家族葬の費用が安い葬儀社の探し方を紹介!

家族葬の費用が安い葬儀社の探し方

家族葬の費用をできるだけ安くしたい人に、費用が安い葬儀社の紹介と葬儀社を探す際の注意についてまとめました。

他にも簡素な葬儀にすることで家族葬の費用が抑えられるので、その詳細についてもご説明いたします。

家族葬の費用が安い葬儀社の探し方

家族葬の費用が安い葬儀社の探し方

家族葬の費用が安い葬儀社を見つけるには見積りを取り比較して選ぶのが基本ですが、何社も相談するのは時間もかかり大変です。

時間もなく手っ取り早く安い葬儀社を探しているなら、最近利用者が増えている「小さなお葬式」という格安葬儀社を選んでください。

「小さなお葬式」なら相場の約半分くらいの金額で利用できるので、家族葬の費用を安くしたい人におすすめです。

どれくらい費用が抑えられるのか簡単なシュミレーションをした結果、57万円も安くなりました↓

  • 普通の葬儀社の家族葬:約131万
  • 小さなお葬式の家族葬:約74万

後でシュミレーションの詳細を説明しますが、家族葬を安く行うなら小さなお葬式を検討してみてください。

小さなお葬式の家族葬は何故安いのか?

「小さなお葬式」の家族葬がなぜ安いのかを説明するために、まずは家族葬の平均費用についてご説明いたします。

このサイトで調査した「家族葬の費用と相場」では、全国平均費用が91万1544円でした。この金額は葬儀一式の費用だけなので、食事や返礼品・僧侶のお布施は含まれていません。

食事や返礼品は参列者の数によって金額が変わり、通夜振る舞いや精進落とし・返礼品の費用を合わせると1人あたり10,000円くらいが相場になります。

僧侶のお布施に関してはお寺によって金額がことなりますが、普通の葬儀社から手配すると30万くらいが相場です。

では、ここまで説明した相場を元に、参列者10人を想定した家族葬の費用をシュミレーションすると、これくらいの金額になりました↓

10人で家族葬する平均金額
  • 家族葬の葬儀一式の費用:約91万
  • 食事や返礼品の費用(10人を想定)=約10万
  • 僧侶のお布施=約30万

合計金額が131万円。

次に、小さなお葬式の家族葬プランを利用した場合もシュミレーションしてみます。

「小さなお葬式」の家族葬プランは48万8000円で、この金額には葬儀一式の物が全て含まれています。

食事や返礼品は別途オプションなので参列者が10人だと約10万、僧侶のお布施は「小さなお葬式」なら16万と安く手配できます。

小さなお葬式で家族葬をする金額
  • 小さなお葬式の家族葬プラン:48万8000円
  • 食事や返礼品の費用(10人を想定)=約10万
  • 僧侶のお布施=16万

合計金額が74万8000円。

普通の葬儀社で家族葬をすると131万円くらい必要ですが「小さなお葬式」なら74万なので、57万円も安くなりました。

簡単なシュミレーションでしたが、「小さなお葬式」は葬儀一式の費用と僧侶を手配する費用が相場より安いのが特徴です。

祭壇を豪華にしたり供花をたくさん並べた葬儀にすると追加料金で高くなってしまいますが、基本プランで家族葬をすれば相場よりも安く葬儀が行えます。

小さなお葬式にデメリットはないのか?

「小さなお葬式」は相場の約半分で利用できるのがメリットですが、事前に見積りを取ったり葬儀社と相談することができない点がデメリットになります。

「小さなお葬式」は葬儀の紹介会社なので、実際にお葬式を担当するのはあなたの地元にある葬儀社です。

資料請求すると利用できる葬儀社のリストが届くので、予めどの葬儀社にするか選んでおき、亡くなったら「小さなお葬式」に連絡し葬儀の準備を進めていきます。

そのため、事前に総額の見積りを取ったり葬儀社と相談することができないので、しっかり決めておきたいという方は利用しないほうがいいでしょう。

小さなお葬式について

小さなお葬式は格安葬儀社の中で1番利用されている会社で、年間3万5000件以上の葬儀を受注しています。

普通の葬儀社より安くお葬式できることから、2017年には葬儀受注件数が日本一となり年々利用者が増え続けている葬儀社です。

利用方法や詳しい料金は資料請求して届くパンフレットに書いてあるので、よく読んでから利用を検討してみてください。

事前に資料請求すれば5000円の割引が受けられます。

資料請求は無料です!
営業電話も一切ありません

比較して家族葬の費用が安い葬儀社を探す場合

比較して家族葬の費用が安い葬儀社を探す場合

葬儀社を比較して家族葬が安い所を探す場合は、見積りを取って比べる必要があります。

見積りを取らず葬儀社のホームページに記載されている金額だけ比較しても、どこが安いのかは分かりません。

例えば葬儀ポータルサイトの「いい葬儀」と「葬儀レビ」では、全国で利用できる葬儀社や料金プランが掲載されていますが、式場費や火葬代などが含まれていない葬儀社がほとんどです。

家族葬プラン

※葬儀社のホームページに記載されている金額も、式場費や火葬代が含まれていないことがほとんどになります。

なぜ式場費や火葬代が含まれていないのかというと、自宅で葬儀する場合は式場費がいらないですし、火葬代も利用する火葬場によって料金がことなるのでプラン料金に含めていない葬儀社が多いです。

他にもプラン料金に祭壇を含めていない葬儀社もあるため、実際に見積りを取ると倍以上の金額になる事も珍しくありません。葬儀費用を安く表示して集客している葬儀社もあるため、必ず見積りを取って比較してください。

ただ、1社ずつ見積りを取っていると時間がかかるので、先ほど紹介した「いい葬儀」と「葬儀レビ」が提供している一括見積りを使うのもおすすめです。

1回の資料請求で3社くらいの見積りが届くので、短時間で複数の見積りを比較することができます。

いい葬儀
  • 東証一部に上場している株式会社鎌倉新書が運営
  • 相談実績は累計41万件と日本最大級の一括見積りサイト
  • 提携している葬儀社は約1000社とNo1の登録数
  • 経験豊富な専門オペレーターと24時間相談が無料
葬儀レビ
  • 葬儀事業を幅広く展開してる株式会社よりそうが運営
  • 年間実績が8800件と業界でも上位の利用率
  • 提携している葬儀社は約900社と登録数も多い
  • 葬儀レビを利用することにより、比較しないより19万も安くなるというデータあり

家族葬の費用を安くするなら簡素な葬儀を選ぶ

家族葬の費用を安くするなら簡素な葬儀を選ぶ

簡素な葬儀をすることで家族葬の費用を安く抑える事ができます。

簡素な葬儀とはお通夜を省いた「一日葬」や火葬のみ行う「直葬」のことで、葬儀一式の費用を比べるとこれくらい安くなります↓

葬儀一式の費用を比較

葬儀一式のかかる全国の平均費用↓

  • 家族葬:約91万
  • 一日葬:約63万
  • 直葬:20万~30万

※上記金額には食事や返礼品・僧侶のお布施は含まれていません。

一日葬なら通夜振る舞いの食事が必要ないので飲食費を抑えることもできます。また、直葬(火葬式)については食事なしにされる方もいますので、20万~30万に抑える事も難しくありません。

一般的な家族葬とは親しい人達でお通夜と告別式を行う葬儀を指していますが、一日葬や直葬も親しい人達だけで行えば家族葬と言えます。

2日間行う家族葬ですと100万近くのお金が必要ですので、費用を抑えたいなら一日葬や直葬などの葬儀を検討してみてください。

格安葬儀社の小さなお葬式なら一日葬や直葬がさらに安い!

格安葬儀社の「小さなお葬式」を利用すれば、一日葬や直葬の費用を大幅に抑えることができます↓

小さなお葬式の料金プラン
  • 小さな一日葬プラン:33万8000円
  • 小さな火葬式プラン(直葬):18万8000円
  • 小さなお別れ葬プラン(直葬):14万

上記には食事や返礼品・僧侶のお布施が含まれていないですが、それらを含めても相場より安く葬儀が行えます。

まとめ

家族葬の費用が安い葬儀社を探すには見積りを取り比較するのが基本的な方法ですが、格安葬儀社の「小さなお葬式」を利用すると大幅に費用を抑えることができます。

小さなお葬式の詳細や実際に利用した感想については、こちらの記事をご覧ください↓

小さな葬儀 口コミ 評判

小さなお葬式にクレームや最悪と言う口コミがあるが体験して思った事

2019年4月18日

あとは、簡素な葬儀(一日葬や直葬)を選ぶのも費用を抑えるポイントですので、宗教的儀式を省く葬儀でも構わない場合は検討してみてください。

家族葬とはどんな葬儀?詳細はこちら

合わせて読みたい記事

家族葬の費用について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。実際に資料請求した見積りなども載せて相場を紹介しています↓

家族葬 費用 相場

家族葬の相場はいくら?知っておきたい実際の費用や平均金額について

2019年8月17日

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)