葬儀費用の支払いはいつする?前払い?後払い?現金がない場合クレジットカードは使えるのか?

予想外のオプション

葬儀費用をいつ払えばいいのかよく分からないですよね?

私も親父の葬儀の喪主をした時「いつ払えばいいのか?」「現金一括?」「クレジットカードは使えるのか?」など、色々と疑問に思ってました。

結局、私の場合は現金一括しか選択ができなかったのですが、今回は私の体験談も含め、葬儀費用の支払いについてお話します。

葬儀費用の支払いはいつするの?

葬儀費用の支払いなのですが、基本はお葬式が全て終わった後に払います。

例えば、お通夜や告別式の飲み物代、想定していなかった費用などがかかってくる場合があります。

お通夜の料理は事前に何名分と決めておきますが、万が一足りなかった場合は追加注文する可能性も出てくると思います。

ですので、基本はお葬式が終わった後にお支払いとお考えください。

私の時は、お葬式が終わった翌日にお支払いしました。

大体ですが、お葬式が終わってから1週間以内にお支払いするのが一般的のようです。

葬儀社によっては、葬儀依頼時にいくらか支払をしなくてはいけない場合もあるので、これは葬儀社に確認を取っておいた方が良いでしょう。

現金一括?ローンはきくの?クレジットカードは使えるのか?

葬儀費用は現金一括でもローンでもクレジットカードでもお支払いは可能なのですが、これは葬儀社により異なります。

私がお願いした葬儀社では現金一括でした。

「小さなお葬式」というネットの葬儀社から葬儀をお願いしたので、クレジットカード払いにも対応していたのですが、限度額が全然足りなかったので現金払いしか選択できなかったのです。

もしクレジットカードを使いたいのなら、限度額を一度確認してみて下さい。

また、後々知ったのですが、限度額を一時的に引き上げる事もできるようです。これもカード会社によって違うので一度確認すると良いでしょう!

ネットの葬儀社「小さなお葬式」とは、一般的な葬儀費用より安くお葬式が行える会社です。詳しい詳細は「「小さなお葬式」の口コミについて思う事。実体験と賢い使い方3ポイント」をご覧ください。

お坊さんに渡すお布施はいつ払う?

先ほど紹介したのは葬儀にかかるお金であって、お坊さんに渡すお布施は含まれていません。

お坊さんに渡すお布施は現金となり、お葬式が始まる前にお渡しするのが一般的です。

お坊さんによってはお支払いを待ってくれることもあるようなので、お金がない場合は相談してみてください。

香典でお葬式の費用はまかなえるのか?

お金がなくても香典が入るので、ある程度葬儀費用がまかなえるのでは?とも思いますが、香典だけだと葬儀費用は全然足りません。

香典でまかなえるのは大体食事代(お通夜や告別式の料理)くらいで、お葬式費用の1/4程度くらいになります。

お葬式の費用をザックリ分けると、葬儀費用(会場費やお棺etc)が2/4、お布施代が1/4、食事代が1/4くらいになります。(大体とお考えください。)

現金がない・クレジットカードが使えない場合はどうすればいい?

現金がなくクレジットカードも使えない場合は、銀行ローンやカードローンを使うのも1つの方法です。

銀行ローンとは銀行でお金を借りる方法なのですが、審査が通るまで少し時間がかかる場合があります。

もう1つのカードローンの場合だと審査が早く、コンビニのATMなどから借りることが可能です。(ただし、銀行ローンより金利が若干高くなります。)

来店不要で担保・保証人も不要なカードローンもあるので、急いでいる時はこちらが便利です。

▼来店不要・担保/保証人不要のおすすめカードローン

まとめ

葬儀会社によって異なりますが、葬儀費用の支払い方法は色々あるのが分かったと思います。

希望の葬儀社があるのなら、事前に確認しておき、急な葬儀にも対応できるようにしておいて下さい。

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)