お葬式に呼ぶお坊さんの手配の方法は?またお布施の金額(相場)はいくらなのか?

お坊さんに支払うお布施
葬儀費用を安くする方法

お葬式の時にはお坊さんをお呼びするのが一般的で、その費用(お布施)はお葬式の中でも大きく、呼ぶお坊さんによって金額に差が出ます。

高額の場合、お布施代が100万円なんて事もあるようです。

私が実際に葬儀を行う前、お布施について色々調べたのですが、お墓などの問題も含めると費用はまちまちでした。

今回はその辺も含め、お布施の代金やお坊さんの手配の仕方などについて説明していきます。

お葬式のお布施とはどんな料金?

お葬式の時、お坊さんにお渡しするお布施とは、「お経を上げてもらう」「戒名をつけてもらう」費用になります。

お経はお通夜と葬儀(初七日も一緒に行う場合有)の時、戒名はお坊さんが故人につける名前(位牌やお墓に刻まれる)となります。

戒名にはランクがあり、ランクが上がれば上がるほどお布施の金額も上がります。

お布施の平均金額(相場)

お布施の全国平均金額は約55万円程です。

ただ、最近では安い葬儀社も出てきているので、もう少し安くなってるかもしれません。

ちなみに私のお付き合いのあるお寺だと60万円くらい、近所の葬儀屋だと30万円くらいと言われました。

※お付き合いのあるお寺は地方だったので、葬儀中の宿泊費・交通費・食事代も必要との事でした。

ネットの葬儀屋のお布施金額

インターネットで申し込む葬儀屋だとお布施の金額は安いです。

私が実際にお願いした「小さなお葬式」では最安で5万5000円、最高でも16万円のお布施代金でした。(プランによって金額が変わります。)

小さなお葬式については「小さなお葬式・葬儀の口コミや評判は最悪なのか?」をご覧ください。

入るお墓がある場合

もし入るお墓がある場合、基本的にはそのお寺のお坊さんを呼んでお葬式を行わなければなりません。

手配の仕方はお坊さんに連絡を取れば、お坊さんが葬儀屋に連絡して日取りなどを調整してくれるのでこちらでする事はあまりないと思います。

ただ、お布施の金額についてはお坊さんと直接話しておいた方がいいです。

今までお付き合いのあるお寺さんなので、渡していたお布施の金額もある程度決まっています。

ですので、そこら辺も含め確認しておいた方がいいでしょう。

※お布施とは定価がなく「気持ちの代金」とよく言われますが、お寺さんによって相場があります。いくら「気持ち」だからといって、少額しか包まないというのは失礼になってしまいます。

お布施を安くするならココがおすすめ!

もし葬儀場などが決まっていて、お坊さんの手配だけ安くしたいなら「お坊さん便」がおすすめです。

公式サイト:定額の僧侶手配サービス

お坊さん便はネットから申し込むことができる僧侶の手配サービスで、定額のお布施で法要をしてもらえます。

お葬式の僧侶手配金額は

  • 火葬式の読経・・・55,000円
  • 1日葬の読経・・・85,000円
  • 般葬(家族葬)の読経・・・160,000円

になります。

※戒名代は別途2万円から必要になります。

葬式の規模(お経を唱える回数)によって金額は変わりますが、最高でも16万円のお布施代金なので、相場より40万以上安いです。

ちなみにお車代やお膳料といった費用も全て込みなので、別途費用がかかることはありません。

四十九日の法要や一周忌の法要も35,000円と格安なので、安く済ませたい方はこちらのサービスを利用するのがおすすめですよ。

公式サイト:定額の僧侶手配サービス

まとめ

お布施代金はお坊さんによって金額がことなり、葬儀費用の3分の1をしめる大きな費用です。

もしお布施代を安く済ませたいなら、私がお願いした葬儀屋「小さなお葬式」で葬儀を行いお坊さんも手配するか、先ほど紹介した「お坊さん便」を利用するのがいいでしょう。

お付き合いのあるお寺さんがあるなら、30万から60万くらいのお布施代は見ておけば問題ないと思います。

※ただし、お布施代は決まっているものではないので、お付き合いのあるお寺さんでも一度確認することは忘れずに!


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)