格安に葬儀を行うためにはどうすればいいのか?

格安葬儀
葬儀費用を安くする方法

「格安で葬儀をしたいけど、どうすればいいの?」なんて方は、火葬だけ行う「直葬」がおすすめです。

直葬とはお通夜も告別式も行わず火葬だけするお葬式の事で、費用は15万から30万位が相場とされています。(直葬の事を火葬式と呼んだりもします。)

親戚や友人関係は呼ばず家族だけでお葬式をするので、香典の品、料理、その他諸々の費用が省かれ、格安で葬儀をする事ができるという訳です。

相場が15万から30万と倍くらい金額が違っていますが、これはお坊さんを呼ぶか呼ばないかの違いで、お坊さんを呼ばないなら15万から20万くらいが相場の目安になります。

では、今回おすすめする格安の葬儀「直葬」について、もっと詳しく見ていきましょう。

格安葬儀「直葬」の大まかな流れ

火葬だけ行う直葬の流れはこのようになります▼

1.故人をお迎え
2.ご安置
3.火葬

まずは、故人を安置所か自宅へ移動させるため、葬儀会社に迎えに来てもらいます。

故人を安置したら、葬儀会社の人と葬儀の打ち合わせを行います。

打ち合わせ内容は「火葬する日を決めるだけ」です。

直葬はお通夜告別式を行わないので、やる事は火葬のみ。そして直葬は、基本お坊さんを呼びません。

一般的なお葬式だと、お通夜・告別式・火葬場でお坊さんにお経をあげてもらいますが、直葬の場合はお坊さんを呼ばないことがほとんどです。

でも、お坊さんを呼ばないお葬式なんていいの?

お坊さんは呼ばなくてもいいの?

お葬式だからといって、必ずしもお坊さんが必要な訳ではないのです。

お坊さんとは、故人を成仏させるためお経を唱えるのですが、やらなきゃいけない決まりはありません。

ただ、どうしてもお坊さんを呼びたい場合は、ご自身で手配するか葬儀屋さんにお願いする事も可能です。

もしお坊さんを呼ぶ場合なのですが、ネットの葬儀屋にお願いすることで格安に済ますことができます。

お坊さんに渡すお布施の相場は約30万から50万と言われ、自身で手配するとこれくらい費用がかかりますが、ネットの葬儀屋でお坊さんを頼めば、10万以下で手配することが可能です。

ネットの葬儀屋っていったい何なの?

ネットの葬儀屋とは、主に集客だけを行っている葬儀会社の事です。

ネットで集客し、集客したお客さんを提携している葬儀屋に紹介する仕組みとなります。

ネットの葬儀屋

実際に葬儀を行う会社は、ネットの葬儀屋が定めた価格で葬儀を行わなければならないので、直接町の葬儀社に頼むより安くなる場合が多いです。

実際、私が葬儀を行った会社も、「ネットから申し込まれたので安くなっています」と言われました。

全部の葬儀社がそうだと言いませんが、ネットで葬儀屋を探した方が安くなる傾向にあります。

また、ネットの葬儀屋はお坊さんとも提携しており、格安のお布施代金でお経を唱えてくれます。

私はネットの葬儀屋にお坊さんもお願いしたのですが、お布施代は16万円。

ちなみにお付き合いのあるお坊さんだと60万くらいと言われたので、かなり安いお布施代だったと思います。

お布施代16万円は「お通夜・告別式・火葬場」でお経を唱えてもらった料金です。仮に火葬場だけでお経を唱えてもらった場合は、お布施代はもっと安くなります。

格安で葬儀ができるネットの葬儀屋はどこがおすすめ?

ネットで葬儀屋を調べると、沢山の葬儀屋が出てきてどれがいいのか良く分からないかと思います。

そこで今回紹介する葬儀屋は、ネット葬儀社の中でも有名な会社をピックアップしました。

気になる会社がありましたら資料請求をしてみて下さい。(資料請求は無料です)

ネットの葬儀屋1:小さなお葬式

小さな葬儀

ネットの葬儀屋で1番有名なのが「小さなお葬式」で、私も利用した葬儀屋さんです。

資料請求すると近場の葬儀社リストが届き、その中から葬儀社を選びます。

葬儀プランは4つで一番安いのが「小さな火葬式(直葬)」という税込19万3,000円のプランです。

事前に資料請求をすると5,000円引きとなるので、税込18万8000円で火葬式(直葬)ができます。

早割と言う500円のチケットを事前に購入しておけばさらに安くなるので、これから葬儀を行う予定がある場合は早割チケットを買っておいた方がお得ですよ。

「小さな火葬式(直葬)」プランは、お通夜・告別式・お坊さんのないプランです(もちろん食事もなし)。

もし、お坊さんを火葬の時に呼びたい場合は、別途55,000円(税込)と格安なお布施代で手配が可能です。

▼小さなお葬式の資料請求はこちらから
小さなお葬式

シンプルなお葬式

シンプルなお葬式

シンプルなお葬式もネット葬儀でよく見かける会社です。

小さなお葬式よりも安く、14万8,000円で火葬だけのお葬式ができます。(お通夜・告別式・料理などありません)

こちらも事前に資料請求すれば5,000円引きとなり、税込14万3,000円で火葬式(直葬)が可能。

お坊さんの手配も55,000円で「小さなお葬式」と同じ金額になります。

▼シンプルなお葬式の資料請求はこちらから

 

2つのネット葬儀屋を紹介しましたが、どちらの会社も安置4日目からは追加料金が発生します。

故人が無くなってから3日以内に火葬しない場合は別途費用が発生するので注意して下さい。

また、移動が長距離になる、市区町村が運営する火葬場がない場合も別途費用が発生します。

火葬場は資料請求した時に書かれていると思うので、よく確認してください。

格安葬儀を行うポイントは、これらネット葬儀の資料請求をしたり、町の葬儀屋に足を運び見積をもらう事です。

沢山の見積もりを見れば、どういったものに費用がかかるのか分かりますし、別途必要な料金も見えてきます。

↓こちらの一括資料請求もおすすめで、資料請求すると近場の葬儀屋の案内が届きます。格安で葬儀がおこなえるので資料請求して確認してみてください。
全国300社の中から最適な御見積りを致します!【葬儀レビ】


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)