【男性版】喪服と礼服の違いとは?スーツとの違いも含めて紹介!

喪服 礼服 違い 男性

お葬式や法要に着て行く洋服に「礼服」や「喪服」と言った言葉が使われますが、どのように違うのかハッキリ分からない人も多いと思います。

他にも「黒いスーツと喪服の違いは?ブラックフォーマルは喪服?」など、様々な用語がありよく分からないという男性のために、ここでは喪服・礼服・スーツの違いや用語の意味について詳しくまとめました。

【男性】礼服と喪服の違い

【男性】礼服と喪服の違い

礼服と喪服の違いは簡単で、礼服というカテゴリーの中に喪服という種類があるだけです。

例えて言うならラーメンというカテゴリーの中に味噌や醤油といった種類があるのと同じ意味となります。

喪主男
つまり「お葬式に礼服を着て行く」「お葬式に喪服を着て行く」という言葉の意味は全く一緒です。

では、礼服と喪服の違いについてもう少し詳しく説明いたします。

礼服とは

礼服とは葬儀・法要・結婚式など冠婚葬祭で着用する服のことを言います。

主な礼服
モーニングコート、燕尾服、タキシード、ブラックスーツ、紋付羽織袴

礼服を着用することを「正装」「礼装」と言い、シーンによって着用する礼服が違います。また、礼服の中には洋装と和装があり、お祝い事やお葬式のどちらでも着られる礼服もあります。

祝い事と葬儀で着れる礼服
モーニングコート、ブラックスーツ、紋付羽織袴

「モーニングコートがお葬式で着れるの?」と思うかもしれませんが、お葬式の中で1番格式が高い洋装の喪服がモーニングコートになります。

ただ、最近はブラックスーツを着用する方が多く、お葬式や法要で着て行く喪服と言えばブラックスーツを指します。

ちなみに仕事場などに着て行くスーツについては色が黒くても礼服とは言いません。仕事場に着て行くスーツはビジネススーツと言い、ブラックスーツとは別物となります。

喪服とは

喪服はお葬式や法事・法要の際に着る服のことで、正喪服・準喪服・略喪服の3つの格式に分かれています。

では、どのような場合にどの格式の喪服を着るのかについてご説明いたします。

正喪服

主に遺族が着るもので、モーニングコートと紋付羽織袴が男性の正喪服になります。1番格式が高い喪服ですが、正喪服を着られる人は少ないです。

法要だと1周忌までは正喪服を着用すると言われていますが、こちらもブラックスーツを着る方がほとんどです。

正喪服 モーニングコート

参考:楽天市場

正喪服 紋付羽織袴
準喪服

一般的に喪服といえば準喪服を指し、黒無地のシングルスーツかダブルスーツのことをいいます。

ブラックスーツとも呼ばれますが紳士服店の礼服売り場で売られているものですので、ビジネススーツとはまた違います。

お葬式や法要だけでなく、結婚式などにも着て行けるオールマイティーな礼服です。

準喪服
略喪服

略喪服はお通夜の席で一般会葬者が着てもいい喪服のことで、黒・紺・濃グレーなどのビジネススーツにあたります。

仕事帰りで喪服が用意できない場合に着用しますが、ネクタイや靴下などは黒に替えるのがマナーです。

▼写真は濃紺のスーツ▼

略喪服

【男性】喪服と黒いスーツの違い

一般的に喪服と言われている準喪服と黒いスーツ(ビジネススーツ)の違いについて説明いたします。

※一般的な喪服(準喪服)のことをブラックスーツとも呼びます。

見た目の色合いが異なる

喪服は何度も染めて深い黒色を出しているので、昼夜問わずどこで見ても黒いのが特徴です。逆にビジネススーツだとテカりがあるため、光にあたるとグレーがかって見えます。

「同じ黒だから見分けがつかないのでは?」と思うかもしれませんが、喪服の中に1人だけ黒いビジネススーツを着ていると明らかに目立つのですぐに分かります。

着用する場面が違う

喪服はお通夜や告別式など全ての場面で着用できますが、黒いスーツ(ビジネススーツ)は一般会葬者がお通夜に参列される場合のみ着用してもいい服となります。

できれば一般会葬者も喪服が望ましいですが、仕事帰りのままお通夜に立ち寄るならネクタイや靴下などを黒に替えて参列しても構いません。

※ちなみに遺族の場合はどの場面でも喪服着用がマナーです。また、参列者も告別式については喪服を着用するのがマナーとされています↓

お通夜 告別式
遺族 喪服 喪服
参列者 ビジネススーツor喪服 喪服

法事・法要の場合ですと3回忌くらまでは喪服を着用するといわれています。それ以降はビジネススーツで参列も可能だったり普段着にしたりと、遺族が自由に決められることが多いです。

【男性】喪服に関する用語集

フォーマフェアとは?

「フォーマルウェア」は礼服と同じ意味で、冠婚葬祭など改まった席で着る服の総称になります。

ブラックフォーマルとは?

礼服の中でも特に黒いものを指して「ブラックフォーマル」と呼んでいます。男性の場合は喪服=ブラックフォーマルと捉えて構いません。

ブラックスーツとは?

お葬式で一般的に着る喪服を「ブラックスーツ」と呼ぶことが多いです。かつては礼服の略式だったのですが、今はお葬式や結婚式など幅広いシーンで着用する準喪服となっています。

ダークスーツとは?

黒や濃紺・濃グレーなど、ビジネススーツで暗めのものを「ダークスーツ」と呼んでいます。喪服とは言わないですが、一般会葬者がお通夜に参列される際は着用しても構いません。

【結論】男性の喪服は何を着ればいい?

喪服といっても3つの格式がありますが、お葬式や法要などに着られるのは準喪服といわれるブラックスーツになります。

ブラックスーツと言っても普通の黒いスーツなわけではなく、光にあたっても黒の色合いが深くなっている礼服といわれるものです。

一般的に喪服といわれているブラックスーツ

準喪服

こちらを1着持っていればお葬式や法要だけでなく、結婚式などのお祝い事でも使えます。

大手の紳士服店(AOKI・洋服の青山・はるやま・コナカ)ですと、大体2万前後から購入可能です。

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)