火葬式(直葬)の費用相場やお布施の目安・代金が高くなる注意点を紹介

火葬式 費用 相場

お葬式の中で最も簡素で費用が抑えられるのが火葬式(直葬)と言われる葬儀方法です。

火葬だけ行うお葬式なので費用も安いですが、場合によっては高くなってしまう事もあります。

ここでは、直葬の相場や価格が高くなってしまう場合について詳しく書きました。

また、お坊さんを手配する際のお布施がいくら必要なのかも紹介しています。

火葬式(直葬)について

火葬式(直葬)はお通夜と告別式をやらず、火葬のみ行うシンプルな葬儀方法です。

詳しく知りたい方は「直葬(火葬式)とはどんな葬儀?流れやマナー/注意点/口コミなどを紹介」をご覧ください。

火葬式/直葬の費用相場

直葬/火葬式の費用相場

鎌倉新書の第3回「お葬式に関する全国調査」やエンディングデータバンクの調査を見ると、直葬(火葬式)の相場は20万~30万くらいとなっています。

一般的なお葬式を行うと100万以上は掛かりますが、直葬ならやり方次第で20万以下に抑える事ことも可能です。

では、どんな費用が掛かっているのかご紹介していきます。

掛かる費用の内訳

  • 寝台車/病院~安置場所まで20,000円前後
  • 寝台車/安置場所~火葬場まで20,000円前後
  • ドライアイス(1日)/10,000円前後
  • 安置施設利用料(1日)/10,000円前後
  • 棺/50,000円前後
  • 枕飾り/20,000円前後
  • 骨壺/10,000円前後
  • 遺影写真/20,000円前後
  • 人件費/3万~10万くらい
  • 火葬料金/0円~6万くらい
  • 火葬場で控室使用料(1部屋)/0円~1万前後

上記には書かなかったですが、火葬後に食事する場合もあるのでその分の費用も考えておいてください。

他にも親戚をお呼びするなら返礼品(1個500円~)を用意したり、僧侶に供養してもらうならお布施が必要です。

※僧侶のお布施については後で詳しく説明いたします。

香典収入で費用の負担が減ることも

親戚もお呼びして直葬する場合は香典収入があるので、葬儀費用の負担を減らすことができます。

※親族から頂く香典の相場は1万~5万とやや多めです。

香典を頂く場合は香典返しが必要なので、49日が過ぎたら頂いた金額の半分から1/3をお返ししてください。(お返しはカタログギフトを郵送することが多いです)

直葬の場合は香典を辞退される方もいらっしゃいます。地域の風習などもあるので、香典を辞退する・しないを葬儀社に相談するといいでしょう。

火葬式/直葬でも代金が高くなる場合も

直葬/火葬式でも代金が高くなる

直葬だと20万~30万くらいが相場ですが、以下3つによって代金が高くなる場合があります。

  1. 価格設定が高い葬儀社を選んだ場合
  2. 火葬までの時間や移動距離が長くなった場合
  3. 地域によって火葬代金が違う

では、それぞれ詳しく説明いたします。

①価格設定が高い葬儀社を選んだ場合

価格設定が高い葬儀社

葬儀費用に定価はないので価格は葬儀社によってバラバラです。

同じ棺でも5万の葬儀社もあれば10万する所もあるので、直葬で50万と高額になる場合もあります。

高い葬儀社を見分けるには「見積りを取って比較する」のがポイントです。

3社~5社を目安に比較すれば高価格帯の葬儀社を避けることができます。

また、費用だけでなく葬儀社の対応も見ておきましょう。

後悔しないお葬式にするには葬儀社の対応も大事ですので、スタッフの人柄なども確認してみてください。

葬儀社を比較する際に便利なサイト

複数の葬儀社に見積りを依頼するとそれなりに時間が掛かるので、「葬儀一括見積りサイト」を使ってみてください。

葬儀一括見積りサイトは1回の資料請求で2~3社の見積りが届くので、短時間で費用の比較ができます。

紹介される葬儀社は中小企業がメインですが、評判が良く価格も安い所を案内してくれます。

葬儀一括見積もり

比較におすすめ!葬儀一括見積もりの注意点と評判が良いサイトを紹介

2019年5月5日

②火葬までの時間や移動距離が長くなった場合

火葬までの時間や移動距離が長くなった場合

多くの葬儀社で直葬(火葬式)が行えるセットプランが用意されていますが、火葬までの日数が長い場合や故人の搬送距離が長くなると追加料金が掛かってきます。

火葬する日まではご遺体を保全するためにドライアイスの処置が必要で、1日10,000円くらいの費用が掛かります。

セットプランには1日分しか含まれていないことが多いので、ドライアイスは追加料金が掛かりやすい項目です。

また、ご遺体を葬儀社や施設に安置した場合は、施設利用料として1日10,000円くらい掛かることも覚えておいてください。

故人の搬送に寝台車を使いますが、10kmや20kmまでは〇〇円と決めている葬儀社が多く、オーバーした場合は追加料金が掛かります。

あとは、基本料金+移動した距離を請求する所もあり、葬儀が終わるまで正確な金額が分からないこともあります。

料金について安心するためにも、葬儀社に見積りを取ったら変動してしまう費用の詳細を確認しておきましょう。

ドライアイス、故人の搬送、安置施設の利用、基本的にはこの3つの項目が変動してしまうので、料金体制がどうなっているのかを確認してみてください。

③地域によって火葬代金が違う

地域によって火葬代金が違う

火葬する代金は利用する地域によってバラバラです。

例えば東京だと高い所で6万くらい掛かりますが、他の県だと0円~1万前後で火葬できる場所もあります。

自治体が運営している火葬場だと市が火葬代金を負担しているので、その地域に住んでる方は安く火葬することができます。

しかし、民間が運営する火葬場だと費用が高く、特に東京は全国でも1番火葬料金が高い地域です。

「それなら安い火葬場を利用すればいいのでは?」と思うかもしれませんが、その地区に住んでいない人を火葬する場合は料金が高くなることがほとんどです。

火葬料金については住民票がある地域の火葬場を利用するのが1番安く済みますが、地域によっては民間の火葬場しかなく価格が高い場合もあることを覚えておいてください。

火葬式/直葬の費用が安い葬儀社

直葬(火葬式) 費用 安い 葬儀社

葬儀社を比較して安い所を探すのも1つの手ですが、格安葬儀社を利用することでも費用を抑えることができます。

格安葬儀社とは葬儀一式に掛かる費用が格安のセットプランとなっており、全国どこでも安くお葬式できるのが特徴です。

例えば一般葬だと「葬儀一式の費用」「食事や返礼品の費用」「僧侶のお布施」が合わさって総額になります。

葬儀一式の費用とは祭壇や棺・寝台車・ドライアイスなど、お葬式するために最低限必要な費用で総額の50%~80%を占めています。

この葬儀一式の費用が格安葬儀社だと相場の半分くらいで利用できるので、食事や返礼品のオプションを付けても安くお葬式ができるという仕組みです。

では、格安葬儀社の直葬はいくら掛かるのかご説明いたします。

格安葬儀社なら20万以下で直葬も可能

格安葬儀社の中でも費用が安い「小さなお葬式」と「よりそうのお葬式」の料金プランをご紹介いたします。

それぞれ2つの直葬プランがあるので詳細や注意点を書きました。

僧侶を呼ばない直葬プラン

小さなお葬式 よりそうのお葬式
プラン名 小さなお別れ葬 直葬プラン
価格 140,000円 128,000円
お棺
ドライアイス 3日分
安置料金 3日分
自宅安置不可
骨壺
運営スタッフ
役所手続き
火葬料金
寝台車 50km×2回
花束 ×

安置料金が3日分、寝台車の移動は50kmまでプラン料金内なので、追加料金も掛かりにくいのが特徴です。

費用も15万以下と格安ですが、以下2つの点に注意してください↓

  • 僧侶が呼べない(仏具がない)
  • 預かり安置のみ(自宅安置が不可)

あとは火葬料金が地域によって別途必要になります。

資料請求すると火葬料金が載った見積りが届くのでそちらで確認してください。

資料請求はこちら「小さなお葬式」「よりそうのお葬式

僧侶が呼べる直葬プラン

小さなお葬式 よりそうのお葬式
プラン名 小さな火葬式 火葬式(仏式)
価格 188,000円 173,000円
お棺
ドライアイス 3日分
安置料金 3日分
骨壺
運営スタッフ
役所手続き
火葬料金
寝台車 50km×2回
花束 ×
焼香用具
枕飾り
自宅飾り
白木位牌

僧侶が呼べるプランなので仏具が含まれています。また、こちらのプランは自宅安置もできるので、故人とゆっくりお別れすることも可能です。

僧侶のお布施は別途必要なので、菩提寺から手配するか格安葬儀社に依頼してください。

※格安葬儀社から手配する場合はどちらも5万5000円のお布施となります。

このプランで注意したい点は火葬料金が地域によって掛かってしまう点です。

資料請求すると火葬料金が載った見積りが届くのでそちらで確認してください。

資料請求はこちら「小さなお葬式」「よりそうのお葬式

格安葬儀社を利用する流れ

格安葬儀社の利用方法は、提携している葬儀社の中から選んでお葬式を行います。

資料請求すると利用できる葬儀社のリストが届くので、どの葬儀社を利用するのかあらかじめ決めておいてください。

資料請求するとこんな感じで葬儀社リストが届きます↓

葬儀社リスト
利用する流れ
  1. 資料請求する
  2. 利用したい葬儀社を選んでおく
  3. 亡くなったら格安葬儀社に連絡する
  4. 希望する葬儀社を伝え迎えに来てもらう
  5. 故人を安置し葬儀社と打ち合わせ

※詳しくは資料請求して届くパンフレットをご覧ください。

「小さなお葬式」と「よりそうのお葬式」はどちらが良い?

それぞれ良い面があるので一概にどちらとは言えません。

簡単に両社の違いを書いたので参考にしてみてください。

小さなお葬式

「小さなお葬式」は格安葬儀社の中で1番利用されているだけでなく、2017年には葬儀受注件数が日本一となりました。

※年間の葬儀受注件数は3万5000件以上と実績が豊富!

提携している葬儀社も多いので希望する地域でお葬式しやすいのが特徴です。

よりそうのお葬式

「よりそうのお葬式」は格安葬儀社の中で1番価格が安いのが特徴です。

提携している葬儀社が小さなお葬式よりも少ないので、地域によっては利用できないのがデメリットになります。

メリットは葬儀サービスの質を高めるため「葬儀に満足できない場合は返金に対応」している点です。

格安葬儀社は安いだけでなく料金も明確となっているので年々利用者が増えています。

葬儀社の候補として検討してみてください。

火葬式(直葬)のお布施は5万~10万が相場

火葬式(直葬)のお布施は5万~10万が相場

火葬だけ行う簡素な直葬(火葬式)だと、僧侶のお布施は5万~10万くらいが相場です。

一般葬のお布施は40万前後が相場ですが、火葬式は読経の回数が少ないので金額も安くなります。

火葬式(直葬) 一般葬
お勤め日数 1日 2日
読経回数 1~2回 3~4回
通夜式の読経 なし あり
告別式の読経 なし あり
炉前読経 あり あり

※炉前読経(ろまえどっきょう)とは火葬場の炉前で行う読経のことです。炉前ではなく出棺前に読経を行う場合もあります。

お布施の相場にはこれらの料金も含む

5万~10万のお布施には読経料・戒名料・お車代・ご膳料・心づけも全て含まれています。

【読経料】
お坊さんにお経を読んでもらうための料金です。火葬式(直葬)の場合、火葬場か出棺前に1回お経を読んでもらうのが一般的ですが、2回お経をあげてもらうこともできます。

【戒名料】
戒名とは仏門に入った者に対して与えられる名前で、ランクによって金額が変わります。基本的には1番低いランクをつけますが、火葬式(直葬)だと戒名をつけないこともあります。

【お車代】
式場や火葬場まで来ていただいた交通費としてお渡しするのもです。別にお包みする場合は5000円くらいが相場です。

【ご膳料】
通夜のあとには通夜振る舞い、火葬後には精進落としの食事を行いますが、僧侶が食事を辞退した場合は「ご膳料」として別途お包みします。5000円~10000円が相場。

【心づけ】
心づけは、故人が生前お世話になった、丁寧な対応をしてくれた、などの感謝の意味を込めてお渡しするもので、お世話になった度合いによって任意で渡すものです。

読経料・戒名料・お車代・ご膳料と書いた袋を1つずつ用意しても構いませんが、最近は全て含めて「お布施」としてお渡しすることが多くなりました。

ただ、僧侶の手配方法などによっても変わるので、その点も含め詳しくご説明いたします。

火葬式にお坊さんを手配する方法と注意

火葬式(直葬) 僧侶 手配

お坊さんを手配する方法は主に3つです。

  1. 菩提寺から手配
  2. 葬儀社から手配
  3. 僧侶派遣サービスから手配

それぞれお布施の額が若干ことなります。また、注意することもあるのでご覧ください。

菩提寺から手配する場合

菩提寺(お付き合いしてるお寺)がある場合は、火葬式でも供養してもらえるのか確認する必要があります。

お寺によっては宗教的儀式を省く葬儀をお断りしている所もあるので、事前に相談しておきましょう。

菩提寺から僧侶を手配する場合のお布施はお寺によって金額が違うので、分からなければ住職の方に尋ねてみてください。

「お気持ちで」と言われることもありますが、「他の人はいくらほどお包みしていますか?」と相談すれば教えていただけることもあります。

それでも「お気持ちで」と言われたら5万前後をお包みすればいいでしょう。

他にもお車代とご膳料を包むのが一般的ですので、5000円ずつ別の袋に用意すれば大丈夫です。

(例)お布施と書いた封筒に5万、お車代と書いた封筒に5000円、ご膳料と書いた封筒に5000円

葬儀社から手配する場合

葬儀社から手配する場合は、読経料・戒名料・お車代・ご膳料・心づけが全て含まれていることが多く金額も明確です。

お布施は5万前後の所が多いですが、戒名が含まれていないこともあります。

戒名を授与してもらうとプラス5万くらい必要なので、葬儀社から手配する火葬式(直葬)のお布施は5万~10万くらいが相場と思っておいてください。

戒名はつけなくても構わない

戒名は必ずしも必要なわけではありません。菩提寺がある場合は供養してもらったりそのお寺のお墓に入るために必要ですが、永代供養や海洋散骨などを考えているなら戒名は無くても大丈夫です。

僧侶派遣サービスから手配する場合

最近は僧侶を派遣できるサービスが増えており、分かりやすい料金体制と低額のお布施が人気で利用者が多くなってきました。

僧侶派遣サービスで1番人気の会社(お坊さん便)だと、火葬式のお布施は5万5000円となっています。
※読経料・戒名料・お車代・ご膳料・心づけ全て込み

戒名を授与しない場合は3万5000円で供養していただけます。

僧侶派遣サービスのメリットは登録されているお坊さんが多いので、希望する日にちに葬儀が行いやすい点です。

例えば、菩提寺から手配するとお坊さんの都合も合わせて葬儀日程を決めるので、火葬するまでに時間がかかる場合があります。

葬儀社から手配する場合も同様で、提携してるお坊さんが少ない場合は葬儀日程が遅くなるかもしれません。

僧侶の手配サービスだと「お坊さん便」が1番人気なので、利用するならこちらの会社がおすすめです。

火葬式(直葬)にお坊さんは必要?呼ばないとどうなる?

火葬式(直葬) お坊さん 必要

火葬式(直葬)に限らず、お葬式にお坊さんをお呼びする決まりはありません。

宗教的儀式を必要としないならお坊さんなしでお葬式しても大丈夫です。

ただし、先ほども説明しましたが菩提寺があるならそのお寺の僧侶をお呼びする必要があります。

他の僧侶にお願いしたり、お葬式で供養を行わないとお墓に入れない場合もあるので注意してください。

そしてあと2つ、お坊さんを呼ばない注意点があるので説明しておきます。

親族とトラブルになることがある

「お葬式に僧侶を呼ぶのは当たり前!供養しないなんてバチあたりだ!」

このように宗教的儀式を重んじる方もおり、無宗教の葬儀にしたことで親族とトラブルになるかもしれません。

お坊さんをお呼びしない場合は事前に親族に説明し、理解を得ておくようにしましょう。

心残りの葬儀になる可能性がある

安くなるという理由だけでお坊さんを呼ばないと「葬儀がとても寂しかった、気持ちに整理がつかず心にぽっかり穴が開いてる」など、心残りの葬儀になってしまうかもしれません。

お葬式は故人の供養を祈ると同時に、遺族や参列した方が気持ちの整理をつける儀式でもあります。

本当にお坊さんなしで構わないのか?遺族でしっかり話し合ったうえで決めてみてください。

火葬式/直葬した後に掛かるお金も考えておく事

直葬/火葬式した後に掛かるお金

お葬式が終わった後には、納骨や法要などの供養でお金が掛かります。

他にも遺品整理を業者に頼んだり相続の相談を専門家に依頼すれば、それなりに出費がかさむでしょう。

ただ、これらの費用はすぐに必要なわけではなく、金銭的に苦しい場合は先延ばしにすることも可能です。

一般的には四十九日の法要が終わったあとに納骨を行いますが、供養先が決まっていなければ自宅に保管しても構いません。

お墓を立てたいという希望があるなら、お金を貯めてから納骨してもいいのです。

まだ葬儀も行っていないのに葬儀後の事を考えるのは難しいかもしれませんが、葬儀社によっては納骨先や相続の相談なども行っているので気にしてみてください。

まとめ

直葬(火葬式)の相場を紹介しましたが、大体20万~30万くらいの価格で行うことができます。お坊さんのお布施については5万~10万くらいが相場です。

ただし、価格設定が高い葬儀社だと50万を超える場合もあるので、3社くらいを目安に比較しながら探してみてください。

1社ずつ見積りを取って比較するのが大変なら「葬儀一括見積りサイト」を利用するのがおすすめです。

1回の資料請求で2~3社の見積りが届くので短時間で費用の比較ができます。

葬儀一括見積もり

比較におすすめ!葬儀一括見積もりの注意点と評判が良いサイトを紹介

2019年5月5日

直葬の費用をできるだけ安くしたいなら「格安葬儀社」を利用するのがいいでしょう。

相場の半分以下で直葬できることもあるので、金銭的負担を減らしたい方は検討してみてください。

格安葬儀社の中でおすすめなのが「小さなお葬式」と「よりそうのお葬式」の2社で、小さなお葬式は2017年に葬儀受注件数が日本一となり毎年利用者が伸び続けています。

実際に父親が亡くなった時に利用し、費用を安く抑えることができました。直葬の費用をできるだけ安くしたいなら「小さなお葬式」を検討してみてください。

一般葬だったので参考にならないかもしれませんが、その時の感想や掛かった費用を「小さなお葬式にクレームの口コミがあるけど実際に体験して思ったこと」で紹介しています。

小さな葬儀 口コミ 評判

小さなお葬式にクレームの口コミがあるけど実際に体験して思ったこと

2019年4月18日

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)