墓じまいの手続きや流れを簡単に説明します。

墓じまいの手続きや流れを簡単に説明します。

墓じまいの手続きを簡単にまとめました。

必用書類が多く手間もかかるため、墓じまいをするなら専門の業者に依頼した方が楽ではあります。墓じまいの専門業者のリストはこちら⇒【全国対応】墓じまい(改葬)の業者リスト

墓じまいの手続きや流れ

墓じまいの手続きや流れ

受入証明書を発行してもらう

ご遺骨を移す先のお寺や管理者から受入証明書(使用許可書)を発行してもらってください。

改葬許可申請書をもらう

現在埋葬されているお墓の市区町村役場に行き、改葬許可申請書をもらい必要事項を記入しておきます。

主な記入項目は、亡くなった方の本籍や住所・火葬した場所や年月・改葬理由や改葬先など。
※地域により項目が若干異なります。

埋葬証明書(納骨証明書)をもらう

現在埋葬されているお墓の管理者から埋葬証明書(納骨証明書)をもらってください。

改葬許可証をもらう

受入証明書、改葬許可申請書、埋葬証明書に必要事項を記入したら、現在埋葬されているお墓の市区町村役場に行き改葬許可証をもらってください。

改葬許可証をもらうのに、戸籍謄本、遺骨の死亡年月日がわかる戸籍謄本、申請者の住所が分かる物が必要になる場合があります。

魂抜き(閉眼供養)を行う

お墓から遺骨を取り出すには、お坊さんによる魂抜き(閉眼供養)の儀式を行う必要があります。

お墓を取り壊し更地にする

石材店に依頼しお墓を取り壊し更地にしてもらいます。

改葬許可書を提出する

移転先に遺骨を納めるため移転先のお寺や管理者に改葬許可書を提出します。

墓じまいの手続きは以上で完了です。

必要書類・魂抜き・お墓の取り壊しなどにかかる費用は『墓じまい(改葬)の費用や相場はいくら?』をごらんください。

墓じまいの手続きは意外と面倒

墓じまいの手続きは意外と面倒

改葬許可証を手に入れるまでに戸籍謄本を集めたり必要事項を記入したりと面倒な手続きが多く、個人で進めるとなると少し大変です。

遺骨の数だけ申請書も必要ですし、かなりの分量を用意・記入したりと手間がかかります。

石材店の手配もご自身で行うとなると墓じまいを個人で行うにはそれなりの労力が必要です。

墓じまいの専門業者に依頼すると手間とお金が浮く

墓じまいを専門に行う業者が増えており、書類代行・石材店の手配・遺骨の取り出しなどがセットで販売されています。

価格も平均相場より安く、遺骨先の手配(永代供養や海洋散骨)を行う業者もあります。

全国対応してるので、一度見積もりを取り確認してみるのもおすすめです。(見積もりは無料)

墓じまいの専門業者のリストはこちら⇒【全国対応】墓じまい(改葬)の業者リスト


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)