3回忌の法要のお布施相場とそれ以外にかかる費用は?実際の3回忌の詳細を紹介します!

3回忌の法要のお布施相場
葬儀費用を安くする方法

3回忌の法要のお布施代とその他にかかる費用について、今回は実際に行った3回忌を元にお話しいたします。

ちなみに、今回の3回忌でかかった費用はトータルで16万くらいかかりました。では、その詳細をご覧ください。

3回忌法要のお布施はいくらくらいが相場?

ネットで調べると大体1万円~5万円くらいまでが相場になるようです。なので3万円くらい包むのが平均くらいになるかと思います。

ちなみに、私が行った3回忌のお布施代は5万円をお包みしました。お布施代を4万、ご膳料を1万として合計で5万円になります。

※法要後、お坊さんとお食事に行くのが一般的と言われているのですが、お坊さんを食事に呼ばない場合はご膳料をお渡しします。

あくまで一般的と言われているだけなので、ご膳料込みで3万円程お渡しすればいいかと思います。

お供物+お花代

お供物は亡くなった方へお供えするもので、お菓子や果物などを用意するのが一般的。お花は、左右に1つずつ飾る物となります。

今回わたしは5000円の果物を東武デパートで購入し、お花はお寺で手配してもらい6000円かかりました。

お花屋さんで購入すればもっと安いと思います。

返礼品(寸志)代金

来ていただいた方へお礼としてお渡しするものになります。今回は佃煮をデパートで購入しました。

1人1つではなく、一家族に1つ用意しましたので、佃煮1600円×5家族分で8000円がかかりました。

3回忌法要後の会食(食事)代金

叔母の知り合いが経営しているお店でいつも会食をしており、1人6000円+飲み物代がかかりました。

11人分+飲み物代で9万円なので、ちょっと高いと思います。

ちなみに食事はしなくても問題ありませんが、食事の変わりに「粗飯料」をお渡ししても構いません。

お蕎麦屋さんやお寿司屋さんなどで行っても問題なく、費用も一人3000円くらいで収められるかと思います。

※食事代は人数を呼べば呼ぶほど高くなりますが、来ていただいた方に香典を頂くことがほとんどなので、マイナス出費はそこまで大きくないと思います。

こんなに費用がかかるなら3回忌なんてやらなくてもOK?

やらなくて全然OKです!

お坊さんいわく1周忌もやらない人が多い世の中だと言ってました。やっても家族だけとか、親戚よんでやる事が少なくなっているみたいです。

ちなみに私はやりたくない派で、できるなら3回忌もやりたくなかったですが、親戚や母親が許さないのでとりあえずやりました。(ちなみに今回の話は私の親父の3回忌になります)

自分はやらなくても良い!っと思いますが、故人を知る人はやってほしいと言う人も多いので、自分だけの都合でやらないのもダメなのかなと思います。

お金がなければ、お布施は1万、食事もなしにして返礼品だけ用意するなどでもいいのではないでしょうか?

故人を思い出す機会が3回忌だと個人的には思います。

まとめ

今回紹介した3回忌法要のお布施相場やその他の費用は高いです。

人を呼ばず、こじんまりとやればそれほど高くもありません。個人的には法要行事は好きではないですが、3回忌くらいまではしっかりやった方がいいのかなと思います。


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)