お葬式・四十九日の法要・一周忌法要でお坊さんを安く手配する方法!

お葬式・四十九日・一周忌でお坊さんを安く手配する方法
葬儀費用を安くする方法

お葬式や四十九日・一周忌ではお坊さんを呼びお経を上げてもらいますが、その費用(お布施代)は結構高いです。

例えばお葬式の場合、お坊さんによっては100万以上のお布施が必要だったりと、高額になる可能性があります。

そこで、「お坊さんの手配をなるべく安くしたい」という方のために、おすすめの方法を紹介いたしますのでご覧下さいませ!

お坊さんの手配サービス「お坊さん便」が安い!

お坊さん便

公式サイト:定額の僧侶手配サービス

ネットから手配を行う「お坊さん便」は、読経や法要・法事のお布施代がともて安いのが特徴です。

どれくらい安いのかというと、平均的なお布施代の半分くらい安いです!

コレ、かなり安いと思います!

特にお葬式に必要なお布施代は、半分以上安いかもしれません。

では、お葬式にお呼びするお坊さんのお布施、法事・法要のお布施など、どれくらい安くなってるのかを見ていきましょう!

「お葬式のお布施代」は最安で5万5,000円、最高でも16万円

お葬式の時に「お坊さん便」を利用した場合、最安だと5万5,000円、最高でも16万円のお布施代で済みます。

全国のお布施費用の平均が55万円ですので、かなり安いですよね?

ちなみに私がお付き合いのあるお坊さんだとお布施代が60万、近所の葬儀屋でお坊さんを手配する場合は約30万くらいからと言われました。

ですので「お坊さん便」を利用したお布施代はかなり安いと思います!

では、最安で5万5,000円・最高で16万のお布施代について、もう少し詳しく見ていきましょう。

「炉前読経のみ」なら最安の5万5,000円のお布施代

炉前読経とは、火葬場で火葬する前にお経を読んでもらいます。

お通夜や告別式は行わず、火葬だけ(いわゆる火葬式)する場合はこちらの金額が適用されます。

お経を唱える回数は1回になります。

※戒名もお付けしてくれます。

「一日葬の読経」の場合は、8万5,000円のお布施代

一日葬の読経とは「告別式の読経、式中初七日の読経、炉前読経」を行ってもらえます。

まず告別式でお経を上げてもらい、そして、本来なら七日後に行う「初七日の法要」も同時に行ってもらいます。

そして最後は、火葬場で炉前読経をして終了です。

お通夜を行わなず、告別式だけのお葬式を行う場合はこちらの金額が適用されます。

お経を唱える回数は3回になります。

※戒名もお付けしてくれます。

一般的なお葬式の読経だと16万円のお布施代

一般的なお葬式だと、まず1日目のお通夜の時にお経を上げます。

そして2日目に「告別式の読経、式中初七日の読経、炉前読経」を行い終了です。

お経を唱える回数は4回なります。

※戒名もお付けしてくれます。

四十九日の法要、一周忌の法要のお布施代は?

続いては四十九日や一周忌の法要の際にかかるお布施代についてお話します。

四十九日の法要一周忌の法要は、お坊さんがお経を1回お読みするだけです。

お布施は平均5万円くらいなのですが、お坊さん便だと一律3万5,000円で手配が可能。(各宗派に対応しています。)

心づけ、お膳料、交通費など、全て含めての3万5000円なので、これ以上費用が発生することはありません。

下記が法要の時にして頂けるサービスとなります。

お坊さん便

※本位牌開眼・・・お葬式の時に「白木の位牌」を頂いてると思うのですが、その位牌には故人の魂が入っています。この「白木の位牌」から「本位牌」へと移動させるため、お経を読んでもらうのを本位牌開眼と言います。

※仏壇開眼、墓石開眼も故人の魂を入れるためのもので、お坊さんに読経をして頂けます。

※仮位牌引取り・お焚き上げ・・・四十九日までは白木位牌、それ以降は本位牌(黒塗り)に変えるのが一般的です。この際、白木位牌は必要なくなりますので、お坊さんに引取りして頂きお焚き上げをしてもらいます。

※納骨供養・・・お墓に納骨される際の供養を行っていただけます。

移動を行う場合は追加料金がかかります。

法要を行うお布施は3万5,000円と一律なのですが、移動を行う場合は別途1万円が必要になります。

例えば自宅(またはお寺)で法要を行う1か所だけの場合は3万5,000円ですが、自宅で法要を行い、その後お墓に行き納骨供養をしてもらう場合は別途1万円がかかり合計で4万5,000円になります。

お坊さん便のサービスはアマゾンでも扱っていて反響を呼んでいる!

お坊さん便のサービスはアマゾンでも扱っていて反響を呼んでいる!

このお坊さん便のサービスなのですが、公式サイトはこちらです⇒「定額の僧侶手配サービス

しかし、アマゾンでも同じサービスの販売がされています。アマゾンでの販売はこちら

一体どうゆうことなのかを説明しますね。

お坊さん便の仕組みとは?

お坊さん便とは「株式会社みんれび」が運営するお坊さん配送サービスです。

お坊さんは(株)みんれびに登録を行い、法要やお葬式の依頼を待ちます。

(株)みんれびが集客を行い、登録してるお坊さんが実際に法要をするという仕組みであり、お坊さんは(株)みんれびが定めた金額で法要を行います。

アマゾンでの満点評価(★5)は100人以上!

このサービスを受けた人の評価で、満点評価をした人は100人以上います。

一方★1の最低評価をした人は48名いるのですが、ほとんどの評価はこのサービスを反対している方で、実際にサービスを受けた人達ではありません。

3万5,000円のお金は、全てがお坊さんに入るのではなく、集客を行っている(株)みんれびにも入ります。

このお金の振り分けに文句を訴える声、通販でお坊さんを手配するサービスに異論をする声などが最低評価に集まっているのです。

お坊さん便がアマゾンに出店してネットNEWSにも取り上げられる!

お坊さん便がアマゾンに出品されると、たちまち利用者が増え出しました。

このサービスを受けた人の評価が高かったのもありますが、異論の声も多く「全日本仏教会が販売中止を求める文書を送る」事態にもなったのです。

ちなみに、そのネットニュースはこちら

まとめ:実際お坊さんの手配サービスはどうなの?

私はこの「お坊さん便」を使ってないのですが、同じような形でお坊さんを手配しました。

四十九日の法要、一周忌もネットの葬儀社からお坊さんを手配したのですが、とても良くして頂けました。

アマゾンで利用した人の口コミも「良かった」という声が多く、

  • 不透明なお布施が分かりやすい!
  • 僧侶の方もいい感じだった!

という人が大半です。

最低評価(★1)を付けた人に「このサービス(3万5,000円)は高すぎる!」なんて人もいましたが、法要のお布施代は大体5万円くらいが相場です。

ですので、私的にはとても安くて良いサービスだと思っています。

▼資料請求はこちらからできます。

おぼうさん便

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)