葬儀で行う告別式とは?告別式の流れも詳しく紹介します!

告別式
葬儀費用を安くする方法

告別式とは故人とお別れをする最後の場です。

遺族・近親者・友人・仕事関係の人が参列しお焼香をあげますが、今の時代遺族や近親者、親しい知人などだけで行われることが多くなりました。

時間の関係で告別式に参列できない方もいる為、お通夜に来て告別式にこないという流れが多くなってます。

告別式とは、お通夜翌日の午前中に行うのが一般的です。

葬儀の流れ

告別式の流れは

  1. お坊さんがお経をあげてる間にお焼香をする。
  2. 最後に喪主が挨拶して終わります。

朝10時頃から始まり時間にして1時間から2時間程で告別式は終わります。

始めに遺族・近親者がお焼香をあげ、その後、友人や会社関係の人達がお焼香をあげていきます。

また、故人が亡くなって7日目に行う初七日の法要も一緒に行ってしまう場合が多いです。
(告別式のお焼香の後、初七日のお焼香をあげます。)

告別式が終わった後は、近親者だけが火葬場へと向かいます。友人や仕事関係の人は、火葬場へと向かわず帰宅するのが一般的です。

葬儀と告別式の違いとは?

本来「葬儀」とは、告別式の前に行う儀式のことを意味します。

葬儀の後に告別式を行うという流れです。

葬儀とは宗教色の強い儀式のことで、遺族や近親者だけで行います。その後、告別式で友人や仕事関係の人にお焼香をあげてもらいます。

今の時代「葬儀」とは告別式と一緒にしてしまう事が多いので、詳しく覚えておく必要はありません。

また「葬儀(そうぎ)」=お葬式全般の意味として覚えておけば大丈夫です。

まとめ

告別式のとき、喪主がやる事は挨拶するぐらいしかありません。告別式の進行は全て葬儀社がやってくれるので、何か覚えておく必要もないです。

告別式が終わってからは、火葬場に行き、また葬儀場へ戻って精進料理を頂きます。

精進料理は葬儀社で手配できますが、どこか違う場所で行っても大丈夫です。

違う場所で行う場合は、あらかじめ予約をしておくことを忘れずに!


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)