一日葬の費用やお布施の相場はいくら?実際の見積り料金も紹介!

一日葬 費用

一日葬とはお通夜を省き告別式だけ行う葬儀方法です。(お通夜が1日目、告別式が2日目にあたります。)

1日分の費用が浮くので一般的なお葬式より安くすみ、体力的な負担も減らせるのがメリットになります。

今回は一日葬に掛かる費用の相場やどんな項目にお金が掛かるのかを詳しく書きました。

費用を安くする方法も載せているので参考にしてみてください。

一日葬の費用相場

一日葬 費用 相場

鎌倉新書の第3回「お葬式に関する全国調査」では、一日葬の費用相場は63万9773円となっています。※葬儀一式だけの金額です。

こちらの費用には食事・返礼品・僧侶のお布施は含まれていないので、全て合わせると100万近くのお金は掛かるでしょう。

※後ほど食事やお布施の費用を紹介します。

葬儀一式とは総額の50%~80%の割合を占めており、これらの料金にあたります↓

葬儀一式
寝台車 【※必須】故人の搬送に必要で「病院から安置場所」「安置場所から火葬場」までの最低2回は必要。
ドライアイス/安置施設 【※必須】ご遺体の腐敗を防ぐために必要で1日ごとに料金が掛かります。専用施設に安置した場合は安置料金も1日ごとに必要です。
【※必須】法律により棺に入れて火葬する決まりがあります。
骨壺 【※必須】火葬した後に遺骨を入れるために必要です。
火葬料金 【※必須】公営の火葬場がある地域だと無料の場合もありますが、大体1万前後掛かる所が多いです。地域によっては5万前後必要は所もあります。
人件費 【※必須】役所手続きや葬儀サポートなどの人件費が掛かります。
式場 告別式を行うために式場を利用することが多いです。自宅で行えば費用は掛かりません。
死化粧 亡くなった方のお顔に化粧したり、開いてしまった口や目を閉じたりする費用です。
遺影写真 式場などに故人の遺影を飾ります。免許書くらいの写真でも拡大可能です。
祭壇 式場の広さによって祭壇の大きさを変えることが多いです。大きくなるほど料金も高くなります。
受付セット 来ていただいた方の香典を受け取ったりお名前を記入してもらうために設置します。
道案内看板 参列者が迷わないように駅から式場までの間に設置します。
マイクロバス 式場から火葬場の移動に必要な費用です。参列者が少なければタクシーでも構いません。
供花 祭壇の横に供花を置く場合に料金が掛かります。基本的には親族から頂くことが多いです。
枕飾り/後飾り 枕飾りとは亡くなった方を安置してる枕元に置く飾りです。後飾りは火葬してから納骨までの間にご自宅に祭壇の代わりとして置く飾りです。
僧侶仏具 焼香用具・白木位牌・仏衣など、仏教のお葬式をするときに必要な費用です。
その他 指定の音楽を流す、思い出コーナーを作るなど、要望に対してはお金が掛かることが多いです。

【※必須】に関しては必ず費用が掛かりますが、他の項目に関しては省くこともできます。

他の葬儀と費用を比較

葬儀種類 全国の平均費用
(葬儀一式の費用)
一般葬 145万9091円
家族葬 91万1544円
一日葬 63万9773円
火葬式 20万~40万

※食事や返礼品・僧侶のお布施は別

一般葬に比べると一日葬は約半分くらいの費用と安いです。

ただ、上記通りに費用の差が出ず、それほど安くない場合もあるので注意してください。

一日葬だと「1日分の式場費と人件費」が主に安くなるだけなので、2日間行うお葬式と大して変わらない場合があります。

利用する式場によっては前日から準備が必要なので、2日分の式場費が掛かるかもしれません。

葬儀一式の相場を載せましたが、あくまで目安として考えてください。

利用者の割合

一日葬の利用割合は全国だと約5%ですが、東京・神奈川・千葉・埼玉だと約40%と半数近くを占めています。

1日だけのお葬式だと参列者は日帰りできるので宿泊費が不要ですし、高齢者には体力的な負担も軽減できるという理由で一日葬を選ぶ方もいらっしゃいます。

参考:第3回お葬式に関する全国調査エンディングデータバンク

一日葬の精進落としの費用

一日葬の精進落としの費用

「精進落とし」とは火葬後に食べる食事のことです。

一日葬は式場で告別式を行ったあと「火葬→食事」という流れが一般的で、主に精進落としを食べるのは親族が中心となります。

式場で食事する場合は事前に料理を頼んでおきますが、外食にする場合はご自身で手配してください。

精進落としは1人あたり5000円前後が相場なので、人数×5000円を考えれば大体の費用が予測できます。

返礼品や香典返しの料金も掛かる

返礼品や香典返しの料金も掛かる

来ていただいた方にはお礼として返礼品をお渡しするのがマナーです。

また、香典を頂いた場合は香典返しも必要なので、その辺を詳しくご説明いたします。

返礼品は500円~用意できる

返礼品を葬儀社に依頼すれば1個500円くらいから用意してもらえます。

ご自身で用意しても構いませんが、参列者がどれくらいになるか分からない場合は葬儀社に依頼する方がいいでしょう。

葬儀社なら返礼品のストックが用意されているので不足することがありません。※利用した分が請求されます。

香典の相場と香典返しの目安金額

親族から頂く香典は1万~5万くらい、ご近所や友人からだと3000円~5000円くらいが相場になります。

頂いた香典の半分から1/3は香典返しとして49日後にお礼の品(主にカタログ)を郵送しますが、3000円くらいの香典ならお返しは不要です。

(例1)友人から3000円の香典を頂いたが、1000円の返礼品をお渡ししたので香典返しは不要。※返礼品で1/3をお返ししてるため。

(例2)5000円の香典を頂き返礼品で1000円の品をお渡ししているなら、4000円の半分から1/3を目安に香典返しをしてください。

一日葬のお布施相場

一日葬のお布施相場

一日葬のお布施は15万前後が相場ですが、僧侶を手配する方法によって金額が変わってきます。

僧侶を手配するには「葬儀社」「僧侶派遣サービス」「菩提寺」の3つの方法があり、それぞれお布施の金額が違うので説明いたします。

葬儀社から手配する場合

お坊さんの手配を葬儀社にお願いする場合は15万前後が相場です。

※読経料・戒名料・お車代・ご膳料・心づけ全て込み

戒名なしだと約10万、戒名ありで約15万くらいですが、戒名のランクを上げると金額は高くなります。

戒名とは

戒名とは仏門に入った者に対して与えられる名前で、ランクによって金額が変わります。基本的には1番低いランクをつけますが、お寺に貢献した度合いによって高いランクが付けられます。

高いランクを希望すれば授与してもらえますが、何十万と費用が掛かります。

僧侶派遣サービスから手配する場合

最近は僧侶を派遣できるサービスが増えており、分かりやすい料金体制と低額のお布施が人気で利用者が多くなってきました。

僧侶派遣サービスで1番人気の会社(お坊さん便)だと、一日葬のお布施は8万5000円となっています。
※読経料・戒名料・お車代・ご膳料・心づけ全て込み

戒名を授与しない場合は6万5000円で供養していただけます。

僧侶派遣サービスのメリットは登録されているお坊さんが多いので、希望する日にちに葬儀が行いやすい点です。

例えば、菩提寺から手配するとお坊さんの都合も合わせて葬儀日程を決めるので、火葬するまでに時間がかかる場合があります。

葬儀社から手配する場合も同様で、提携してるお坊さんが少ない場合は葬儀日程が遅くなるかもしれません。

菩提寺から手配する場合

お墓があるお寺(菩提寺)から僧侶を手配する場合は、お付き合いの度合いやお寺が設定したお布施金額があるため一概にいくらと言うのは難しいですが、20万前後が目安となります。

一番良いのはお寺に確認する事ですが、「お気持ちで」と言われたら20万前後を目安に考えればいいでしょう。

※一般的なお葬式だと40万前後がお布施の相場です。

檀家はお墓を守っているお寺を支える存在であり、その時の経済状況を考えてお支払いできる金額が「お気持ち」にあたります。

20万前後が相場と書きましたが、もっとお支払いしたいのであればいくら包んでも構いません。

また、本当にお金に困っているなら少ない金額でも大丈夫ですが、その場合は事情をお話して「〇〇円しか包めないのですが大丈夫でしょうか?」と確認してみてください。

「一日葬」の費用のまとめ&実際の見積り料金

ここまで一日葬の相場を説明しましたが、まとめるとこのような金額になります↓

  • 葬儀一式の費用:平均63万9773円
  • 食事(精進落とし)の費用:1人5000円くらい
  • 返礼品の費用:1人500円~
  • 僧侶のお布施:15万前後

仮に参列者を20人とすると、総額100万くらいの金額が必要です。

「一日葬で本当に100万も掛かるの?」と思うかもしれませんが、実際に見積りを取ったらそれくらい掛かりました。

では、その見積りの詳細をご説明いたします。

一日葬の見積り料金

一日葬 見積り

-クリックで拡大可能-

上記は参列者10人を想定した一日葬の見積りです。

僧侶のお布施は含まれていませんが、葬儀一式と食事・返礼品の費用の合計が90万9680円となっています。

こちらの葬儀社から僧侶を手配する場合は一日葬だと戒名込みで16万になるので、総額が106万9680円となりました。

一般の参列者も呼ぶ場合は返礼品の費用が増えますが、1個648円なので大した増額にはなりません。

また、こちらの見積りはできるだけ追加料金が掛からないよう、安置施設の利用日数を長め(5日)に設定しています。

他社だと1日毎に掛かるドライアイスは何日利用しても価格が変わらず、故人を搬送する距離も1回50kmを超えなければ追加料金は掛かりません。

葬儀を行わないと分からない変動費

多くの葬儀社では下記項目は葬儀が終わるまで費用が分かりません↓

【ドライアイス】
ご遺体の腐敗を防ぐため1日ごとにドライアイスの補充が必要です。1日に付き1万円前後が相場。

【安置施設】
故人を自宅に安置できない場合は安置施設を利用することになります。1日に付き1万円前後が相場。

【寝台車】
故人を搬送するのに寝台車が必要ですが、基本料+移動した距離によって請求する所や、20kmまでは固定価格で超えた分を追加請求する葬儀社があります。1回利用するごとに2万円前後が相場。

あとは飲み物代も利用した分が請求されます。

一日葬はお通夜を省くので普通のお葬式よりは費用を抑えることができますが、それでも食事・返礼品・僧侶を手配するとなると100万近くの費用は掛かってしまいます。

一日葬の費用を安く抑える方法

一日葬の費用を安く抑える方法

一日葬の費用を抑えるには、葬儀一式の設定価格が安い葬儀社を探すことです。

お葬式の費用は「葬儀一式の費用」「食事や返礼品の費用」「僧侶のお布施」の3つの内訳に分かれていて、葬儀一式の費用が総額の50%~80%と大部分を占めています。

葬儀一式の費用は葬儀社によって金額が違ってくるので、価格設定が安い葬儀社が見つかれば葬儀代を抑えることができます。

では、安い葬儀社の探し方を2つご紹介するのでご覧ください。

①3社~5社の見積りを比較する

基本的な対策ですが費用の比較は大切です。

同じ葬儀内容でも数十万の差が出ることは多々あるので、3社~5社の見積りを比較してから選んでください。

ちなみに、昔からある老舗の葬儀社やテレビCMなどの広告を出している葬儀社は高い傾向にあります。

中小規模の葬儀社の方が安い場合もあるので、大手だけでなく幅広く見積りを取り比較してください。

葬儀の一括見積りサイトが便利

1回の資料請求で複数の見積りが取れる「葬儀の一括見積りサイト」を利用すると、短時間で多くの葬儀社を比較することができます。

評判が高く価格も安い見積りが届くことが多いので、一括見積りサイトをうまく利用してみてください。

おすすめの一括見積りサイトは「比較におすすめ!葬儀一括見積もりの注意点と評判が良いサイトを紹介」で紹介しています。

葬儀一括見積もり

比較におすすめ!葬儀一括見積もりの注意点と評判が良いサイトを紹介

2019年5月5日

③格安葬儀社を利用する

格安葬儀社とは「葬儀一式に掛かる費用」が格安のセットプランになっており、普通の葬儀社に依頼するよりも安くお葬式できるのが特徴です。

※代表的な格安葬儀社だと「小さなお葬式・よりそうのお葬式・イオンのお葬式」の3社が有名

格安のセットプランには葬儀一式の物しか含まれていないので、食事や返礼品・僧侶を手配するには別途お金が掛かります。

しかし、総額の50%~80%を占める葬儀一式の費用が抑えられているので、追加オプションを利用しても安くお葬式することが可能です。

格安葬儀社だと「小さなお葬式」が1番利用されているので、どれくらい料金プランが安いのか全国平均と比較してみました↓

葬儀形式 全国平均費用 小さなお葬式
一般葬 1,459,091円 638,000円
家族葬 911,544円 488,000円
一日葬 639,773円 338,000円
直葬 20万~40万 188,000円

小さなお葬式の料金プランは全国の相場に比べ約半分と格安です。

価格が安いこともあり年々利用者が増え、今では年間3万5000件以上の葬儀を受注する全国でもトップクラスの利用率となっています。

喪主男

わたしは親父を亡くした時に小さなお葬式を利用したのですが、相場より安くお葬式することができました。

ただ、利用する場合は色々と注意点があるので、詳しくは「小さなお葬式にクレームや最悪と言う口コミがあるが体験して思った事」をご覧ください。

実際に掛かった費用なども載せています。

小さな葬儀 口コミ 評判

小さなお葬式にクレームや最悪と言う口コミがあるが体験して思った事

2019年4月18日

まとめ

一日葬の相場は

  • 葬儀一式の費用:平均63万9773円
  • 食事(精進落とし)の費用:1人5000円くらい
  • 返礼品の費用:1人500円~
  • 僧侶のお布施:15万前後

全て合わせると大体100万くらいの費用は必要です。

価格を抑えるなら葬儀社を比較したり、葬儀一式の費用が安い格安葬儀社を利用するのがいいでしょう。

格安葬儀社で利用者が1番多い「小さなお葬式」なら葬儀一式の費用が33万8000円なので、平均の約半分で利用できます。

格安葬儀社の詳細については実際に利用した感想を書いた「小さなお葬式にクレームや最悪と言う口コミがあるが体験して思った事」を参考にしてください。

小さな葬儀 口コミ 評判

小さなお葬式にクレームや最悪と言う口コミがあるが体験して思った事

2019年4月18日

普通の葬儀社に依頼する場合は、見積もりを比較しながら選ぶと安い所が見つかります。

沢山の葬儀社に資料請求するのが大変なら「葬儀一括見積りサイト」をうまく利用すると、短時間で比較できるので活用してみてください。

葬儀一括見積もり

比較におすすめ!葬儀一括見積もりの注意点と評判が良いサイトを紹介

2019年5月5日

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)