葬儀費用の相場ってどれくらい?葬儀初心者でも分かる簡単ガイド!

葬儀費用の相場
葬儀費用を安くする方法

普段お葬式と関わることがないので、葬儀の費用がどれくらいかかるのか?いまいちピンとこないですよね?

実際、私も全く分からなかった内の一人ですが、喪主を務めてから色々リサーチしたので、結構詳しくなりました。

このページでは、葬儀の内容とその費用に付いて詳しく書いております。

葬儀知識がゼロの方でも、分かりやすく書きましたので参考にしてみて下さい。

葬儀費用の相場が約200万というウソ

葬儀費用の相場が約200万

「葬儀費用の相場」で検索すると、大体200万円前後が相場と書かれているサイトが多いです。

これは、日本消費者協会が行っている「葬儀アンケート調査」の数字なのですが、様々な種類の葬儀を全部ひっくるめての平均なので、全くあてになりません。

様々な種類の葬儀と言うのは

「家族だけで行う小規模のお葬式なのか?」
「または会社や友人など沢山人を呼んで行うお葬式なのか?」

規模が違えば食事の量や葬儀会場の大きさなどが変わるので、その分費用も異なります。

なので「葬儀アンケート調査」の葬儀相場というのは、あまりあてにならない数字なのです。

本当の葬儀費用の相場を知りたいなら、まずは葬儀の種類別に費用を見ていかなければなりません。

葬儀アンケートだと細かい内訳がないので、ネットで調べた金額を元に葬儀費用の相場を出してみました。

葬儀費用の相場は葬儀の種類で変わる

葬儀費用の相場

葬儀の種類なのですが細かく分け過ぎると分かりづらくなるので、今回は4つの種類に分けて費用を見ていく事にします。

では、まずは葬儀の種類とその平均費用をご覧下さい。

  • 直葬儀:費用相場は約20万から40万位
  • 1日葬:費用相場は約30万から70万位
  • 家族葬:費用相場は約50万から150万位
  • 一般的なお葬式:約80万から1000万など(私は200万でした)

『直葬儀 < 1日葬 < 家族葬 < 一般的な葬儀』の順に価格が高くなり、葬儀にかかる日数も長くなります。

あくまでも相場でありもっと高くなる可能性もあります。

では、その高くなる可能性も含め、それぞれの葬儀について詳しく見ていきましょう。

直葬儀:葬儀費用の相場は20万から40万位

直葬儀 費用相場

直葬儀の詳しい詳細は「お葬式代が安い直葬・火葬式とは?」をご覧ください。

「直葬」とは火葬だけを行うお葬式の事です。ですので、葬儀会場など使いませんしお坊さんも呼びません(お通夜も告別式もなし)。

もちろん食事もないので、大体20万から30万位の費用で出来ると思います。

お坊さんを呼んだり、高い葬儀会社を選ぶと40万以上する可能性もあります。

1日葬儀:葬儀費用の相場は30万から70万位

1日葬の流れ

1日葬儀の詳しい詳細は「一日葬の費用と流れとは?」をご覧ください。

1日葬とは、先程話した「直葬」に告別式をプラスしただけになります。

ですので、告別式を行う会場使用料というのが費用として発生します(自宅で行うなら会場費は0円)。

故人の友人や仕事仲間などをお呼びする場が告別式となりますので、人を呼ばないのであれば直葬の方がいいでしょう。

お坊さんを呼ばないのでお布施代はなく、食事にかかる費用もありません。

費用は30万からが相場ですが、お坊さんを呼んだり、高い葬儀会社を選べばもっと高くなります。

家族葬儀:葬儀費用の相場は50万から150万位

家族葬の費用相場

1日葬儀の詳しい詳細は「家族葬の流れと費用の相場はどれくらいなのか?」をご覧ください。

家族葬なのですが、葬儀の流れは一般的なお葬式と変わりません。

1日目にお通夜を行い、2日目に告別式や火葬を行う一般的なお葬式になります。

では、家族葬と一般的なお葬式は何が違うのかと言うと、

お坊さんに払うお布施代と食事費用(通夜振る舞いと精進料理)がかからない点です。

普通のお葬式の場合は、お坊さんがお通夜・告別式・火葬場でお経を唱えてくれます(これがお布施代)。

そして通夜振る舞い(お通夜の時)と精進料理(火葬後の食事)の食事費用がかかるのです。

一般的なお葬式から「お坊さん代(お布施)」と「食事代」を抜いた事で、費用が50万くらいからと安く行えるのが家族葬のメリットになります。

※ただし家族葬と言っても色々な葬儀プランがあり、今回説明したのが必ずしも家族葬と言うわけではありません。私的に家族葬とは「家族だけで行う葬儀」の事なので、そこらへんはこちらの記事で詳しくご確認ください。

一般的なお葬式:葬儀費用の相場は80万から1000万位

一般的なお葬式の費用

私が喪主を務めたお葬式なのですが、故人の友人や仕事関係の人もお呼びした一般的なお葬式を行いました。

親戚なども含め、参列者は85人程で費用は約200万円かかりました。

私が調べた限りだと、参列者85人もいて葬儀費用が200万円くらいというのは比較的安いです。

詳しい詳細は「小さなお葬式・葬儀」で実際にかかった費用と内訳をご覧ください。

では本題の一般的な葬儀費用についてご説明いたします。

一般的な葬儀費用について

一般的なお葬式とは、1日目にお通夜・2日目に告別式、それぞれ参列者(故人の友人や親戚・会社関係)をお呼びし葬儀を行います。

他人をお呼びするので、お通夜では通夜振る舞いの料理、そして火葬後には精進料理を振る舞います。

お坊さんもお通夜・告別式・火葬場へとお呼びしお経を唱えてもらいます。

葬儀の費用とは大まかに3つに分けることができ、1つ目は「葬儀費用」、2つ目が「食事代」、3つ目が「お布施代」となります。

食事代は参列する人数で大きく金額がかわり、そしてお布施代もお坊さんによって金額はマチマチです。

ですので、一般的なお葬式の費用と言うのは何百万という金額の差が出てしまいます。

1つ目の葬儀費用については、あまり金額の差はないかと思います(※自宅で行うお葬式の場合は安くなります)。

2つ目の食事と3つ目のお布施代については、金額差が大きいので、もう少し詳しく説明いたします。

一般的なお葬式の食事代

先ほども話した通り、人数を呼べば呼ぶほど食事代金は高くなります。

しかもお通夜の料理に関しては参列者の正確な人数を把握する事ができない為、あらかじめ多めに料理を用意しておかなければなりません。

ちなみに私が行ったお葬式では、お通夜に参列された方が85名で、食事代金は34万9,250円かかりました。

そして火葬後に食べる精進料理は、35名の参列で20万7,900円かかっています。

合計すると55万7,150円が食事費用としてかかりました。

お坊さんに払うお布施代

お布施代と言うはかなりの金額差があります。

私が行ったお葬式はネットの葬儀社「小さなお葬式」でお坊さんを手配したため、お布施代は16万円で済んでいます。

直接お坊さんを手配するとなると、大体30万から60万くらいが相場です。(中には100万円以上するお坊さんもいます)

一般的なお葬式で費用を安くするためには?

葬儀費用を安くする

一般的なお葬式で費用を安くするにはネットの葬儀社を選ぶのが一番おすすめです。

町の葬儀屋さんにお願いするよりも断然安くなる場合が多いです。

これは何故かというと、お布施の費用がかなり安いからになります。先

ほど話した通り私が行った葬儀のお布施は16万円です。相場は30万から60万くらいですので、ここでかなりの金額差があります。

あとは葬儀費用も割安なので、安く葬儀を行いたいならネットの葬儀社を選んでみて下さい。

ネットの葬儀社っていったい何?

ネットの葬儀社とは、町の葬儀社の代わりに集客を専門に行っている会社です。

ネットで集客したお客さんを、町の葬儀社に紹介して葬儀を行ってもらう仕組みとなります。

葬儀費用を安く行うという条件で提携しているので、町の葬儀社に直接頼むよりも安くなります。
(葬儀プランも「直葬・1日葬・家族葬・一般的な葬儀」と細かく分かれています)

ネットの葬儀社で有名なのが「小さなお葬式」と「シンプルなお葬式」で、どちらも一般的な葬儀費用よりも安くお布施代も固定されています。

まずは資料請求して確認してみてください。

葬儀社の一括資料請求できる「葬儀レビ」もおすすめ

全国の葬儀社と提携している「葬儀レビ」で資料請求するのもおすすめです。

あなたの近所で提携している葬儀社をリストにして送ってもらえますし、葬儀費用も安く行える会社ですので、一度資料請求してみてください。

もちろん見積もりは無料になります。

葬儀の一括見積もりをするなら【葬儀レビ】

葬儀費用のまとめ

葬儀費用とは本当にマチマチで、選び葬儀会社によってかなりの差が出てしまいます。

あまりお金をかけずに葬儀を行いたいなら、先ほど紹介したネットの葬儀社や「葬儀レビ」の見積もりをとるのがいいですが、町の葬儀社にも足を運んでみて下さい。

話を聞くだけなら無料ですし、葬儀の費用についても色々分かってくると思います。


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)