生活保護の場合、葬儀費用はどうなる?

生活保護の場合、葬儀費用
葬儀費用を安くする方法

両親が生活保護を受けていて自分にもお金がない場合、両親の葬儀はどうすればいいのか?不安になりますよね。

もしそうなってしまった場合は、国から最低限の葬儀費用が支給されるので安心して下さい。

これは生活保護法の1つ「葬祭扶助(そうさいふじょ)」と言い、どうしてもお金がなく葬儀ができない場合は国が変わりに支払ってくれる制度になります。

ただし、先ほど書いた通り「最低限の葬儀費用」しか支給されません。

では最低限の葬儀費用とはどんなものなのか?詳しく書きましたのでご覧ください。

生活保護の場合の葬儀

まずやらなければならないのが、葬祭扶助を受けれるかどうか住民票がある市役所に電話をして確認してください。

葬祭扶助が受けれればあとは葬儀社に連絡するだけです。

連絡は亡くなる前に一度葬儀社に確認すると良いでしょう。(のちほど葬儀社をご紹介します)

では葬祭扶助を使ったお葬式の流れを説明しますのでご覧ください。※下記画像参照

葬祭扶助 葬儀

まず亡くなったことを葬儀社に連絡し、故人を迎えに来てもらいます。

そして自宅か葬儀社が持つ安置所へ故人を安置します。その後、火葬日を決める打ち合わせをして1日目が終了です。

火葬日当日、葬儀社の迎えが来て火葬場へと移動します。その後故人を火葬しご自宅へ帰宅という流れです。

一般的なお葬式で行われるお通夜告別式など一切やりません。もちろん料理もありませんし、死化粧・お坊さんによるお経もなしです。

※死化粧とは開いた口や目をふさいだり、薄く化粧をして顔色を良くしたりするものです。

葬儀費用はどのように支払うのか?

葬儀費用相場

葬祭扶助を使ったお葬式の場合、金銭のやり取りはありません。

葬儀が終わったら葬儀社と葬祭扶助申請の手続きを行い、その後地方自治体より葬儀社に振込がされます。

葬祭扶助に関しての注意

文頭でも話した通り、お金が無く支払えないと判断されない場合「葬祭扶助」は支給されません。

両親が生活保護を受けていても、自分にお金があって支払えると判断されてしまえば葬祭扶助は適用されないので注意して下さい。

では仮に葬祭扶助を受けれなかった場合、葬儀費用はどれくらいかかってしまうのかと言うと、安い所でも20万円前後の費用がかかってしまいます。

これは直葬というお葬式で、先ほど話したお葬式の流れと全く一緒です。

詳しくは「お葬式代が安い【直葬・火葬式】とは?」をご覧ください。

最後に葬祭扶助でお葬式ができる葬儀社

基本、どこの葬儀社でも葬祭扶助を使ったお葬式は出来るとお思いますが、ネットで有名な葬儀社をいくつか紹介いたします。

小さなお葬式

小さな葬儀

公式サイトはこちら:小さなお葬式

シンプルなお葬式

シンプルなお葬式

公式サイトはこちら:シンプルなお葬式

まとめ

紹介した2つの葬儀社は葬祭扶助を扱ってる葬儀社です。

寝台車、ドライアイス、枕飾り一式、ご安置料金、お棺、仏衣一式、棺用布団、火葬料金、骨壺・骨箱など、最低限の物は全て揃ってます。

地元にある葬儀社でも葬祭扶助を扱ってると思うので、一度確認してみてください。


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)