お墓のいらない海洋散骨の費用はどれくらいかかるのか?

海洋散骨の費用
葬儀費用を安くする方法

お墓を購入する気はないけど、永代供養もなんだか気が引けるという方におすすめなのが海洋散骨です。

一度散骨してしまえば、その後の費用は発生しないので、金銭的な面で選ばれる方も多いかと思います。

海洋散骨はお墓を建てる費用に比べ数段と安いですが、いったいどれくらいの費用がかかるのか?あまりピンときませんよね。

やり方次第では、結構安く行えるのも海洋散骨のメリットなので、その辺も踏まえ詳しく説明いたします。

海洋散骨の費用はどれくらいかかるのか?

海洋散骨の費用

海洋散骨の費用は安いと数万円、高くても40万円程くらいが大体の相場です。

この費用の差なのですが、海洋散骨のやり方次第で大きく異なります。

では、そのやり方に付いて詳しく見ていきましょう。

海洋散骨を安く行うケース

海洋散骨を安く済ませるには、葬儀会社に委託する方法となります。

故人のお骨を葬儀会社にお渡しし、葬儀会社が遺族の代わりに海へ散骨します。費用としては大体5万円から10万円くらいが相場です。

他に海洋散骨する方達と一緒に行うため、費用が安くなります。(海洋散骨後は散骨した証明書が貰えます)

海洋散骨が高くなるケース

遺族の方が直接海に散骨する場合は費用が高くなります。

この場合だと大体20万から40万くらいが相場の目安です。

散骨する人数(船に乗る人数)が多くなる程、その分費用も高くなります。

また船をチャーター(貸し切り)する場合と、他の方と一緒に合同散骨する場合でも料金が異なります。

海洋散骨のメリット

海洋散骨のメリット

海洋散骨の一番のメリットは、今後の費用がかからない事だと思います。

例えばお墓を建てた場合、建てただけでは終わらず、その後にかかる年間の使用料、お寺の修繕費などを請求される場合があります。

年間の使用料は大体2万円くらいが相場ですが、修繕費などはそのお寺などにより異なるので、高額な請求がくる場合もあります。

その点、海洋散骨だと一度散骨してしまえば一切費用はかからないので、残された遺族の負担はほぼ0です。

※1周忌などの行事も、やるやらないは遺族の考え方次第なので、必ずやらなければいけないという決まりはありません。

金銭面以外のメリットだと「宗教・宗派が関係ない」「ペットと一緒に散骨できる(葬儀社による)」なども海洋散骨のメリットと言えます。

海洋散骨のデメリットは?

海洋散骨のデメリットはと言うと、親族トラブルがあげられます。

海に散骨を反対する人や、お墓を建てて欲しい人など、残された遺族はいいと思っていても周囲の反対というのは、少なからず出てくるかもしれません。

私の親父が亡くなったケースだと、親父の意向は「墓なんてどうでもいい」と言われてたので、永代供養で構わないと思っていたのですが、親父の兄弟やいとこなどは「墓を建ててほしい」、また墓を建てる場所もここがいいなど、家族だけでは決めずらくなっています。

自分たちはこれでいいと思っていても、結構周囲からの反対があとあと問題になる事もあるので、ここは慎重に検討してみてください。

おすすめの海洋散骨はどれ?

おすすめ海洋散骨

私の親父の散骨を考えていた時に、永代供養以外に海洋散骨も候補に挙がっていました。

その時に見つけた費用の安い葬儀社を1つ紹介いたします。

シンプル葬の海洋散骨

シンプル葬の海洋散骨

検討していた会社が【シンプル葬の海洋散骨】になります。

委託散骨で49,000円と費用がとても安いです。

ペットの骨も一緒に散骨可能なので、亡くなられた方が可愛がってたペットと一緒に散骨してあげるのも良いですね。

詳しい詳細はサイトに書いてありますが、24時間電話相談も可能ですよ。

まとめ

お墓をたてる費用などを考えると海洋散骨はとても安く済みますが、やはり身内でのトラブルがあるかもしれないというのがネックになります。

くどいようですが、しっかり周りと相談しながら行った方が、後々トラブルになりずらいと思うので、一つ慎重に行動する事をおすすめします。


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)