永代供養で納骨する場合、費用の相場はどれくらいなのか?

永代供養
葬儀費用を安くする方法

近年はお墓を立てず永代供養で納骨する方が増えているそうです。

永代供養とは最初にお金を支払い、以後費用がかからない納骨方法で、一般のお墓と比べて料金が安いのが特徴です。

またお寺さんが供養と管理をしてくれるので、お墓参りをする必要もありません。

お墓が遠くてお参りが出来ない、自分の死後にお墓のことで子供・兄弟に負担をかけたくない、お墓にあまりお金をかけられない、そんな方におすすめなのが永代供養です。

ではそんな永代供養の相場とは、一体どれくらいなのでしょうか?

永代供養の費用や相場

永代供養=安いと思われがちですが、その費用はまちまちです。

10万円で済むところもあれば、100万円を越えるお寺さんもあります。

なぜこのような金額差が出るかというと、その納骨形式に違いがあるのです。(同じ納骨方法でもお寺さんによって金額も変わります)

では、永代供養の納骨形式について見ていきましょう!

初めからお骨を合わせる合祀(ごうし)

合祀の意味を調べると「合わせてまつること」と書かれています。

これはお骨を合わせてしまうと言う意味で、他の方の骨とバラバラに混ぜて土に還すという方法です。

一般的に永代供養で安いのが合祀での納骨方法で、お寺さんにもよりますが、8万円から20万円程度の費用が相場になります。

ある一定期間はお骨をそのままにする安置型

お寺によってまちまちですが、ある一定の期間はお骨をそのまま安置する方法があります。

これだと安置する場所が必要なため費用が高くなります。

また、保管する期間が長ければ長いほど費用が高くなるのが一般的です。費用相場は30万から60万くらい。

※保管期限が過ぎると合祀されます。

さらに費用が高い安置型

例えば奥さんや旦那さん、息子も一緒に並べて安置してほしい場合の納骨方法になります。

隣合わせ、または家族だけといった安置スペースをとる方法ですので費用が高くなります。

費用が200万くらいかかるお寺もあるようです。

※保管期限が過ぎると合祀されます。

永代供養墓の探し方

永代供養のお墓を探す方法なのですが、インターネットで調べお寺さんに連絡するのが一番簡単です。

ちなみにこういった「全国永代供養墓ポータル」といったサイトもありますので、参考にしてください。

後は「地域名 永代供養」で探すと色々出てくると思います。

私がお願いした永代供養

私は親父の納骨を永代供養にしました。小さな葬儀でお葬式を行い、その後に届いたパンフレットに永代供養が4万5000円で出来ると書いてあったので、そのままお願いする事にしました。

小さなお葬式の永代供養

小さなお葬式の永代供養は4万5000円なのですが、葬儀をお願いしたので5000円引きの4万円の費用となります。

小さなお葬式が提携している全国のお寺さんから選ぶ事ができるのですが、お寺の数が少ないのがネックです。

小さなお葬式の永代供養は、2年間はお骨をそのままにしてくれます。

合祀(ごうし)されるのは2年後となり、この間にお墓を立てたり違うお墓へ移す事が可能です。

永代供養は納骨後のトラブルもあるので注意

  • 納骨後に気が変わって一般のお墓に入れたくなった。
  • 永代供養に納得していない親戚がいる。
  • 身寄りのない方でも後から付き合いのなかった親戚が出てきた。

このようなトラブルがあるので、2年間はお骨をそのままにしているのでしょう。

ちなみに私の所も「永代供養に納得していない親戚」がおり、今後どのようにするのかを検討しています。

小さな葬儀の永代供養については「0120-306-335」に電話して確認してください。

まとめ

一般的にお墓をたてるより永代供養の方が大分費用が安いですが、親戚など周りのトラブルは少なからずあるかもしれません。

私自身は死んだ後のことなどどうでもいいので、永代供養で構わないのですが、お骨をまとめられてしまう合祀(ごうし)に納得できないという方は結構いらっしゃいます。

私自身がよくても周りがちゃんとお墓参りしたいという場合もあるので、しっかり話し合いをしてから決めてくださいね。


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)