葬儀費用の相場はどれくらい?葬儀の種類別に相場を出してみた!

まごころ価格ドットコムの墓じまいは他と比べ安い?高い?

葬儀費用の相場は全国平均が約200万円と言われていますが、この費用相場はあまりあてになりません。

では、なぜあてにならないのか?

その理由と私が調べた葬儀費用の相場について詳しく説明いたします。

葬儀費用の相場が約200万というウソ

葬儀費用の相場が約200万

「葬儀費用の相場」で検索すると、大体200万円前後が相場と書かれているサイトが多いです。

これは、日本消費者協会が行っている「葬儀アンケート調査」の数字なのですが、様々な種類の葬儀を全部ひっくるめての平均なので全くあてになりません。

様々な種類の葬儀と言うのは

「家族だけで行う小規模のお葬式なのか?」
「または会社や友人など沢山人を呼んで行うお葬式なのか?」

規模が違えば食事の量や葬儀会場の大きさなどが変わるので、その分費用も異なります。

なので「葬儀アンケート調査」の葬儀相場というのは、あまりあてにならない数字なのです。

本当の葬儀費用の相場を知りたいなら、まずは葬儀の種類別に費用を見ていかなければなりません。

葬儀アンケートだと細かい内訳がないので、ネットで調べた金額を元に葬儀費用の相場を出してみました。

葬儀費用の相場は葬儀の種類で変わる

葬儀費用の相場

葬儀の種類なのですが細かく分け過ぎると分かりづらくなるので、今回は4つの種類に分けて費用を見ていく事にします。

では、まずは葬儀の種類とその平均費用をご覧下さい。

  • 直葬儀:費用相場は約20万から40万位
  • 1日葬:費用相場は約30万から70万位
  • 家族葬:費用相場は約50万から150万位
  • 一般的なお葬式:約80万から1000万など(私は200万でした)

『直葬儀 < 1日葬 < 家族葬 < 一般的な葬儀』の順に価格が高くなり、葬儀にかかる日数も長くなります。

あくまでも相場でありもっと高くなる可能性もあります。

では、その高くなる可能性も含め、それぞれの葬儀について詳しく見ていきましょう。

直葬儀:葬儀費用の相場は20万から40万位

直葬儀 費用相場

「直葬」とは火葬だけを行うお葬式の事です。ですので、葬儀会場など使いませんしお坊さんも呼びません(お通夜も告別式もなし)。

もちろん食事もないので、大体20万から30万位の費用で出来ると思います。

お坊さんを呼んだり、高い葬儀会社を選ぶと40万以上する可能性もあります。

直葬儀の詳細は下記を参考にして下さい↓

直葬(火葬式)の費用相場はいくら?お布施の費用や直葬の流れも書きました。

2018.05.28

1日葬儀:葬儀費用の相場は30万から70万位

1日葬の流れ

1日葬とは、先程話した「直葬」に告別式をプラスしただけになります。

ですので、告別式を行う会場使用料というのが費用として発生します(自宅で行うなら会場費は0円)。

故人の友人や仕事仲間などをお呼びする場が告別式となりますので、人を呼ばないのであれば直葬の方がいいでしょう。

お坊さんを呼ばないのでお布施代はなく、食事にかかる費用もありません。

費用は30万からが相場ですが、お坊さんを呼んだり高い葬儀会社を選べばもっと高くなります。

1日葬の詳細は下記を参考にして下さい↓

一日葬の費用相場はいくら?お布施相場や一日葬の流れも紹介します!

2018.05.11

家族葬儀:葬儀費用の相場は50万から150万位

家族葬の費用相場

家族葬なのですが、葬儀の流れは一般的なお葬式と変わりません。

1日目にお通夜を行い、2日目に告別式や火葬を行う一般的なお葬式になります。

では、家族葬と一般的なお葬式は何が違うのかと言うと

「通夜振る舞い」や「精進料理」の食事費用が抑えられる(食事をしなければかからない)からになります。

また、家族だけですので「お坊さんを呼ばない」のであればお布施代もかかりまりません。

一般的なお葬式から「お坊さん代(お布施)」と「食事代」を抜く事で、費用が50万~100万くらい安く行えるのが家族葬のメリットになります。

家族葬の詳細は下記を参考にして下さい↓

家族葬の費用相場はいくら?葬儀屋3社を比較してみた。

2018.05.21

一般的なお葬式:葬儀費用の相場は80万から1000万位

一般的なお葬式の費用

一般的なお葬式とは、1日目にお通夜・2日目に告別式、それぞれ参列者(故人の友人や親戚・会社関係)をお呼びし葬儀を行います。

他人をお呼びするので、お通夜では通夜振る舞いの料理、そして火葬後には精進料理を振る舞います。

お坊さんもお通夜・告別式・火葬場へとお呼びしお経を唱えてもらいます。

葬儀の費用は大まかに3つに分けることができ、1つ目は「葬儀費用」、2つ目が「食事代」、3つ目が「お布施代」となります。

食事代は参列する人数で大きく金額がかわり、そしてお布施代もお坊さんによって金額はマチマチです。

ですので、一般的なお葬式の費用と言うのは何百万という金額の差が出てしまいます。

1つ目の葬儀費用については、あまり金額の差はないかと思います(※自宅で行うお葬式の場合は安くなります)。

2つ目の食事と3つ目のお布施代については、金額差が大きいので、もう少し詳しく説明いたします。

一般的なお葬式の食事代

先ほども話した通り、人数を呼べば呼ぶほど食事代金は高くなります。

しかもお通夜の料理に関しては参列者の正確な人数を把握する事ができない為、あらかじめ多めに料理を用意しておかなければなりません。

ちなみに私が行ったお葬式では、お通夜に参列された方が85名で、食事代金は34万9,250円かかりました。

そして火葬後に食べる精進料理は、35名の参列で20万7,900円かかっています。

合計すると55万7,150円が食事費用としてかかりました。

お坊さんに払うお布施代

お布施代はかなりの金額差があります。

一般的なお葬式だとお布施相場は30万~60万くらいですが、100万円以上のお布施を請求するお坊さんもいらっしゃいます。

ちなみに私が行った葬儀は16万円というかなり安いお布施代でした。その詳細は下記の記事に載せてあります↓

お葬式に呼ぶお坊さんの手配の方法は?またお布施の金額(相場)はいくらなのか?

2018.05.27

一般的なお葬式の費用相場まとめ

食事とお布施代によって大きく費用が異なりますが、大体200万~300万くらいあれば一般的なお葬式をする事は可能だと思います。(想定参列人数が80名前後)

あまりにも高いお布施(例:500万など)や参列人数が1000人とかでない限り、300万以下で一般的なお葬式は出来るかと思います。

「できれば葬儀費用を安く抑えたい」なら、下記の記事を参考にしてください。一般的な葬儀よりも50万~100万くらい安くする事ができます↓

おすすめの格安葬儀屋を紹介!葬儀費用が50万以上安くできる!

2018.05.30

葬儀費用の相場まとめ

平均葬儀費用が200万円と言われていますが、葬儀の規模によって金額が異なるのは分かったかと思います。

後は、参列者の人数やお布施の金額によっても大きく異なってくるので、この記事を参考にどの規模の葬儀が金銭的に合っているかを検討してみてください。

私が実際に行った一般的な葬儀の費用は下記の記事に詳しく載っているので、こちらも参考にしてみてください↓

実際に利用した小さなお葬式の流れや追加料金・お布施などの詳細

2018.06.09

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)