家族葬とは?流れや準備の詳細、メリット・デメリットも合わせて紹介します。

家族葬の流れと準備の詳細!メリット・デメリットも合わせて紹介します。

最近は「家族葬」でお葬式を行う方が増えてきましたが、まだ認知度は低く「家族葬」について詳しくない人の方が多いかと思います。

この記事では

  • 家族葬とは一体どんな葬儀なのか?
  • メリットやデメリットは?
  • 家族葬の流れや準備は?

と言った内容について詳しく書きました。

葬儀知識ゼロの人でも分かるよう詳しく書きましたので参考にしてください。

家族葬とはどんな葬儀?一般葬や火葬(1日葬)だけの葬儀と何が違うの?

家族葬とはどんな葬儀?一般葬や火葬(1日葬)だけの葬儀と何が違うの?

家族葬と聞くと「家族だけで行う葬儀」と考える方もいらっしゃいますが、家族だけでなく友人や親せきを呼んでも問題ありません。

家族葬と言う言葉ではありますが「親しい人だけを呼んだお葬式」のことを家族葬と呼びます。

昔はなかった言葉ですが、今では葬儀社で「家族葬プラン」を用意するのが当たり前となってきました。

どの葬儀社も一般葬より安い金額で葬儀が行えるようになっています。(家族葬の葬儀規模は数人~30名程度)

家族葬は一般葬・火葬式(1日葬)と何が違うの?

この違いを説明するにあたり、一般葬と火葬式(1日葬)についてまずはご覧ください。

一般葬とはお通夜と告別式があり最後に火葬をする2日間に渡ったお葬式の事を指します。

家族葬 流れ

1日目の夕方にお通夜があり、2日目の午前中に告別式をし、最後は火葬して終わります。

 

続いて火葬式(1日葬)とはお通夜がなく告別式だけ行った1日のみのお葬式の事を言います。(告別式もやらない場合は火葬だけを行う「直葬」と言うお葬式になります。)

1日葬の流れ

これら2つのお葬式を家族だけ(親しい人だけ)で行えば「家族葬」と呼ばれる葬儀になります。

どんな葬儀であれ、家族だけ(親しい人だけ)で行う葬儀のことを家族葬と読んでいるのです。

一般葬よりも家族葬の方が葬儀費用が安くなるのは、葬儀会場の規模が小さくできる、食事の費用が抑えられる、即返しの品も少なく済むからになります。

家族葬の流れ

家族葬の流れ

一般的な家族葬はお通夜や告別式もある2日間の葬儀を想定したプランとなっているので、その流れを詳しく紹介します。

葬儀の流れだけでなく、家族葬ならではの注意点も踏まえて書きました。

1:誰を呼ぶのかを決めておくこと

どこまで人を呼ぶのかを慎重に話し合ってください。親戚でも、故人の兄弟までにするのか従兄も入れるのかなど事前に決めておいた方がいいです。

「亡くなる前から決めるのは不謹慎では?」と思うかもしれませんが、いざ亡くなってからですと時間が少なすぎます。

葬儀の準備など色々と忙しいので、ある程度は呼ぶ方を決めておいて下さい。また、声がけをするべき相手の範囲は故人の遺志を尊重しお呼びしましょう。

2:葬儀社をあらかじめ決めておく事

葬儀社も事前に調べて決めておいた方がいいです。地元の葬儀社でしたら伺って話を聞いたり、ネットから申し込む葬儀社なら資料請求などを済ませておきましょう。

また、知りたいことは全て質問しておいた方が後々トラブルもなく葬儀が行えます。

金額についてもよく確認をしておいてください。どんな追加費用が掛かるかなども聞いておくことをおすすめします。

3:亡くなってから

お亡くなりになったら、まず葬儀社に連絡をし迎えに来てもらいます。自宅か葬儀社の安置所にご遺体を安置しなければならないので、これも事前に決めておきましょう。

4:葬儀社と打ち合わせ

葬儀の日程や料理の種類などの打ち合わせを行います。打合わせの後は、葬儀にお呼びする方に連絡をしてください。

香典や供花を辞退する場合は、連絡の際に伝えておきましょう。

5:お通夜

基本的には夕方からお通夜を開始します。お焼香を済ませたら食事をして解散です。

6:告別式&火葬

基本的には午前中に告別式を行い、その後に火葬を行います。火葬した後は葬儀場へ戻り「精進料理」を食べて解散となります。

家族葬の流れは大体このような感じです。葬儀中の進行は葬儀スタッフが親切にアドバイスしてくれるので、特に心配することもありません。

大切なのは「1:葬儀に呼ばれる方を決めること」「2:葬儀社を決めておく事」なので、できるだけ早くから準備しておくことをおすすめします。

家族葬のメリットやデメリットは?

家族葬のメリットやデメリットは?

メリット

  • 葬儀の費用が安い
  • 故人をゆっくり見送ることができる
  • 葬儀に呼ぶ方の連絡が少ない
  • 弔問客の対応に追われない
  • 香典の後返しなどの手間が少ない

家族葬だと葬儀費用が安くなりやすいです。お花のオプションを付けない、食事費用も少ない、お坊さんも手配しなければ何十万と費用は安くなります。

あとは親しい人達だけなので気疲れする心配もなくゆっくり故人とお別れできます。意外に手間がかかる香典の後返しも人数が少なければとても楽です。

デメリット

  • 親戚などに家族葬を反対される場合がある

家族葬に対する親戚の不満は出るかもしれません。それは残された家族とよく相談したうえ、お呼びする方を決めてください。

まとめ

ゆっくり故人とお別れをしたい、葬儀費用を抑えたい、と言った方に家族葬はおすすめです。

私が喪主を務めた一般葬なのですが、忙しすぎてご飯も食べられなかったですしゆっくり故人と過ごす時間もありませんでした。

最後の時間なので、ゆっくり過ごしたいなら家族葬を選んでみて下さい。

家族葬の葬儀費用なのですが、こちらの記事で詳しく紹介しています↓

家族葬の費用相場はいくら?葬儀屋3社を比較してみた。

2018.05.21

インターネットで申し込む3社の葬儀社の金額を比較しているので、葬儀費用の参考にしてみてください。

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)