四十九日の法要の費用相場や準備などについて

四十九日の法要
葬儀費用を安くする方法

お葬式が終わってひと段落するかと思いきや、49日後には四十九日の法要が控えています。

四十九日の法要の費用や準備、初めて葬儀を行った人だと全く分からないと思いますので、実際に行った法要も含め詳しく説明していきます。

四十九日の法要の準備や費用

まず「四十九日の法要をどこでするのか?」を決めることから始まります。

入るお墓があるのなら、そのお寺に行き「四十九日の法要をしたいのですが、費用はどれくらいかかりますか?」と相談して下さい。(入るお墓が無い場合も一緒で、お寺を探し費用について確認してください。)

大体ですが、お寺を使った場合は5万円くらいをお渡しするのが相場になります。※あくまでも相場なので、お寺の人に確認して下さい。(お気持ちでと言われたら5万円でいいでしょう)

次に自宅で四十九日を行う場合、お坊さんを呼んでお経をあげてもらいます。この場合の相場は大体3万円くらいになります。

お葬式が終わったら、あまり時間を空けず準備をして下さい。お坊さんやお寺の都合もあるので、早めに準備した方が慌てなくてすみます。

四十九日の法要の後の食事

法要が終わった後の食事を「お斎(おとき)」と言います。

費用は一人大体5,000円くらいで、食事をする場所はあらかじめ探しておきます。

和食のお店を探して、2.3週間前くらいから予約をしておくのがいいでしょう。(四十九日法要後の食事をしたいと伝えれば、お店側も手配してくれます。)

四十九日に呼ぶ人は、親戚や親しい友人だけで構いません。多く呼ぶとそれだけ食事代がかかりますので、注意して下さい。

四十九日の引き出物

お返し(引き出物)は消えて無くなるものが一般的とされています。

例えば石鹸や洗剤、海苔やお菓子などです。

日ごろ使うタオルなどでも別にかまいません。大体ですが。2000円から3000円くらいの物を渡すのが相場となります。

四十九日法要の費用をまとめると

食事代5000円+飲み物代@+引き出物2000円くらいで、1人あたり1万円程になるかと思います。

プラスお坊さんにお渡しする費用3万から5万と覚えておいてください。(例えば全部で5名の場合、約10万円くらいとなります。)

実際に行った四十九日の法要

実際に行った四十九日の法要

私が行った四十九日の法要は、永代供養するお寺を決めそこのお坊さんにお願いしました。

葬儀を手配したネットの葬儀屋「小さなお葬式」にまとめてお願いし、永代供養費と四十九日の法要を合わせ9万2000円の費用がかかりました。(小さなお葬式を利用していない場合は10万円となります)

四十九日の法要以外に、1周忌の法要もお願いする事もできます。費用も安いので、一度確認してみてください▼


※永代供養についても、ページ内に詳細が書かれています。

 

ちなみに小さなお葬式を通してお願いしたお寺さんは、千葉県船橋市にある地蔵院という所です。

駅から少し遠いので不便な場所ですが、永代供養と四十九日の法要が一緒に出来るお寺さんが少なかったのでこちらを選びました。

宗派が違ったのですが、住職さんも良い方でしたよ。(こわもての外見でしたが・・・)

まとめ

四十九日の法要なのですが、今の時代しっかりやる人も少なくなっているようです。(お坊さんいわく)

ですので、友人や親せきは呼ばず家族だけで行う四十九日ならお坊さんにお支払いする費用だけで済みます。

もしご自宅にお坊さんを呼んで法要してもらう場合、「お坊さん便」という会社で僧侶を呼ぶと安く済みます。

35,000円でお経を唱えてもらえるので、平均相場よりも安いです。

ちなみに、「お車代・お膳料・心づけなど」は一切不要で、35,000円のみですので、安く四十九日の法要をしたい場合はこちらを使うと良いと思います。

詳しい詳細はこちら⇒お坊さん便


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)