葬儀の事など全く分からない自分が喪主を務めたお話し

喪主を務めた話
葬儀費用を安くする方法

はじめまして!管理人の喪主男です。

このブログは葬儀のことなど全く分からない自分が、葬儀屋を探し喪主を務めた実体験を元に書いています。

通夜?告別式?納棺?初七日?四十九日?、さっぱり分からないお葬式の流れを、葬儀屋に聞いたり親戚に聞いたりしながらなんとか葬儀を終えました。

そんなお葬式ド素人の私が、知っておいた方がいい事や事前の準備、安い葬儀屋、そして私がお願いした葬儀屋を紹介いたします。

お葬式の知識がないかたへ、少しでもお役にたてれば幸いです!

では、葬儀を行うまでのお話しを少しご覧ください。

親父に頼まれた葬儀の準備

私が喪主を務めたお葬式は親父の葬儀です。お酒とたばこの吸い過ぎで咽頭ガンとなり、発覚からわずか8ヵ月で亡くなってしまいました。

抗がん剤も効かず医者からは「あと2か月」と余命宣告をされた頃、親父から「葬儀の準備と喪主は全てやってくれ」と頼まれたのが始まりです。

葬儀屋を調べ始めたのは亡くなる2日前

親父が死んでしまうという実感が全くわかず、葬儀屋を調べようとしませんでした。

しかし、容体が徐々に悪くなり、最終的に緊急入院。どんどん弱っていく姿を見て、「これはもうヤバい」と思い、調べ始めたのが亡くなる2日前。

結局、あまり比較検討が出来ないままネットの葬儀屋にお願いする事になりました。

お葬式はオプションが付いて金額が跳ね上がる?

お葬式で心配なのが費用だと思います。オプションであれこれ付けられ、とんでもない金額になってしまわないか心配ですよね。

幸い私が選んだ葬儀屋は良心的で、比較的安く済ますことが出来ました。

ただし、「こういった費用がかかるのね」というのはいくつかありました。

ここは結構大事なので、別の記事「小さなお葬式・葬儀で実際にかかった費用と内訳」で詳しく紹介しています。

ちなみに私が葬儀屋に払った金額は200万です。(正確には195万程)。

これには、香典返し、お通夜の料理、告別式の料理も全て含めた費用です。

香典返しは85個、お通夜の料理は75人分、告別式の料理は35人分、もちろんお坊さんに払うお布施も入って200万。

100人ぐらい葬儀に来られて200万ですので、結構安いと思います。

お葬式が終わってからも色々と費用がかかる

先ほどの200万は、お葬式が終わるまでです。この後にしなければいけないのが、四十九日の法要、納骨、位牌など。

これらも全く分からなかったですが、色々と調べ安く済ますことが出来ました。

ここでこだわってしまえば費用は高くなりますが、こだわりがなければ安く済ます事ができます。

ここら辺については「葬儀の後にやる事と、かかる費用の相場は?」で詳しく紹介しています。

最後に

お金がなく安く済ますことが1番だったので、今回はネットの葬儀屋でお葬式をする事になりました。

親父の知り合いや親戚が多かったので、家族葬という選択が出来ず、結果100人規模のお葬式となりましたが、それでも安く抑えることが出来たので、ネットで葬儀を頼んで良かったと思っています。

お葬式初心者の方、安く葬儀を済ませたいという方、そんな人に私の経験(このサイト)が役立てれば幸いです。


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)