葬儀で行うお通夜とは?お通夜の流れも詳しく紹介します!

お通夜
葬儀費用を安くする方法

お葬式で行うお通夜とは、故人と過ごす最後の夜です。

昔は夜を通して過ごしたのですが、今は2時間から3時間ぐらいで終わらせるのが一般的。火葬の前日に行うのがお通夜となります。

▼分かりやすく図に書きました。

葬儀の流れ

お葬式1日目の夜17時ごろからお通夜が始まります。

そして次の日の午前中に告別式、その後火葬を行うのが一般的な葬儀の流れです。

ではお通夜とはどんなことをするのか?一般的なお通夜の流れを説明いたします。

お通夜の流れ

お通夜の流れを簡単に説明すると

  • お坊さんがお経をあげる
  • その間にお焼香をあげる
  • お焼香をあげたら部屋を移動する
  • 移動した部屋で食事とお酒を飲んで帰宅

これがお通夜の流れとなります。

では、「お葬式を行う遺族」と「参列する人」、それぞれのお通夜の流れも説明しますのでご覧ください。

お葬式を行う遺族の場合

遺族はお通夜が始まる1時間から2時間前に葬儀会場へ行きます。

そして会場に着席し、時間が来たらお坊さんにお経を唱えてもらいお焼香を済ませます。

遺族・親族がお焼香をあげ終えたら、次に親戚・友人や会社関係の人にお焼香をあげてもらいます。

参列者がお焼香をあげ終え、お坊さんのお経が終わってから遺族・親族は食事の部屋へと移動します。

お通夜に行く友人や仕事仲間の場合

お通夜が行われている時間内に葬儀会場へ行きます。

そして香典を受付の人に渡し、お焼香を済ませ食事がある部屋へと移動します。

ある程度食事を済ませたら、香典返しの品を受け取り帰宅という流れです。

時間がない場合、お焼香だけあげて帰る方もいます。

本来のお通夜とは

本来お通夜とは、遺族や近親者だけで行うものでした。

友人や会社関係の人は、次の日の告別式に参列するものなのですが、時間が合わない事も多いため夜行われるお通夜に参列するようになったのです。

まとめ

「葬儀のことなど全く分からない!お通夜の時、喪主はどうすればいいの?」なんて方、全く心配しなくて大丈夫です。

葬儀社の人が進行してくれるので、喪主のやる事は「お開きの時に挨拶するだけ」です。

このお開きの時の挨拶も、喪主がやらなければいけない決まりもないので、違う方にお願いしても構いません。

お通夜の流れを詳しく説明しましたが、これと言ってやる事もなく、流れのままに任せれば大丈夫ですよ!

次は翌日の告別式についてご説明しますのでご覧ください。


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)