これは知っといた方がいい!葬儀までの流れを詳しく説明!

葬儀までの流れ
葬儀費用を安くする方法

お葬式とは、葬儀が始まってからよりも葬儀が始まるまでの方が大変です。

葬儀屋の手配・日取りの打ち合わせ・香典の品・料理の数・亡くなったことを伝える連絡など、やることが沢山あります。

しかも、少ない日数で行わなければならないので、何も知らないと大変です。

今回は、葬儀までの流れを一通り紹介しある程度の知識が付くよう詳しく書いてあります。

この記事を見れば、葬儀までの流れを慌てることなく進められるはずです!

葬儀までの流れ

葬儀までの流れ

葬儀までの流れを簡単に説明すると次のようなステップになります。

  1. .葬儀を行う葬儀社を探しておく
  2. .亡くなったら葬儀社に連絡する
  3. .葬儀社と打ち合わせをする

この3ステップが葬儀までの流れとなります。では1つ1つ詳しく説明しますのでご覧下さい。

1.葬儀を行う葬儀社を探しておく

葬儀を行う葬儀社は、あらかじめ決めておくと焦らないですみます。

例えば病院で亡くなった場合、数時間で病院からご遺体を移さなければなりません。

病院にはご遺体を安置する霊安室があるのですが、数が少ないです。(私の親父が亡くなった病院は2つしかありませんでした。)

ですので、早めに病院から移動させるためにも、葬儀社を決めておく必要があります。

もし葬儀社を決めていなかった場合は病院から紹介してくれます。

病院と提携してる葬儀社があるので、何も決めてなくても問題はないのですが、葬儀の費用は高くなる場合があるので注意して下さい。

病院と提携してると言っても、葬儀社が病院にお金を払って集客をしています。

集客費を出してる分、その費用は葬儀代に反映されるという訳なので、安く葬儀を行いたい方は自分で決めておいた方がいいでしょう。

よく耳にするのが、さがみ典礼という葬儀社は病院と提携していると聞きます。

2.亡くなったら葬儀社に連絡する

「亡くなったら葬儀社に連絡する」のですが、これは病院にいた場合です。

病院にいた場合、医師に死亡診断書を書いてもらってから葬儀社を呼ぶことになります。

仮に自宅で亡くなった場合、かかりつけの医師がいるなら来てもらい死亡診断書を書いてもらいます。

そしたら葬儀社に連絡してください。

関連記事:自宅で亡くなった場合どうすればいいのか?

 

では、病院で亡くなった場合、この先どうしたらいいかを説明します。

医師に死亡診断書を書いてもらい、その後葬儀社に連絡をします。

自宅か葬儀社のどちらかに安置するかを聞かれますので、お好きな方を選び伝えて下さい。数時間、早いと数十分で葬儀社の迎えが来ます。

  • 自宅安置の場合、布団1枚のスペースがあれば安置出来ます。
  • 葬儀社に安置する場合、事前に確認してください。葬儀社に安置場所がない場合もあります。

3.葬儀社と打ち合わせ

故人を安置したら葬儀社と打ち合わせをします。

死亡診断書やハンコなど必要なものを言われるのですが、生前から用意しておくと慌てずにすむものがあります。

それは「遺影写真」です。

免許所でも大丈夫ですが、免許所もなく写真も無いとどうしようもありません。

ですので、生前から遺影写真を用意しておくと慌てずにすみます。

遺影写真以外は、すぐ揃えられるものばかりなので説明は省きます。

火葬日の予約とお坊さんの手配

まず、火葬日とお坊さんの手配をします(※お坊さんを呼ばない場合は、火葬日だけ決めます)。

火葬場の空き具合とお坊さんの都合を聞き火葬日を決めます。

火葬日が決まれば、前日がお通夜・火葬する日が告別式になります。

お通夜の料理を決める

お通夜をする場合、通夜振る舞いに出す料理を決めます。

お通夜とは、火葬日の前日夜17:00頃から2時間から3時間程行います。

お焼香をあげてもらい、その後は料理を食べて頂く流れです。

お通夜に来て頂く人数は正確に分からないので、ある程度大雑把に注文します。
(※お通夜の前日・または2日前に正確な注文数を決めます。)

亡くなった事を連絡していない人も来たりするので、少し多めに注文しておくと安心です。

料理はお寿司・天ぷら・漬物・煮物などが大皿に入れられ、各テーブルに置かれる形式が一般的。

火葬を終えてから食べる精進料理

精進料理は火葬を終えてから食べる料理です。

お通夜に来て頂いた方に火葬場へ行くか確認を取ります。来て頂く人数分を注文するので、ロスはありません。

私が行った葬儀屋だと、お通夜の時にある程度の数を注文し、告別式(火葬する数時間前)の時に正確な料理数を注文しました。

※葬儀の前に注文する事はないと思いますが、一応予備知識として書いておきました。

香典返しの品を決める

香典を頂いた方には香典返しをお渡しします。

香典返しの品は、タオルやお菓子・御茶など様々な物があり、500円から数万円と幅広いです。

香典返しの品は渡した分のみ請求されるのが一般的です。

故人の友人や仕事関係・親戚に連絡する

火葬日が決まったら故人の友人・仕事関係・親戚に亡くなったことを連絡します。

故人の友人や仕事関係は、できれば生前に聞いておくといいです。

また、お通夜に来て頂けるのか確認して下さい。通夜振る舞いを何人分注文するかの目安になります。

受付やお花のリストを集めてもらう人を決める

香典を貰う受付と香典返しを渡す受付を親族にお願いします。

香典はお金が絡むので葬儀社の人に頼めないですが、香典返しは葬儀社がやってくれる場合があります。

▼お花とは祭壇に飾るお花のことです。

お花

木の札にお花を頂いた人の名前が書かれます。

お通夜の前日までに、リストをまとめて葬儀屋に渡します。

私が行った葬儀では親戚1人の方にお願いし、親戚関係でお花を贈りたい方を集めてもらいました。

友人関係や仕事関係の人は電話して亡くなったことを伝えた時、相手の方から言われると思います。

葬儀までの流れまとめ

以上が葬儀までの流れになります。

亡くなったことの連絡など色々大変なので、葬儀まで3.4日の時間があると少し余裕が持てて楽ですよ。

今回話した葬儀までの流れで一番大事なのが「お葬式を行う葬儀社を決めておく」事です。

葬儀費用を安くしたいのなら尚更事前に調べておく必要があります。

葬儀の費用は巧妙に隠されているので、事前に見積もりや話を聞き、分からない事は質問などして確認するといいでしょう。

複数の会社から見積もりを取れば、ある程度葬儀費用の事が分かるはずです。

複数の葬儀社に見積もりをとる際、こちらの無料資料請求がおすすめです⇒ネットで資料請求

地元で安い葬儀社が見つかるかもしれないので、試してみてください。


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)