小さなお葬式経由でベルコは使える?それぞれどう違うのか?

ベルコ 小さなお葬式

この記事ではこんな疑問について詳しくまとめています↓

  • 小さなお葬式経由でベルコが使えるのか?
  • 小さなお葬式とベルコの違いは?
  • 小さなお葬式の仕組みとは?

結論から言うと、小さなお葬式は葬儀の仲介業者で集めたお客をあなたの街の葬儀社に依頼しています。依頼された葬儀社は小さなお葬式が定める料金で葬儀を行う必要があり、その金額は一般的な葬儀費用よりも安く済むというものです。

あなたが住む町にベルコの葬儀場があれば、小さなお葬式経由で葬儀をお願いすることができるかもしれません。現在、小さなお葬式とベルコが提携しているか分からないため(昔は提携していた)、資料請求して確かめてみてください。

小さなお葬式に資料請求すると利用できる葬儀社のリストが送られてきます。その中にベルコがあれば利用可能です↓

小さなお葬式とベルコの違いについて

ベルコと小さなお葬式を比較

ベルコは昔からある一般的な葬儀社です。昭和44年から創業し年間4万件もの葬儀を受注しています。(セレマや玉泉院なども系列となります)

ごく普通の葬儀社なので、出向けば詳しい見積もりを作ってくれます。またベルコは互助会が有名なので、そちらに加入しておくと葬儀費用が割引されるのですが、一度入会すると解約しにくいためよく検討してください。

 

小さなお葬式は葬儀の受注会社で、葬儀の依頼を受けたらあなたが住む町の葬儀社に紹介し葬儀を行ってもらう仕組みとなっています。

依頼された葬儀社は、小さなお葬式が定める価格で葬儀を行わなければならないのですが、葬儀の依頼件数が多いため低価格でも運営できると言う仕組みです。年間5万件以上の葬儀を受注しています。

※小さなお葬式が定める料金は主に葬儀一式の費用で、食事や返礼品などはオプションとなり葬儀社によって価格が異なります。

オプションの詳細はこちらを参考にしてください↓

小さなお葬式 追加料金

【追加料金が発生!】小さなお葬式でかかったオプションについて

2022年7月10日

値段はどれだけ違くなる?

小さなお葬式に依頼するのとベルコに直接依頼した場合だと、値段がどれくらい違ってくるのか説明します。(大体の違いになるのでご了承ください)

葬儀費用は「葬儀一式の費用」「飲食や返礼品の費用」「お坊さんのお布施」の大きく3つに分かれます。

小さなお葬式が打ち出しているプラン料金は「葬儀一式の費用」のみなので、それ以外に食事を食べたりお坊さんを呼ぶ場合は全てオプションとなります。このオプション費用は小さなお葬式経由でも葬儀社に直接お願いしても値段は変わりません。(葬儀社によって価格の違いはある)

「葬儀一式の費用」は全国の平均データがあるため、その金額を小さなお葬式のプラン料金と比べてみます↓

葬儀形式 全国平均費用 小さなお葬式
一般葬 1,459,091円 658,900円
家族葬 911,544円 438,900円
一日葬 639,773円 328,900円
直葬 20万~40万 174,900円

※全国平均費用は「お葬式に関する全国調査」を参考にしています。

ベルコの葬儀費用は安いとは聞かないため、全国の平均費用と同じくらいと思っていいでしょう。(詳しくは見積もりを取ってください)

そうなると小さなお葬式に依頼した方が全然安いです!この安さで年々利用者が増え続け、今では葬儀受注件数が日本一となっています。

しかも、実際の葬儀内容は普通の葬儀となんら変わりません。父親が亡くなった時に小さなお葬式を利用しましたが、今まで体験したお葬式と何一つ違いはありませんでした。

詳しくはこちら↓

小さな葬儀 口コミ 評判

【体験談】小さなお葬式にクレームや最悪と言う口コミがあるけど

2022年7月9日

なので、値段を抑えたいなら小さなお葬式に申し込んで葬儀することをおすすめします。そこでベルコが使えれば選んでみてもいいでしょう。

ちなみに私が行ったお葬式はベルコ系列のセレマでした。現在は小さなお葬式経由で利用できませんが、他のベルコ(またはベルコ系列)の葬儀社は使えるかもしれません。

小さなお葬式に資料請求すると利用できる葬儀場リストが送られてくるので確認してみてください。

直接ベルコに依頼するメリットは?

ベルコに直接依頼するメリットは、「葬儀の見積もりを詳しく作れる」のと「スタッフの対応が見れる」点になります。

小さなお葬式では亡くなったあとに葬儀社を紹介されて打ち合わせが行われます。ここで参列者の数を予想して食事や返礼品の数を決めていくのですが、これらの費用がいくらになるのか事前には分かりません。

紹介される葬儀社もどこか分からないため、スタッフの対応なども分からないのが小さなお葬式のデメリットとなります。(値段が安いのが最大のメリット)

一方、直接ベルコに依頼するなら事前に見積もりが作れますし、スタッフの対応も確かめることができます。参列者の数が分かっていれば、ある程度正確な費用が分かるでしょう。

ベルコが気になるなら、一度出向いて見積もりの相談などすることをおすすめします。この際に互助会の入会を勧められると思いますが、他の葬儀社の見積もりも取りながら検討してください。

小さなお葬式経由でベルコに依頼した口コミが…

小さなお葬式の口コミを調べると、価格.comに以下の投稿がありました↓

小さなお葬式 一日葬 最悪

身内だけで形だけの葬儀と思い一日葬儀をお願いしましたが、ほんとに窓口の電話受付は小さな葬儀ですが、後は丸投げ状態で関知せず紹介先でベルコ系列に紹介され、33万円が65万円になりました

目の前でいろいろ出されたプランに直ぐにイエス・ノの催促でこちらの事情も聴きもせず気の弱い 私もですが考える暇もなく高額になります。

参考:価格.com

「小さなお葬式に依頼したらベルコ系列の葬儀社を紹介され値段が高かった」という口コミです。

この口コミだけ見ると「追加料金が怖い」となるかもしれませんが、おそらくこの方は1日葬プラン(約33万)を選び、食事や返礼品、僧侶をお願いしたか何かで65万になったのだと思います。

小さなお葬式に資料請求すれば分かりますが、プラン以外に必要となるかもしれないオプションについてはほとんど記載されています。この人は何も調べずに葬儀を依頼したのか、何か勘違いをしていたのかもしれません。

ベルコは年間3万件以上も葬儀を受注する大手ですので、そこまで対応が悪いとは思えません。もちろん一部スタッフの態度が悪い可能性もありますが、そんなに心配する必要はないのかなと思います。

満足のいくお葬式を行うには事前の準備がとても大切です。小さなお葬式だと事前に見積もりを作ることはできませんが、分からないことはカスタマーセンターに電話すれば全て教えてくれますし、資料請求したパンフレットを見ればどんなオプションが必要かも分かってきます。

値段を抑えつつ満足のいくお葬式を行いたいなら、資料請求したパンフレットをしっかり読んである程度のオプションは目星をつけておきましょう。

小さなお葬式を利用する可能性があるなら

小さなお葬式を利用する可能性が1%でもあるのなら、資料請求したあと早割に申し込んでください。

まず資料請求でプラン価格から3万円が割り引かれます。そして早割に申し込むことでさらにお得になるので、申し込まないのは損です。

早割とは申し込んでから1ヵ月以上経つと割引が受けられるサービスです。1ヵ月、1年、2年が過ぎるごとに割引額が大きくなります。

申し込むデメリットは何1つありません。費用もかからないし営業電話なども一切なし。もちろん小さなお葬式を利用する必要もありません。

少しでも早く申し込んでおいた方がお得なので、小さなお葬式を1%でも利用する可能性があるのなら、早めに資料請求して早割にも申し込んでおきましょう↓

小さなお葬式を利用する場合の流れ
  1. 資料請求し葬儀場を選んでおく
  2. 亡くなったら小さなお葬式に連絡
  3. 葬儀社が故人を迎えにくる
  4. 葬儀社と打ち合わせし内容を決める

分からないことはカスタマーセンターに電話で聞いてください。24時間受け付けています。

まとめ

小さなお葬式経由でベルコが利用できるかは地域によります。ただ、提携していない可能性もあるため、小さなお葬式に資料請求して確かめてみてください。

資料請求しても営業の電話など一切ありません。3万円の割引も受けられるため、小さなお葬式の費用がさらに安くなります。

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)