葬儀費用は補助金(葬祭費)が出るので、ちゃんと申請しましょう!

海洋散骨の費用
葬儀費用を安くする方法

葬儀後に申請すれば補助金が出るって知ってましたか?

私は東京都に住んでいたので、区から7万円の補助金が出ました。ちなみにこれ、申請しないと貰えない仕組みとなってます。

そして全ての人が補助金を貰えるわけではないので、今回はその条件・内容についてご覧ください。

葬儀費用の補助金(葬祭費)について

まず補助金が貰える条件は、故人が「国民健康保険や社会保険に加入していた場合」と「年金を納めていた場合」になります。

では、それぞれの詳細を見ていきましょう。

国民健康保険に加入している場合

故人が国民健康保険に加入していた場合、葬祭費として3万円から7万円の補助金が貰えます。

自治体によって金額が異なり、私が住む東京だと7万円貰えました。

お葬式を行ってから2年以内に申請しないと無効となりますので注意して下さい。

申請に必用な物

  • お葬式の領収書
  • 故人の国民健康保険証
  • 喪主の印鑑
  • 喪主の振込先口座番号

各市区町村の役所に行けば申請できます。

後期高齢者保険に加入している場合も補助金(葬祭費)を貰う事ができます。こちらも3万円から7万円の葬祭費が貰えます。(各市区町村の役所に行けば申請できます。)

社会保険に加入している場合

社会保険の場合は一律5万円の補助金を貰う事ができますが、健康保険組合によっては別途数万円の補助金が出る場合があります。

こちらもお葬式を行ってから2年以内に申請しないと無効になるので注意して下さい。

申請に必用な物

  • お葬式の領収書
  • 故人の健康保険証
  • 印鑑
  • 死亡を証明する事業所の書類

勤務先または所轄の社会保険事務所で申請できます。

国民年金や厚生年金を払っている場合も補助金が出る

故人が国民年金や厚生年金を支払っていた場合、補助金を受け取ることができます。

内容が少し複雑なので、簡単に記載しているサイトを引用いたします。

また最後に、日本年金機構の電話番号も記載しましたので、詳しい詳細はそちらで確認してみてください。

引用元はこちら⇒http://osousiki-j.jp/jigo_manual/sinkoku2.html

国民年金から出るお金

遺族は「遺族基礎年金」「寡婦年金」「死亡一時金」のいずれか1つが受給できます。

申請はお住まいの役所の年金課に必要書類を提出します。

手続きに必要なものは、故人の年金手帳、印鑑、除籍謄本、故人の住民票の除票と遺族年金受給者の住民票、死亡診断書、所得証明などです。

①遺族基礎年金

子供(高校卒業年齢未満)のいる妻、もしくは子供が受けられます。

故人(夫)が年金に加入中で納付期間の2/3以上保険料を納めていて、なおかつ妻の年収が850万円

未満の場合に妻子または子に支給されます。妻が亡くなった夫は請求できません。

② 寡婦年金

子供がいない妻(年収制限あり)が受けられる年金です。

故人(夫)が保険料を25年以上納めていて基礎年金の受給資格があり、どの年金も受けて おらず、妻の婚姻期間が10年以上で夫の収入で生計を維持していた場合に、60~65歳の間、支給されます。

再婚すると受給権利は消滅します。

③死亡一時金

上記の場合以外の遺族が受給できます。

故人が国民年金に3年以上加入し、老齢基礎年金・傷害基礎年金を一度も受けたことがなく、遺族が遺族年金や寡婦年金に該当しない場合に、保険料を納めた年数に応じて一回 (1人)に支給されます。

厚生年金から出るお金

遺族は「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」が受給できます。

申請は、故人が勤務中だった場合、勤務先地区の社会保険事務所か勤務先に依頼します。故人が退職していた場合は、お住まいの社会保険事務所に提出してください。

手続きに必要なものは、 故人の年金手帳または被保険者証、印鑑、除籍謄本、故人の住民票の除票と遺族年金受給者の住民票、死亡診断書です。

①遺族基礎年金

子供(高校卒業年齢未満)のいる妻、もしくは子供が受けられます。

故人(夫)が年金に加入中で納付期間の2/3以上保険料を納めていて、なおかつ妻の年収が 850万円未満の場合に妻子または子に支給されます。 妻が亡くなった夫は請求できません。

②遺族厚生年金

遺族基礎年金とは別に、加入年数、平均月収などによる額が支給されます。

子のない妻、孫、夫、父母、祖父母の場合、条件に当てはまれば遺族厚生年金のみが支給されます。

日本年金機構の問い合わせ先

国民年金と厚生年金から出るお金についての質問は、下記URLに記載している電話番号から問い合わせてください。

http://www.nenkin.go.jp/section/tel/index.html

まとめ

今回は、国民健康保険・社会保険・年金から出る補助金についてご説明しました。

どれも自分から申請しないとお金を受け取る事ができないので、しっかり申請するようにしましょう!


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)