されている返礼品(即返し)が違うので正確な金額は分かりません。

私が利用した葬儀社では1個500円~用意されていました。(高い物だと1個10,000円とかもあります。)

参列者がいない(家族だけ)なら費用は0円です。参列者がいる場合は必ず返礼品(即返し)は用意しましょう。

死化粧は別途オプション

死化粧は別途オプション

死化粧をお願いする場合は別途オプションになります。費用は葬儀社によって異なりますが、相場は3万~10万くらいです。

私が利用した葬儀社では48,600円掛かりました。

送迎バス(マイクロバス)

送迎バス(マイクロバス)

葬儀の規模が大きい「小さな一般葬」の場合、マイクロバスが1台無料で用意されています。(葬儀場~火葬場の行き来に使う。)

2台目以降は別途費用がかかり、その金額は葬儀社によって異なります。

私が利用した葬儀社では1台別途で頼むと39,960円掛かりました。

予想外のオプション

予想外のオプション

配膳スタッフ代

私が利用した葬儀場では、お通夜の時と告別式の時の料理を運ぶ配膳スタッフ代がかかりました。

5人必要との事で1人10,800円で合計54,000円

これは葬儀社によって掛かったり掛からなかったりするので、必ずしも追加費用になるかは分かりません。

食事をしなければ掛からないですが、食事を検討している場合は注意して下さい。(費用は葬儀社によって異なる)

ガードマン代

私が利用した葬儀社は車と人通りが多い場所にあったので、ガードマンが必要と言われたのでお支払いしました。

1日16,200円、2日間の葬儀だったので=合計32,400円

この追加費用は珍しいので他の葬儀社ではあまりないと思いますが、葬儀社によってこのような予想外のオプションが必要になる場合があります。(費用は葬儀社によって異なる)

遺影がない場合もあるのでプラン内容はよく見ること

例えば「小さなお別れ葬(14万)」「小さな火葬式(18万)」のプランに遺影は付いていません。

「普通なら遺影くらいあるだろ?」と思ってしまう項目ですが、もし上記2つのプランで遺影を付ける場合は別途オプションになります。

このような見落としがないよう、申し込む前はプラン内容をよく確認し分からない場合は電話で確認してみてください。

小さなお葬式には返金保証がある!

小さなお葬式には返金保証がある!

意外と知られていないのですが、小さなお葬式には返金保証と言う制度があります。下記がその内容です↓

お客様が希望された(ご納得の上申し込まれた)以外の追加品目について、当社の規定する金額を超える請求金額があった場合に限り、その差額を返金させて頂きます。

※お葬式施行から一週間以内にお申し出下さい

納得できない請求をされた場合は、小さなお葬式に申し出れば返金に応じてくれます。

まとめ

今回、小さなお葬式の様々な追加料金について載せましたが、ネットから申し込む葬儀仲介会社は全て同じような追加費用がかかると思ってください。

例えば

など、ネットから申し込む葬儀仲介業者はどこも同じです。

その中でも小さなお葬式に関しては、公式HPに追加費用がかかる項目がしっかり書かれています。(イオンのお葬式はあまり書かれていないので、以前トラブルになってました。)

時間があるのでしたら資料などを取り寄せてじっくり検討してみてください。

事前の資料請求(無料)で5000円割引されます↓

小さなお葬式の口コミや実際に申し込んだ感想などはこちらの記事を参考にして下さい↓

小さなお葬式の口コミについて思う事。実体験と賢い使い方3つのポイント

2018.08.30

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)