葬儀の香典返しの相場とは?また、お返しの時期と品物について

香典返しの相場
葬儀費用を安くする方法

香典返しとは、香典を頂いた方へお返しする返礼品のことです。

頂いた金額によってお返しする品(金額)を変えるのが一般的で、お渡しする時期も決められています。

今回は香典返しの相場と、お返しする時期について詳しく書きましたのでご覧ください。

香典返しの相場とは?

香典返しの相場は、香典金額の半分から3分の1の品を返すのが一般的です。

近親者に関しては、故人に対する供養の気持ちが多く入ってるという事で3分の1くらいが目安。

その他の友人・知人には半分(反返し)をお返しするのが相場となります。

最近では、香典を頂いた方全員同じ返礼品をお渡しする事も多くなりました。これは個人の考えですので、好きな方を選べばいいと思います。

また、残された遺族に子供がおり金銭的余裕がない場合など、養育費として頂き香典返しを行わないケースもあります。

この場合、教育費に役立てる旨を会葬礼状に記載してお伝え下さい。

香典返し(返礼品)の時期とは?

本来は四十九日(故人が亡くなってから49日後)に返礼品をお送りするのですが、今はお葬式に参列した際にお渡しする事が多くなりました。

知人・友人などからは大体5,000円から1万円の香典を頂くのが相場で、香典が5,000円でしたらお葬式の時にお返しする返礼品だけで済ませてしまいます。

香典が1万円以上(近親者につれ、3万円・5万円・10万円などを頂く場合も有)は、四十九日に合わせて、金額に応じた返礼品をお送りします。

例えば、お葬式の時にお渡しする返礼品(香典返し)を1000円の品を用意していた場合、香典を1万円頂いた人には、49日後に2000円位の品をお送りします。

合計で3分の1から半分くらいの金額の品をお返しして下さい。

香典返しの品物は何を選べばいいのか?

香典返しの品物は、消えて無くなるものを選びます。

タオル・ハンカチ・石鹸・洗剤・海苔・お菓子など、実用品や生活用品などが一般的です。

最近ではカタログを送り、好きな物を選んで頂くケースも多くなりました。

お葬式で渡す香典返しは、葬儀社との打ち合わせで用意します。

品物は500円くらいから数万円まで幅広くありますが、大体2,000円から3,000円くらいの品を選ぶことが多いです。

香典を多く頂いた方へ後日(49日後)送る品も、お付き合いした葬儀社で手配が可能です。

葬儀社を使わず、自身で購入しお送りしても構いません。(百貨店などで買う事ができます。)

香典返しはネットでも選べる!

香典返しをしっかり選びたいという方は、インターネットで購入する事もできます。(直接配送もしてくれる)

商品からカタログまで幅広く取り扱っているので、探しに行くのが面倒と言う方はネットで購入するのもおすすめですよ。

いくつかサイトを紹介しますので、参考にしてみてください。

香典返し・法要専門店「お返しNAVI」

香典返し・法要専門店「お返しNAVI」

公式サイト:香典返し専門店【お返しナビ】

「お返しNAVI」は、香典返しや法要のお返しの専門店になります。

送料が3000円以上から無料なのが嬉しいポイントで、商品数も2000点以上と充実しています。

香典返しの専門店なので、細かなアドバイスやQ&Aも充実しているのでおすすめです。

ギフト専門店「ソムリエアットギフト」

ギフト専門店「ソムリエアットギフト」

公式サイト:カタログギフト・内祝いの専門店 ソムリエアットギフト

ギフト専門店のソムリエアットギフトは、楽天で2年連続「ギフト賞」を受賞した人気サイトです。

商品数が少なく、送料も1万円以上から無料なので先ほど紹介した「お返しナビ」の方が良いと思いますが、有名ショップなので掲載しました。


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)