【男性版】喪服と礼服の違いとは?簡単にわかるそれぞれの違い

喪服 礼服 違い 男性

男性の礼服と喪服の違い

礼服とは葬儀や結婚式など冠婚葬祭で着用する服のことです。

喪服とは葬儀や法事などで着用する服のことを言い、礼服という大きなカテゴリーの中に喪服というジャンルがあるだけです。

つまり「葬儀に着ていく礼服を買わなきゃ」と言う言葉は、「喪服を買わなきゃ」と同じ意味となります。

そして喪服は3つの格式に分けられており、格式が高い順に「正喪服/準喪服/略喪服」と呼ばれています。

男性の礼服と喪服の違い

※礼服と呼ぶ以外にフォーマルウェアとも言い、礼服を着た状態を正装や礼装といいます。

喪服の特徴としては、光ったりテカったりしない深く黒い色合いとなり、昼夜問わずどこで見ても黒いです。

逆にビジネススーツだとテカりがあるため、黒く見えたとしても喪服と並ぶとグレーがかって見えてしまいます。

喪服は何度も染めて深い黒色を出し、ビジネススーツとの折り方も違うため重厚感があるのが特徴です。

先ほど喪服には3つの格式(正喪服/準喪服/略喪服)があると説明しましたが、それぞれの違いや着用シーンなどを簡単に説明いたします。

葬儀には正喪服・準喪服・略喪服のどれを着るの?

結論から言うと、お葬式には「準喪服」を着れば大丈夫です。

最近は、遺族・親族・一般会葬者のほとんどが準喪服を着るので、1つ用意しておけば困ることはありません。

では、正喪服/準喪服/略喪服のそれぞれの違いを説明いたします。

正喪服とは

正喪服はモーニングコートのことで、上着とベストは黒、ズボンは黒とグレーの細いストライプ模様となります。

正喪服

参考:楽天市場

正喪服(モーニングコート)はお通夜の席では着用せず、告別式の時にだけ遺族側が着用します。

結婚式では新郎両家のお父さんが着用する定番衣装でもあります。

準喪服とは

準喪服とは黒無地のシングルスーツかダブルスーツのことで、最近は遺族や参列者のほとんどがお葬式で着用しています。

※準喪服をブラックスーツとも呼びますがビジネススーツとは違います。文頭でも説明しましたが、喪服は光ったりテカったりしない深黒色なのが特徴です。

準喪服

準喪服(ブラックスーツ)の正式な着用シーンは、遺族や親族だとお通夜の時、一般会葬者だとお通夜と告別式の際に着用します。

結婚式に参列する友人などが着用するスーツでもあります。

略喪服とは

略喪服とはダークスーツとも呼ばれ、濃紺や濃グレーなどの無地や地味なストライプ等のスーツになります。

下記の写真は濃紺のダークスーツです。

略喪服

略喪服は仕事帰りに参列される方が着ることが多く、基本的に遺族や親族は着用しません。

ただ、親族でも仕事の後にお通夜に参列する際は着用することもあります。

結婚式の際に友人や知人が着用したりもします。

遺族や親族 一般会葬者
お通夜 準喪服 準喪服or略喪服
告別式 正喪服 準喪服

・正喪服(モーニングコート)
・準喪服(ブラックスーツ)
・略喪服(ダークスーツ)

喪服についてのまとめ

喪服には「正喪服/準喪服/略喪服」と3つの格式がありますが、最近は準喪服を一般的な喪服として着用しています。

一般会葬者の人は仕事帰りに参列することもあるので略喪服でも構いませんが、遺族や親族は準喪服を着るようにしましょう。

シャツやネクタイなどの色にも気を付ける

喪服と合わせるシャツやネクタイも気を付けなければなりません。

シャツ・・・白無地のものにすること。色物や柄物はNGです。

ネクタイ・・・黒無地のものにすること。ネクタイピンはつけません。

ベスト・・・上着と共布の黒色が原則となります。

・・・黒色のもので、光沢感や金具がついてる物は避けてください。

靴下・・・黒無地のもの。座った時に素足が見えないよう長めの靴下にしてください。

冬のコート・・・黒や濃紺・濃グレーなど、シンプルなもの。ダウンや革のジャケットはできれば避けましょう。

※カフスボタンは付けてもいいですが、派手な物は避けてください。

喪服とスーツの違い

喪服とスーツの違い
喪服とスーツの違い

同じ形のスーツでも喪服は黒いのが特徴です。普通の黒いスーツ(ビジネススーツ)だとテカりや光沢感があります。

普段来てる黒いスーツを喪服にできないかと考えてる人も多いですが、一般会葬者として参列するならそこまで問題ありません。

ただ、遺族については普通のスーツの着用はやめておき、喪服(準喪服)にすることをおすすめします。

喪服は何回も染め上げ深い黒色を出しているので昼夜とわず光ることはないですが、普通のスーツだとグレーっぽく見えてしまうので、喪服の中に並ぶと目立ちます。

遺族は参列者をおもてなす側なので服のマナーは最低限守った方がいいですし、葬儀の場に正装してこないと「しきたり」を重んじる親戚から怒られるかもしれません。

喪服(準喪服)を持っていれば、結婚式に呼ばれた際にも使えるので1着は持っておきましょう。

まとめ

礼服と喪服の違いについては礼服カテゴリーの中に喪服というジャンルがあるだけなので、お葬式に向けて「礼服を買わなきゃ」「喪服を買わなきゃ」は同じ服を指しています。

そして喪服の中には「正喪服/準喪服/略喪服」の格式がありますが、今は準喪服を着ることがほどんどです。

冠婚葬祭で着用する礼服として、準喪服を1着用意しておくことをおすすめします。

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)