どっちがいい?「お坊さん便」と「てらくる」を徹底比較!

どっちがいい?「お坊さん便」と「てらくる」を徹底比較!

葬儀や四十九日・一周忌の法要などにお呼びするお坊さんを手配できる「てらくる」と「お坊さん便」

  • 檀家にならずに済む
  • 1回1回の付き合いなので楽
  • お布施の金額が安い

などの理由から、今人気を呼んでいるお坊さん手配サービスです。

今回は「てらくる」と「お坊さん便」の料金やサービス内容などを比較してみました。

法要の料金とサービス内容を比較

四十九日や一周忌法要でお坊さんを手配する際のサービス内容と金額の比較表になります↓

てらくる お坊さん便
金額 45,000円 35,000円(※1)
宗派の指定
交通費
お膳料
心付け
本位牌開眼
仏壇開眼
仮位牌引取り・お焚き上げ
墓石開眼
納骨供養
対応地区 全国 全国

「てらくる」も「お坊さん便」も法要サービスの内容に関して変わりはありません。ただし、お坊さん便の方が費用は1万円安くなります。

(※1)お坊さん便の費用は初めての方に限り3万5,000円、2回目以降だと4万5,000円になります。(申し込む際に「初めて利用」「2回目」と言った選択項目があるので間違えないでください。)

宗派に関して

2社とも宗派の指定が可能で「浄土真宗(西・東)、臨済宗、真言宗、曹洞宗、浄土宗、日蓮宗、天台宗」から選ぶことができます。

※「てらくる」に関しては神道、キリスト教の手配も可能です。

戒名は別料金で授与ができる

戒名に関しては2万円~授与できます。どちらの会社も価格は同じでした↓

てらくる お坊さん便
信士・信女、釋・釋尼 20,000円 20,000円
居士・大姉、院信士・院信女 60,000円 60,000円
院日信士・院日信女、院釋・院釋尼 160,000円 160,000円
院居士・院大姉 200,000円 200,000円

※戒名は付けるランクによって価格が変わります。

追加費用に関して

2社とも追加費用は一切不要です。しかし、移動がある場合は1万円の費用が掛かる可能性があります。(自宅から離れたお墓に移るなど)

移動する可能性がある場合は事前に問い合わせ費用の確認をしてください。

「てらくる」のアピールポイント

「てらくる」のアピールポイント

「てらくる」は同日中であれば複数の法要にも+15,000円で対応してくれます。

例えば、祖父の三回忌と母の一周忌をまとめて行った場合『45,000円+15,000円=60,000円』になります。

複数の法要をするなら「てらくる」がおすすめです。

⇒「てらくる」の申し込みはこちら

「お坊さん便」のアピールポイント

「お坊さん便」のアピールポイント

「お坊さん便」は初回利用者なら3万5,000円と安いので、費用を抑えたいなら「てらくる」がおすすめです。

公式サイトには見やすい料金表や法要の流れも書いてあります↓

⇒「お坊さん便」の申し込みはこちら

葬儀の料金とサービス内容を比較

「てらくる」と「お坊さん便」をお葬式で利用する場合の料金と読経内容を比較しました↓

てらくる お坊さん便
火葬式 55,000円 55,000円
1日葬 85,000円 85,000円
一般葬・家族葬 160,000円 160,000円
戒名の授与 2社とも戒名込みの金額

どちらも料金は一緒になります。

読経の内容も同じです↓

火葬式 1日葬 一般葬・家族葬
お勤め日数 1日 1日 2日
通夜式読経
告別式読経
式中初七日読経
炉前読経
戒名授与

葬儀に関しては2社に違いはないので、お好きな方を選べばいいかと思います。

まとめ

法要(四十九日や一周忌)に関しては「お坊さん便」に軍配が上がりました。法要のサービス内容は同じだけど金額が1万円程「お坊さん便」の方が安いため。

お葬式に呼ぶお坊さんに関しては両社ともサービス内容・金額ともに変わらないので、どちらを選んでも良いと思います。

⇒「てらくる」の申し込みはこちら

⇒「お坊さん便」の申し込みはこちら

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)