直葬や火葬とは?格安プランの詳細や直葬の流れを説明します。

お葬式の流れ

葬儀の種類の中で一番安く行えるのが直葬(火葬式)です。一般的なお葬式と比べ費用は1/10くらいが相場になります。

なぜ安い費用で葬儀が行えるのかと言うと「お通夜」や「告別式」を行わない、「食事費用」や「お布施の費用」がいらない または 少なくて済むからです。

この記事は直葬(火葬式)の詳しい流れや費用、直葬を扱ってる葬儀社の格安プランをご紹介いたします。

直葬(火葬式)の流れ

直葬とは

直葬(火葬式)の流れは

  1. 故人が亡くなったことを葬儀社へ連絡する
  2. 故人をお迎えに来てもらう
  3. ご遺体を自宅か安置室へ運ぶ
  4. 葬儀社と打ち合わせ

以上を1日で行います。

故人を運ぶ場所なのですが、自宅か葬儀社が持っている安置所のどちらかになります。(自宅安置の場合は布団1枚のスペースがあればOK)

葬儀社との打ち合わせは主に「火葬日を決める」だけです。お坊さんにお経を上げてもらう場合はお坊さんの手配も一緒に行います。

火葬日が決まったら、当日納棺し寝台車で火葬場へと移動。火葬が終わり骨壺にお骨を納めたら自宅へ帰宅という流れになります。

葬儀会社によって多少内容が異なるかもしれませんが、直葬(火葬式)の流れはこのような感じと覚えておけば問題ありません。

直葬(火葬式)の費用はどれくらいかかるのか?

直葬の費用

直葬にかかる費用は大体20万前後が相場です。

直葬(火葬式)は一般的な葬儀と比べると省かれることが多いので、格安で葬儀が行えます。

下記の費用が基本的に直葬(火葬式)で省かれます。

  • 死化粧代
  • お通夜の会場代
  • お通夜に呼ぶお坊さん(お布施)
  • お通夜に出す料理代
  • 告別式の会場代
  • 告別式に呼ぶお坊さん(お布施)
  • 火葬に呼ぶお坊さん(お布施)
  • 火葬後の会食代

以上のことを一般的なお葬式だと行いますが、直葬の場合は行いません。(お坊さんを呼ぶ場合は、火葬場でお経を上げてもらいます。)

死化粧とは開いた口や目をふさいだり、薄く化粧をして顔色を良くしたりするものです。納棺師が行うので、別途費用を出せば行ってくれます。(大体5万から10万くらいが相場)

直葬(火葬式)でお坊さんを呼んだ場合のお布施の費用相場

もしお坊さんを呼んでお経を上げてもらう場合、10万~20万くらいがお布施の相場です。

火葬場でしかお経を上げないため、一般的なお葬式よりも費用は安くなりますが、お坊さんによっては高額になる場合もあります。

お布施の費用は曖昧で、直葬(火葬式)だけど50万請求される可能性もなくありません。

お布施の費用も抑えたいなら、僧侶の派遣サービスを行ってる「お坊さん便」を利用してみてください。

直葬(火葬式)なら6万前後でお経を上げてもらえます。

お布施を安く抑えるなら『お坊さん便』を利用するのがおすすめ!

2018.05.01

直葬(火葬式)プランを扱ってる格安葬儀社

直葬 葬儀社

直葬(火葬式)を扱ってる格安な葬儀社を3社紹介します。

近年ネットの葬儀サービスが人気で、直接葬儀社に依頼するよりも安い費用で葬儀を行うことができます。

ネット葬儀社の仕組みとは?

仕組みは単純で、ネットの葬儀社が集客を行い提携してる町の葬儀社へお客さんを紹介しているだけです↓

ネット葬儀社の仕組み

町の葬儀社はお客さんを紹介してもらう代わりに、ネットの葬儀社が定めた安いプランでお葬式を行わなければなりません。

私はこのサービスを利用し一般的なお葬式を行いましたが、通常のお葬式と変わらない内容にもかかわらず安い費用で行えました。

そのネット葬儀社の口コミや詳細はこちらの記事を確認して下さい↓

【実際の体験談あり】小さなお葬式の口コミや評判は良いの?悪いの?

2018.05.25

ではここから、直葬(火葬式)を扱ってる格安な葬儀社を紹介いたします。

小さなお葬式:格安プランは14万5000円

小さなお葬式:格安プランは14万5000円

「小さなお別れ葬」プランは、葬儀内容がとてもシンプルなため費用は14万5000円となっています。(資料請求を行えば5000円の割引あり)

注意点としては

  • 自宅安置ができなく葬儀社の安置になる(面会はできない)
  • 自宅飾りの仏具や白木位牌などもつかない
  • 仏具がないためお坊さんを呼べない

点は注意して下さい。

仏具ありでお坊さんも呼びたい、面会もしたい場合は「小さな火葬式プラン」↓

直葬・火葬式 格安プラン

「小さな火葬式」プランでは仏具がセットになっているのでお坊さんの手配も可能です。価格は19万3000円ですが、資料請求すれば5000円割引されます。

お坊さんの手配はご自身で行うか、小さなお葬式が提携してるお坊さんを手配することができます。

小さなお葬式が提携してるお坊さんなら、お布施は5万5000円と格安です。

よりそうのお葬式(旧:シンプルなお葬式):格安プランは13万3000円

直葬・火葬式 格安プラン

よりそうのお葬式の格安プランは13万3000円で、事前に資料請求すれば5000円が割り引かれます。

注意点は

  • 自宅安置ができなく葬儀社の安置になる(面会はできない)
  • 自宅飾りの仏具や白木位牌などもつかない

お坊さんの手配は可能で、よりそうのお葬式が提携してる僧侶なら5万5000円のお布施でお経を上げてもらえます。

面会可能&仏具をつけるプランもあり↓

直葬・火葬式 格安プラン

イオンのお葬式:格安プランは19万8000円

直葬・火葬式 格安プラン

イオンのお葬式の格安プランは19万8000円で、資料請求を行えば5000円割引されます。

お坊さんの手配はご自身で行うか、イオンのお葬式が提携してる僧侶を手配できます。イオンのお葬式が提携してるお坊さんなら、お布施は4万5000円と格安です。

どのネット葬儀社が1番良い?

  • 小さなお葬式
  • よりそうのお葬式
  • イオンのお葬式

を紹介しましたが、1番おすすめなのは「小さなお葬式」です。

個人的に私が利用して満足したからと言うのもありますが、15万件以上の葬儀実績がありネット葬儀社で1番有名なのが「小さなお葬式」だからと言うのもあります。

しつこい営業などもないので、一度資料請求して確認してみてください↓

口コミや実際に利用した詳細などはこちらの記事をみてください↓

【実際の体験談あり】小さなお葬式の口コミや評判は良いの?悪いの?

2018.05.25

直葬(火葬式)を行うときの注意

家族葬を行うときの注意

先ほど紹介した葬儀社の料金は直葬にかかる最低費用ですが、別途費用がかかる場合もございます。

基本的に追加料金は発生しないのですが、例外もあるのでご覧ください。

  • 安置が3日以上になる場合
  • 移動距離が長くなる場合
  • 市区町村が運営する火葬場が使えない場合
  • 遺影写真やお花を飾る場合

上記に記載した物は別途費用が発生する場合がほとんどです。

ではそれぞれを詳しく説明いたします。

安置が3日以上になる場合

安置は大体3日目までが無料で、それ以降は別途費用が発生する場合がほとんどです。

自宅安置か別の安置場所でも費用が変わると思うのですが、大体1日伸びるごとに1万円くらいの費用が発生します。

移動距離が長くなる場合

例えば、亡くなった病院から自宅までの距離が長かったり、安置場所から火葬場までの距離が長いと費用がかかります。

大体50kmまでは無料という所が多いです。費用はまちまちなので、問い合わせて確認して下さい。

市区町村が運営する火葬場が使えない場合

一部地域では市区町村が運営する火葬場がない場合があります。

私が行った葬儀(江戸川区)では、市区町村が運営する火葬場がなかったので、別途6万円がかかりました。

火葬場で控室を使う場合なども費用がかかりますので注意して下さい。

遺影写真やお花を飾る場合

遺影の写真やお花のサービスも基本的には有料となるところが多いです。

これも葬儀社によって異なるので、確認してください。

直葬のまとめ

直葬(火葬式)はとても人気があるプランで、小さなお葬式では利用者の半数近くがこのプランを選んでいます。

お坊さんを呼ばずシンプルで構わないのでしたら、20万以内で直葬ができるでしょう。


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)