お葬式に飾る供花(生花)とは?種類や値段の相場・送り方について

供花とは

お葬式の際に祭壇の横などに飾られるお花を供花と言います。

親族や友人・会社関係の方が送るお花なのですが、どういった意味で送るのか?ご存じでない方も多いと思います。

そこで、ここでは供花を送る意味や値段の相場、手配する方法などを詳しくご紹介いたします。

供花とは

供花とは

供花とは「きょうか」「くげ」と読み、親族や知人がお悔やみの気持ちで送ったり、祭壇や式場を飾るため遺族が手配したりします。

供花を贈ると送り主の名札(〇〇家・友人一同・個人名・会社名)が付き、祭壇の横などに飾られます。

お花には菊やカーネーションが使われることが多いですが、最近は故人が好きだったお花を飾ることも増えてきました。

訃報を知り供花を送る人もいますが、知っておかなければならない注意点がいくつかあります。

突然の訃報に動揺しマナーを間違えると遺族に迷惑がかかるので、ここでしっかり覚えておきましょう。

供花の送り方

供花の送り方

供花の送り方は「遺族に依頼する」「葬儀社に依頼する」「お花屋さんで注文する」と3つの方法があります。

親戚などは代表となる方が供花を送りたい人をまとめ遺族の方に渡したりします。

友人や会社関係の人達も遺族に連絡して依頼することができますが、葬儀社に頼むことも可能です。

葬儀社に「亡くなった〇〇様にお花を送りたいのですが」と伝えれば手配してくれます。

お花屋さんやネット通販で供花を選び送るという方法もあり、この場合だと自由にお花を選ぶことが可能です。

送る際の注意

遺族や葬儀社に依頼する場合は、供花の種類を他の方と合わせておきましょう。

供花は何種類か用意されているので、相場を上回るお花を送ってしまうと遺族に気を使わせてしまう事になります。

あとは、供花を辞退しているかもしれないため、遺族に確認しておきましょう。

最近は家族葬などが増え、供花や香典を辞退するお葬式も増えてきました。

遺族は何か頂いたらお礼をしなくてはならないので、その手間を減らすため辞退することもあります。

葬儀は精神的にも体力的にも大変ですので、遺族に配慮しながら供花を送るか検討してください。

お花屋さんやネット通販で供花を送る際はさらに注意が必要で、葬儀社に他の所で注文した供花を送ることは可能かを確認してください。

葬儀社によってはお断りしている場合もありますし、別途料金を取る所もあります。

お花の種類に関しても他の方と合わせた方がいいので、その辺も聞きながら用意した方がいいでしょう。

供花の注文

インターネットから供花を注文すれば葬儀社よりも安く購入できます。

大手通販サイトだと供花の種類も豊富ですし、翌日の配達、送料も無料のところが多いです。

ただし、先ほども言いましたが、葬儀社によっては別の所で注文した供花をお断りしている場合もあるため、事前に確認してから注文してください。

供花の値段と相場

供花の値段と相場

供花の値段相場は1つ(一基)で15,000円前後です。

供花にはカゴにお花をアレンジした花籠や、花を組み合わせ輪の形にした花輪、祭壇に合わせてスタンド型などがあります。

胡蝶蘭など高価なお花を使えば値段も高くなりますし、供花の大きさによっても価格は変わってきます。

お花をアレンジした花籠は比較的安価で、スタンド型の方がやや高価です。

昔だと2つセット(一対)で送るものとされていましたが、今は1つで送る方法も増えてきました。

一対で供花を送る場合は3万前後が相場となります。

※供花の数え方は1つのことを一基(いっき)、2つセットのことを一対(いっつい)と言います。

供花の種類について

供花の種類について

仏式

仏教だとユリや菊・カーネーション・デンファレなどの花がよく利用され、高価になれば胡蝶蘭などのお花が用いられることもあります。

白いお花をベースとし、淡いピンクや黄色のお花をアンレンジした供花が一般的です。

カゴにお花をアレンジした花籠やフラワーアレンジされた供花を送るのが一般的で、式場のスペースが小さくても利用しやすくなっています。

地域によっては花輪を用いたり、式場が大きい場合はスタンド型の供花を送ることもあります。

花の種類は地域によって多少ことなり、関西の一部では樒(しきみ)という細長く白い花を用いる習慣があります。

最近だと生花に変わってブリザードフラワーという造花を用いたり、故人の好きだった花を飾る方も増えてきました。

神道

神道の場合も仏式と同じで、白い菊やユリなどが用いられることが多く、花籠やフラワースタンドなどの供花を使用しています。

特に白を基調としてお花が用いられますが、仏式のように胡蝶蘭を飾ることはないようです。

かつては供花でなく榊(さかき)という葉っぱでしたが、現在は喪主である祭主が榊を供え他の人は供花を供える形式が一般的です。

キリスト教

キリスト教式では故人のお悔やみとして供花を送るのではなく、遺族への慰めとして 送ります。

そのため、送り先は主に自宅が多く供花には名札も付けません。

※教会に送る場合は司祭(カトリック)や牧師(プロテスタント)に確認を取ってください。

お花にはユリやカーネーション、小菊やスプレー菊などの生花が用いられ、もっとも代表的なスタイルがバスケットフラワー(籠花)です。

バスケットフラワーは知人や友人などが贈る、コンパクトな籠にまとめた生花となります。

肉親や教会の仲間が送る際はクロス(十字架)のアレンジメント、親族や親しい間柄の友人だとハートのアレンジメントを送りますが、日本ではあまり馴染みがないので店舗で取り扱ってない場合もあります。

まとめ

供花は親族や親しい友人・会社関係の人が弔意を示すために送る生花ですが、会場を飾るため遺族が注文することもあります。

供花を注文する際は遺族や葬儀社に確認を取り、できるだけ他の方と同じお花を手配するのがいいでしょう。

※あまりにも高価な供花を送ると遺族に気を使わせてしまいます。供花に対してお返しをする遺族もいるので、あまり気を使わせないよう注意しましょう。

 

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)