墓じまいのあと永代供養する費用はどれくらいかかるの?

「小さなお葬式」を利用する心構え
  • 仕事が忙しくお墓に行けない
  • 子供達に金銭的負担を負わせたくない

などの理由で「墓じまい」をする方が年々増えてきました。

墓じまいのあとは費用がかからない(または少額の費用で済む)永代供養や海洋散骨などを選ばれる方が多いですが、実際どれくらいの金額がかかるものなのか?

今回は墓じまいと永代供養をした場合の費用について詳しく書きました。

墓じまいの費用はどれくらい?

墓じまいの費用はどれくらい?

墓じまいにかかる費用相場は20万~50万くらいです。

  • 墓じまいに必要な行政書類:数千円
  • お墓から魂を抜く儀式「魂抜き」:2万~5万
  • お墓を離れる場合に渡す「離檀料」:3万~10万
  • お墓を解体し更地にする作業:10万~40万

ただし「離檀料」と「お墓の解体&更地処理」は高額になる場合があります。

墓じまいの詳しい費用は「墓じまい(改葬)の費用や相場はいくら?」を参考にしてください。

永代供養の費用はどれくらい?

永代供養の費用はどれくらい?

永代供養もいくつか種類があり、安いと10万~、高いと100万円くらいかかる場合があります。

まず安い永代供養とは初めから合祀(ごうし)をしてしまう場合です。合祀とは他の方のお骨と一緒にしてしまう方法で10万~20万くらいが相場になります。

次は一定期間お骨を骨壺に入れて管理してもらう永代供養の方法で、この場合は30万~60万くらいが相場です。※ただし、一定期間が過ぎたら合祀されます。(この期間はお寺によりけり)

あくまで相場なので、もっと安い所、もっと高額なお寺があります。

永代供養を扱ってるお寺の探し方

近所のお寺に1つ1つ確認する方法が1つ。あとは親戚や知人に永代供養をしてる方がいないか聞くのはおすすめです。

数はさほどおおくないですが、こちらのポータルサイトでお寺を探すことができます⇒お墓探しならもしもドットネット

墓じまいと永代供養の費用を安く抑えるには?

墓じまいと永代供養の費用を安く抑えるには?

墓じまいを安くする方法

墓じまいを安くする方法は墓じまいを専門に行ってる業者に依頼することです。

面倒な行政書類の代行やリーズナブルな価格でお墓の取り壊し&更地処理を行えます。

また、永代供養や海洋散骨などの手配ができる「墓じまい業者」もあり、安い所だと3万5000円~から申し込むことも可能。

こちらの墓じまい業者がリーズナブルでおすすめです⇒ミキワの墓じまい無料見積もりはこちら

※ただし、お寺さんにより墓じまいの業者さんが使えない場合もありますのでご注意ください。

その他、全国に対応してる墓じまいの業者はこちら⇒「墓じまい(改葬)の業者リスト

永代供養を安くする方法

これは先ほど書いた「永代供養を扱っている墓じまい業者に依頼する」か知人や親戚に紹介してもらうのがおすすめです。

永代供養を扱っているお寺さんを探せたとしても価格が高い場合も多いので、上記で説明した方法で探した方がいいかもしれません。

墓じまいと永代供養の費用まとめ

墓じまいし永代供養をするにしても、それなりにお金はかかると思います。

大体100万ほどはかかると思うので、一度じっくり考えてから行った方がいいでしょう。


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)