一日葬の費用相場はいくら?お布施相場や一日葬の流れも紹介します!

一日葬の費用と流れ

一日葬とは、その名の通り1日だけでお葬式を済ませてしまうプランです。

基本お葬式は2日に渡って行いますが、一日葬ではお通夜はやらず告別式だけしかやりません。

お葬式で一番安いのが「直葬(火葬式)」2番目に安いのが今回紹介する「一日葬」です。

では、一日葬の流れや費用相場について詳しく見ていきましょう。(一日葬のお布施相場についても載せてあります。)

一日葬の流れ

1日葬の流れ

1:故人が亡くなったことを葬儀社へ連絡し「お迎えに」に来てもらいます。

2:ご遺体を「自宅」か「葬儀社が持つ安置室」へと運びます。

事前にどこに安置するかを決めておいた方が良いでしょう。自宅安置の場合、布団1枚のスペースがあれば安置できます。

3:葬儀社の方と「打合わせ」を行います。打ち合わせの内容は主に「火葬日」を決めるだけです。

4:火葬する日に納棺し告別式を行います。告別式では故人と最後のお別れをします。(お坊さんをお呼びしてるならお経を上げてもらいます。)

5:告別式が終わったら寝台車で火葬場へと移動します。火葬が終わり骨壺にお骨を納めたら自宅へ帰宅という流れです。(お坊さんをお呼びしてるなら、火葬場でもお経を上げてもらいます。)

葬儀会社によって多少内容が異なるかもしれませんが、一日葬の流れは大体このような感じです。

一日葬の費用相場はどれくらい?

1日葬の費用

一日葬にかかる費用相場はだいたい30万円~70万円くらいです。

一般的なお葬式と比べやる事が少ない一日葬は、葬儀費用も安くなります。では、どのような事が省かれているのかと言うと

  • 死化粧代
  • お通夜の会場費
  • お通夜に呼ぶお坊さん代
  • お通夜に出す料理代
  • 告別式に呼ぶお坊さん代(※1)
  • 火葬に呼ぶお坊さん代(※1)
  • 火葬後の会食代

以上のことが一日葬では省かれます。

(※1)お坊さんをお呼びしたり火葬後の食事をする場合もあります。その場合は当然費用も高くなります。

死化粧とは開いた口や目をふさいだり、薄く化粧をして顔色を良くしたりするものです。納棺師が行うので、別途費用を出せば行ってくれます。(死化粧の相場は5万から10万くらい)

【お坊さんを呼ぶ場合】一日葬のお布施相場はいくら?

もしお坊さんを呼んでお経を上げてもらう場合のお布施相場なのですが、10万~30万くらいが目安になります。

お経は告別式と火葬場の2回だけしか上げてもらわないので、そこまで高くならないでしょう。(ただし、お坊さんによってお布施代が高額な場合もあります。)

ネット葬儀社の一日葬の費用

1日葬 葬儀社

地元の葬儀社でも一日葬を扱ってるとは思いますが、ネットで葬儀を申し込んだ方が安くなることが多いです。

費用を安く済ませたい場合は、ネットと地元の葬儀屋に資料請求し比較してみてください。そうすることで安い葬儀社を見るける事ができますし、お葬式の知識もより身につきます。

では、ネットでおすすめの葬儀社を紹介しますので参考にして下さい。

小さなお葬式

小さなお葬式

ネットの葬儀社で1番有名なのが「小さなお葬式」で、15万件以上の葬儀実績があります。

  • 一日葬の費用は34万3000円です。(資料請求をすれば5000円引き)
  • 小さなお葬式が提携してるお坊さんを手配する場合、プラス8万5000円でお経を上げてもらえます。

よりそうのお葬式(旧:シンプルなお葬式)

シンプルなお葬式

よりそうのお葬式(旧:シンプルなお葬式)もネット葬儀社の中では有名で、他社よりも費用が安いのが特徴です。

※費用が安い分、自宅飾り一式や仏具がなかったりするので注意して下さい。

  • 一日葬の費用は29万8000円です。(資料請求をすれば5000円引き)
  • よりそうのお葬式が提携してるお坊さんを手配する場合、8万5000円でお経を上げてもらえます。

ネット葬儀社で一日葬を行うときの注意

家族葬を行うときの注意

先ほど紹介した葬儀社の料金は一日葬にかかる最低費用なのですが、追加料金が発生する場合があります↓

  • 安置が3日以上になる場合
  • 移動距離が長くなる場合
  • 市区町村が運営する火葬場が使えない場合

ではそれぞれを詳しく説明いたします。

安置が3日以上になる場合

安置は大体3日目までが無料で、それ以降は別途費用が発生する場合がほとんどです。

「自宅安置」か「葬儀社の安置場所」かでも費用が変わりますが、大体1日伸びるごとに1万円くらいの費用が発生します。

移動距離が長くなる場合

例えば、亡くなった病院から自宅までの距離が長かったり、安置場所から火葬場までの距離が長いと費用がかかります。

大体50kmまでは無料という所が多いです。費用はまちまちなので、問い合わせて確認して下さい。

市区町村が運営する火葬場が使えない場合

一部地域では市区町村が運営する火葬場がない場合があります。

私の地域では、市区町村が運営する火葬場がなかったので別途6万円がかかりました。

火葬場で控室を使う場合なども費用がかかりますので注意して下さい。

一日葬のまとめ

一日葬の費用相場は大体ですが30万~70万くらいです。お坊さんをお呼びしたり、食事をしたりすれば葬儀費用は高くなります。

一日葬の流れについては「葬儀社に連絡する」→「故人を安置する」→「葬儀社と打ち合わせ」→「火葬」と言った感じです。

葬儀自体は特に難しいことはなく、分からない事は葬儀社の人が全て教えてくれるので心配しなくても大丈夫です。

一日葬の他にも葬儀の種類は色々あります。こちらの記事も参考にしてみてください↓

葬儀費用の相場はどれくらい?葬儀の種類別に相場を出してみた!

2018.05.24

 

簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!


葬儀費用を安くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)