ネットで葬儀社を探す注意点と納得いく葬儀屋を見つけるコツを紹介

インターネット 葬儀

パソコンやスマホの普及が進み、今はインターネットで葬儀社を探す人が増えてきました。

自宅に居ながら相談したり見積りが取れるのは便利ですが、ネットならではのデメリットがあるので注意が必要です。

そこでここでは、インターネットで葬儀社を探す注意点について詳しく書きました。

ネットをうまく利用することで葬儀費用を抑えたり安心して任せられる葬儀社を見つけることができるので、この記事を参考にうまく探してみてください。

インターネットで葬儀社を探す注意点

インターネットで葬儀社を探す注意点

①WEBサイトだけだと葬儀代が分かりにくい

WEBサイトに料金プランやパックプランなどを記載してる葬儀社が多いですが、その金額でお葬式することはほぼ無理です。

葬儀というのは実際に行わないと分からない変動してしまう費用があり

  • 安置施設の利用料
  • ドライアイス
  • 故人の搬送

これらの項目は葬儀しないといくらになるか分かりません。

安置施設の利用やドライアイスは1日毎に料金が掛かる葬儀社が多く、故人の搬送にしても基本料金+移動した距離を請求するところが多いです。

他にも式場(斎条)は利用する所によって金額が変わるので、プラン料金に含めていない葬儀社もあります。

ですので、見積りを取らないと正確な金額は分からないという事を覚えておいてください。

※WEBサイトに見積り例として金額を載せている葬儀社も多いですが、かなり安く見せていることが多いのであまり信用しない方がいいです。

②ネットだけだと葬儀社の人柄が分からない

満足のいくお葬式をするためには「葬儀社の対応次第」と言っても過言ではありません。

対応の悪い葬儀社を利用した人の口コミを見ると

  • 言葉使いが悪かった
  • 不親切だった
  • 説明不足なことが多かった
  • 伝えたことを忘れられてた
  • 対応が遅かった

スタッフの対応が悪く「他の葬儀社にしておけばよかった」と後悔されている人も多いので、気になる葬儀社が見つかったら対面でも相談しておくことをおすすめします。

ネットを使った葬儀社の探し方

ネットを使った葬儀社の探し方

インターネットを使った葬儀社の探し方は3つあります。

  1. 検索して地元の葬儀社を探す
  2. 複数の見積りが一括で取れるサービスを利用する
  3. 格安葬儀社を利用する

それぞれの特徴とうまく利用する方法を書いたので参考にしてみてください。

①検索して地元の葬儀社を探す

GoogleやYahooなどで検索すると地元にある葬儀社を簡単に見つけることができますが、Googleで検索することをおすすめします。

Googleの検索フォームはこちら↓
https://www.google.com/

なぜなら、Googleの検索フォームに「葬儀社名」を入れることで、その葬儀社の評判が分かるからです。

葬儀社の口コミ

大手の葬儀社だと「葬儀社名」だけでは評判が出ないこともあるので、その場合は「葬儀社名+会館名」を入れてください。

※大手の葬儀社は自社の式場(会館)を複数持っている所が多いので式場別に評価がされています。

評判が良い葬儀社だと口コミが付いている所が多いので是非活用してみてください。

あとは、気になる葬儀社が見つかったら「見積り依頼」+「対面で相談」もしておきましょう。

見積りを取った後にする事

見積りを取ったら「この見積り以外に必要な金額はありますか?追加料金は掛かりませんか?」と質問してください。ここで話を濁すようならその葬儀社はやめておきましょう。親切な葬儀社ならしっかり応えてもらえます。

②複数の見積りが一括で取れるサービスを利用する

一回の資料請求で複数の見積りが取れる「葬儀の一括見積サイト」は、短時間で費用の比較をするのに向いています。

葬儀の一括見積りサイトの仕組み

「一括見積りサイト」には様々な葬儀社が登録されており、資料請求することで希望する地域の葬儀社から見積りが届く仕組みです。(2~3社くらいの見積りが届きます。)

基本は入力フォームを使って資料請求を行いますが、より具体的な見積りを作るため電話やメールでのヒアリングも行ったりします。

見積りが届いたら葬儀社から連絡があり、見積り内容の説明や疑問点の確認、より具体的な見積りを作るためのヒアリングなどを行います。

一括見積りサイトを使ったからといってその葬儀社を利用する必要はなく、費用の相場を調べるために活用するだけでも大丈夫です。

一括見積りサイトは24時間電話相談できる所が多いので、分からない事を聞きながら見積りを作ることもできます。(利用は無料です)

一括見積りサイトは色々な会社が運営していますが、運営母体がしっかりしている所を利用するのがおすすめです。

評判が良い葬儀社を紹介してくれる一括見積サイトは「比較におすすめ!葬儀一括見積もりの注意点と評判が良いサイトを紹介」に書いてあるので参考にしてみてください。

それぞれの会社の特徴や利用した感想も一部載せています。

葬儀一括見積もり

比較におすすめ!葬儀一括見積もりの注意点と評判が良いサイトを紹介

2019年5月5日
喪主男

葬儀の一括見積サイトから紹介される葬儀社の費用はそこまで高くありません。理由としては高いと利用される確率が減ってしまうので、各社適正価格で見積りを作る所が多くなっています。

ただし、最初に作った見積りだと足りない項目があるかもしれないので、見積り以外に掛かる費用がないか確かめておいてください。

また、気になる葬儀社とは対面でも相談し、スタッフの対応などもしっかり確認しておきましょう。

③格安葬儀社を利用する

格安葬儀社とは「葬儀一式に掛かる費用」が格安のセットプランで利用できるので、普通の葬儀社に依頼するよりも安くお葬式することができます。

※代表的な格安葬儀社だと「小さなお葬式・よりそうのお葬式・イオンのお葬式」の3社が有名

それぞれのWEBサイトには火葬式・一日葬・家族葬・一般葬の利用プランが記載されていますが、この料金には葬儀一式の物しか含まれていないので、食事や返礼品・僧侶を手配するには別途お金が掛かります。

しかし、総額の50%~80%を占める葬儀一式の費用が相場の約半分くらいなので、追加オプションを利用しても安くお葬式できるのが特徴です。

葬儀費用の仕組み

葬儀代は

  1. 葬儀一式の費用
  2. 食事や返礼品の費用
  3. 僧侶のお布施

この3つが合わさって総額になります。

葬儀一式の物とは、祭壇・骨壺・遺影・ドライアイス・式場費・人件費・火葬料金・搬送費などにあたり、葬儀代の50%~80%と大部分を占めています。

食事や返礼品などは参列者をおもてなす費用で、総額の10%~30%を占めています。参列者が多くなるほど費用が掛かる項目です。

僧侶のお布施はお寺や依頼する所によって大きく費用が変わります。全国のお布施の相場は40万前後ですが、格安葬儀社から僧侶を手配すれば16万以下と安く供養してもらえます。

格安葬儀社の仕組みとうまく利用する方法

格安葬儀社は全国様々な場所の葬儀社と提携しています。

資料請求することであなたが住む町の葬儀社のリストが届くので、その中から利用したいところを選んでお葬式する仕組みです。

格安葬儀社を通して葬儀を依頼することで、格安のセットプランが利用でき葬儀代を抑えることができます。

喪主男

過去に格安葬儀社(小さなお葬式)を利用したことがありますが、普通のお葬式と特に変わりませんでした。安いからと言って対応が雑になるわけでもなく、しっかり対応してもらえます。

その時の感想や掛かった費用については「小さなお葬式にクレームや最悪と言う口コミがあるが体験して思った事」で紹介しています。

格安葬儀社のデメリットとしては葬儀の打ち合わせは亡くなった後に行うので、利用する葬儀社の評判やオプションの内容を調べておく事が大切です。

資料請求することで利用できる葬儀社のリストとオプションの詳細が載ったパンフレットが届くので、よく確認しておきましょう。

事前にしっかり準備しておく事で納得いくお葬式ができるので、葬儀代を抑えたい方は格安葬儀社も候補として検討してみてください。

納得いくお葬式にするには事前の準備が大事

お葬式で重視されるのは「葬儀社の対応」と「葬儀費用」の2つで、どちらも事前に準備しておく事で納得のいくお葬式ができます。

葬儀費用については価格が不透明でとても分かりずらいですが、見積りを取りしっかり相談しておけば費用が膨れ上がる心配もありません。

できるだけ価格を抑えたいなら格安葬儀社も候補の1つとして検討し、普通の葬儀社と料金を比べてみてください。

葬儀社の対応についても納得いくお葬式をするための重要ポイントなので、気になる葬儀社とは1度対面で相談し、スタッフの雰囲気を確認しておきましょう。

亡くなってから葬儀社を探すと高額になりやすい&慌ただしくなる

何も準備しないと亡くなってから大変ですし、費用も高くなることが多いです。

病院で亡くなると早めに葬儀社をお呼びくださいと言われるので、急いで探さなければなりません。

ここで病院から紹介される葬儀社を利用する人もいますが、そういった所は病院に広告費を払っているので費用も高くなりがちです。

あとは、亡くなってからだと比較検討も十分にできません。

スタッフの対応や人柄など見ることができないので、どんな葬儀社に当たるかは運しだいになります。

事前に準備しておけば亡くなってからの打ち合わせもスムーズに行えますし、バタバタせず故人ともゆっくり過ごす時間が取れます。

まとめ

インターネットで葬儀屋を探す方法や注意点を紹介しましたが、大切なのは事前にどれだけ準備できるかです。

「葬儀の費用」「スタッフの対応」を調べておく事が納得いく葬儀ができるポイントなので、早いうちから準備し、いざという時のために備えておきましょう。

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)