四十九日 法要の準備や流れ、食事予算やお布施・お返し相場について

四十九日の法要

お葬式が終わってひと段落するかと思いきや、49日後には『四十九日の法要』が控えています。

初めて『四十九日 法要』を準備する人には、どんなことをすればいいのか全く分からないと思いますが、難しいことは何もありません。

今回は四十九日 法要の流れや準備、その他食事の予算やお布施・お返し(引き出物)の相場などを詳しく書きましたので参考にして頂ければと思います。

四十九日 法要の流れ

『四十九日 法要』の流れは

  1. お坊さんにお経を唱えてもらう
  2. 納骨をする(納骨しない場合もあり)
  3. 法要のあとに食事(お斎)をする
  4. 来て頂いた方に引き出物(お返し)を渡す

これが大雑把な流れになります。

基本的に49日に納骨を行うのですが、お墓が決まっていない場合はしなくても構いません。

では、ここから『四十九日 法要』の準備の詳細と共に「食事の予算」「お布施の費用や相場」「お返し(引き出物)の相場や品物」についても一緒に説明していきます。

四十九日 法要の準備

まず「四十九日の法要をどこでするのか?」を決めることから始まります。

四十九日の法要をする場所は、基本的に「お寺」か「自宅」のどちらかです。※会場を借りて行っても問題ありません。

お寺で『四十九日 法要』を行う場合

お寺で法要を行う場合、まずはお坊さんと日程を決めてください。

そして、お寺を使って四十九日の法要を行う場合、お布施の費用は3万~5万円程が相場になります。

※基本お布施は法要を行う日にお渡しします。

ただし、3万~5万円は大体の相場です。なのでお寺の方に「お布施はいくらくらいですか?」と確認しても問題ありません。(お気持ちでと言われたら5万円でいいでしょう。)

自宅で『四十九日 法要』を行う場合

自宅で四十九日を行う場合、お坊さんを呼んでお経をあげてもらいます。自宅で行う場合もお布施は3万~5万円くらい。

お布施とは別にお車代として5000円~1万円くらいを別に渡す習慣もあるので、その場合は3万~4万円をお布施代、1万円をお車代として別々に包めばいいでしょう。

お付き合いのあるお坊さんがいない場合、近所のお寺の住職さんにお願いしたりネットのお坊さんサービスを利用して手配してください。

ネットのお坊さんサービスとは?

ネットで宗派を指定して申し込めば、お坊さんが自宅に来てお経を上げてくれるサービスです。

「お経・開眼法要・お焚き上げ・納骨法要・お膳料・交通費」が全て含まれて4万5000円で手配できます。

おぼうさん便
私はお葬式の際にネットのお坊さんサービスを利用しました。ネットのサービスなので心配になるかもしれませんが、とても感じが良い人に来て頂きとても良い葬儀が行えました。

四十九日 法要の食事予算は?

食事予算は1人5,000円くらいです。

5,000円と決めず1万円くらいでも構いません。(飲み物代は別ですので、その点も考えて注文しましょう。)

食事をする場所はあらかじめ探しておいてください。

和食のお店を探して2~3週間前には予約しておきましょう。(四十九日法要後の食事をしたいと伝えれば、お店側も手配してくれます。)

四十九日に呼ぶ人は親戚や親しい友人だけで構いません。多く呼ぶとそれだけ食事代がかかりますので、費用を抑えたいなら人は呼ばない方がいいです。

四十九日の引き出物(お返し)の相場や品物について

来て頂いた方にお渡しするお返し(引き出物)は、消えて無くなるものが一般的とされています。

石鹸や洗剤・海苔やお菓子などをお返しに選ぶ方が多い。(日ごろ使うタオルでもかまいません。)

お返し(引き出物)の相場は、2000円~3000円が目安になります。

お返しはデパートやネット通販で購入することができます。

ネットで有名なお返し通販店↓

四十九日法要の費用をまとめると

食事代5000円+飲み物代@+引き出物2000円くらいで、1人あたり1万円程になるかと思います。

プラスお坊さんにお渡しするお布施費用が3万~5万くらいなので、5名お呼びした場合だと合計10万円くらいになるでしょう。

その他、気になる疑問

『四十九日 法要』に関する疑問について簡単に書いておきます。

法要の開始時間は?

大体10時~10時30分頃より開始します。法要や納骨を終え12時くらいから会食と言う流れです。

案内状は必要?

四十九日の法要にお呼びする際、案内状を作ったりしますが、これはやってもやらなくても構いません。電話で済ませてしまってもOKです。

案内状を作成する場合「挨拶状ドットコム」と言うサイトが簡単でおすすめです。

葬儀の会葬礼状や1周忌法要の案内状・喪中ハガキなどを簡単に作成する方法

2016.05.09

お供え物は必用?

合った方が良いと思います。一般的にはお菓子などが多いですが、お坊さんに訪ねれば教えてもらえます。

お坊さんと食事をしなくてはいけないのか?

これはどちらでも構いません。食事をしない場合、お布施とは別に食事代として5,000円程包んだりします。

  • 3万円お布施を払うなら5,000円は食事代として別に包む
  • 5万円を総額にするなら、4万円はお布施・1万は食事とお車代などとして包む

まとめ

『四十九日 法要』の費用をまとめると

  • お布施が3万~5万
  • 食事の相場が1人あたり約5,000円
  • お返しの相場が1人あたり2,000円~3,000円

になります。

法要の流れは難しくなく「お経→納骨→会食→解散」という感じです。

もし分からないことがあればお坊さんに聞けば親切に教えてくれますので確認してみてください。(用意するものなどもお坊さんに確認することをおすすめします。)

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)