【男性版】喪服と礼服の違い?訳分からんから簡単に説明してみる!

【男性版】喪服と礼服の違い?
葬儀費用を安くする方法

礼服と喪服の違いがよく分からなかったので、徹底的に調べてみました。

難しい説明はせず、簡単に「礼服と喪服の違い」について説明しますので参考にどうぞ!

【男性版】礼服と喪服の違いとは?

【男性版】礼服と喪服の違いとは?

こちらの写真は【喪服】ですが、ネクタイを変えれば【礼服】になります。

超ザックリですが男性の場合、黒いスーツなら喪服&礼服として使いまわすことが可能なのです。

なので

「礼服を用意しないと」

「喪服を用意しないと」

言ってる言葉は違うけど、どちらも同じ服を用意することには変わらないのです。ただ単にネクタイの色を変えるだけ。喪服なら黒いネクタイにすればOKってわけですね!

※ただしシンプルな黒いスーツにして下さいね。

冠婚葬祭(結婚式・成人式・お葬式・法要など)は、1着の黒いスーツがあれば全てに使えるので男性はラッキーです。
※女性だと礼服と喪服は別になるので、出費も多くなります。

本来「喪服」にも色々あるけど

一言に喪服と言っても、「正喪服」「準喪服」「略喪服」と色々あるのですが、今は「略喪服」を着るのが一般的となっています。

「略喪服」とは、先ほどの写真の黒スーツになります。

喪主を務める時に着る喪服、親族が亡くなった時のお通夜や告別式に着る喪服と、それぞれに合わせて「正喪服」「準喪服」「略喪服」を使い分けるのが正しいマナーとなっています。

ただし、先ほども言ったように「略喪服」が一般的となっているので、葬儀や法要の喪服は「略喪服」さえ着ていれば問題ないですよ!

↓先ほども載せた下記の画像が「略喪服」

【男性版】礼服と喪服の違いとは?

祝い事の時に着る「礼服」にも色々ある!

結婚式や成人式などの祝い事の時に着る「礼服」は、それぞれのシーンによって着る物を替えた方がいいです。

礼服には「正礼服」「準礼服」「略礼服」「平服」とあり、通常なら「略礼服」=黒いスーツを着れていればいいですが、結婚式のお嫁さんのお父さんはモーニングを着ることが多いです。

※このサイトは葬儀関連のサイトなので、詳しくは他サイトを参考に。

まとめ

喪服と礼服の違いはこれで分かったでしょうか?

とりあえず、黒いシンプルなスーツを買えば祝い事・葬式や法要などに使えることを覚えておけばOKです。

この記事を書くにあたり、ネットで「喪服と礼服の違い」を調べたのですが、何だか分かりずらいサイトばかりでした。

ただ、マナーをより良くしたいと思うなら、一度詳しく調べて見ても良いかと思います。


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)