白木位牌や本位牌の違いとは?また位牌の価格・処分のやり方を紹介!

位牌
葬儀費用を安くする方法

位牌とは、簡単にいうと故人の魂が入ったお札です。

位牌には白木位牌と本位牌があり、白木位牌は一定の期間を過ぎたら処分しなくてはなりません。

そんな2つの位牌の違い、そして価格や処分の方法、位牌についての知識を、今回は詳しく説明しますので参考にして下さい。

白木位牌と本位牌の違いは?

白木位牌と本位牌の違いは?

まずは白木位牌と本位牌の違いについて説明します。

白木位牌はお葬式から49日後まで使われる位牌で、その後は本位牌を使うのが一般的です。

白木位牌から本位牌に変更する際は、お坊さんに開眼供養をしてもらいます。(魂を移し替える儀式みたいなものです。)

白木位牌はお葬式を行えば大体付いていると思いますが、購入する事も可能です。

本位牌は四十九日の法要までに自分で用意します。(購入方法は後程ご説明します)

本位牌を四十九日の法要の時までに用意しなくてはいけないのか?

基本的には四十九日の法要までに本位牌を用意するのですが、絶対ではなく、1周忌の法要の時に合わせても構いません。

これと言った決まりもなく、遺族の都合に合わせて問題ないです。

本位牌は必ず必要なのか?

また、本位牌が必ず必要なのかについてなのですが、これも無ければ無いで問題ありません。

普通ならお家に仏壇を置き、そこに本位牌を置きますが、今の時代仏壇を置く家庭も減ってきました。

必用でないなら無理して用意しなくても問題ないです。

位牌には戒名を入れなくてはだめ?本名でもいいのか?

普通なら位牌には戒名(お坊さんに付けて頂いたお名前)を入れるのですが、戒名がない場合は本名を入れても大丈夫です。

本名の後に「霊位」「位」などと付けることで、戒名と同じように扱うことができます。

白木位牌の処分の方法

白木位牌を本位牌に変える際、お坊さんに白木位牌を処分してもらうのが一般的ですが、様々な理由で白木位牌だけ手元にあるなんて事もあります。

白木位牌の処分の仕方は、1つ目が近くのお坊さんに頼んで処分してもらう、2つ目が自分で処分してしまう方法です。

「自分で処分するのはちょっと」っと思う方もいらっしゃいますが、お坊さんにお渡ししても処分の仕方は一緒です。

昔はお焚き上げといって、燃やして処分していたのですが、今は法律により焼却することができず産廃業者に渡しています。

※お坊さんにお願いする場合はお布施も必要ですので、遺族の供養する気持ちがあれば自分で処分してもいいのではないかと思います。

本位牌の種類について

白木位牌は1種類だけですが、本位牌には3つの種類があります。

1つ目が黒塗り(漆)に金の装飾が施された「塗位牌」

2つ目が黒檀や紫檀を素材とした硬度の高い木を用い、木目を残した位牌「唐木位牌」

3つ目が上部が箱型になっていて、複数の札板を納められる「回出位牌(くりだしいはい)」

塗位牌と唐木位牌の違いは?

2つの違いなのですが、塗位牌は黒い漆と金色の装飾でギラギラしています。唐木位牌は木目をいかしたシックなデザインです。

価格も同じぐらいなので、好みで選べばいいと思います。

位牌

複数の位牌をまとめるなら「回出位牌(くりだしいはい)」

回出位牌(くりだしいはい)は、複数の位牌をまとめたい方におすすめです。

▼木札が下記のように収まるようになっています。(木札には戒名を入れます)

回出位牌

塗位牌や唐木位牌よりも少しお値段は高いです。

本位牌の価格はどれくらい?

本位牌の価格なのですが、ピンキリで用意されています。

安い物だと5000円くらいから、高いと10万くらいするものまであります。

本位牌を探すと大体1万から3万くらいが相場ぐらいです。(※位牌に入れる文字入れ料金も含め)

本位牌の購入の仕方なのですが、今はネットで沢山の種類が売っています。

私も本位牌をネットで購入しました。こちらのサイトで2万円(一番人気の本位牌)の物を購入⇒「小さなお仏壇

アマゾンでも売っており、大体1万円くらいの物が良く買われています⇒アマゾンで本位牌を探す

※安い物で良いと思いますが、あまり安すぎると木が変形する事もあるようなので注意して下さい。

まとめ

位牌について説明しましたが分かりましたでしょうか?

今回、位牌について色々説明しましたが、個人的には必要ないと思っています。

私の家には仏壇がなく(買える余裕がない)、亡くなった親父もこういった物に興味がなかったので、無くてもいいやと思っているのですが、やはり周りが納得しないです。

ですので、仏壇は買わなくとも、本位牌だけは用意した方が良いと思います。


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)