お葬式でかかる費用を知ろう!ザックリ言うと費用は3つ

葬式の主な費用
葬儀費用を安くする方法

お葬式の費用って何にいくらかかるのか分かりずらいですよね?

生きてるうちに何十回も行うわけではないので、覚える機会が少ないと思います。

そこで今回、私が実際に行った葬儀と全国の葬儀費用相場を比べながら、葬儀にかかる費用について説明してきます。

お葬式でかかる費用は主に3つ

お葬式でかかる3つの費用とは

  1. 葬儀の一式
  2. お坊さんに払うお布施
  3. 飲食代

大まかに言うとこのように分かれます。

ではそれぞれの全国平均金額と詳細を見ていきましょう。

1.葬儀の一式

寝台車、安置料、ドライアイス、会場使用料、焼香、祭壇などなど、葬儀を行うために必要な物が葬儀の一式です。

分かりやすく言うと、お坊さんに払うお布施と飲食代以外の物になります。

全国平均だと約130万円が相場なのですが、葬儀の規模で金額が大分変ってきます。

例えば私がお願いした「小さなお葬式」では、少人数の葬儀だと18万8,000円、人数が多い葬儀だと63万8,000円となり、45万円も差が出てしまいます。

ちなみに私が「小さなお葬式」でかかった費用は約90万円でした。内訳は

  • 「100名までのお葬式プラン」の葬儀一式費用が63万8,000円
  • 火葬の費用が6万円
  • 配膳スタッフ代金が5万4,000円
  • 追加のマイクロバス代金が3万9,960円
  • ガードマン代金(2日分)が3万2,400円
  • ドライアイス+安置料追加代金が2万1,600円
  • 納棺式+死化粧代金が4万8,600円
  • 火葬場での控室代金が1万0,400円

となります。

詳しくは「小さなお葬式・葬儀で実際にかかった費用と内訳」をご覧ください。

2.お坊さんに払うお布施

お坊さんにお支払いするお布施の金額も幅が広いです。

例えば今回、私がお支払いしたお布施は16万だったのですが、お付き合いのあるお寺さんだと60万位と言われました。

地元の葬儀屋では30万位と言われ、金額はまちまちです。

ちなみに全国平均は約55万円になります。

詳しい詳細はこちら「お葬式に呼ぶお坊さんはどうすればいいのか?またお布施の金額(相場)はいくらなのか?

3.飲食代

飲食代金も人数の規模によって大分差が出てしまいます。

ちなみに飲食代金とは、お通夜、告別式(精進料理)、火葬場(おつまみなどの軽食)でお出しする物です。

私が行った葬儀では、お通夜(75名分)で34万9,250円、精進料理が(35名分)で20万7,900円、火葬場での軽食が1万5,800円、飲み物代(お通夜と精進料理の時)が7万7,294円、合計で65万244円かかりました。

ちなみに全国平均が約45万円となっていますが、家族だけで行う小規模の葬儀(家族葬)だと0円で済ませられるので、全国平均と言ってもあまりあてになりません。

今回私が支払った飲食代は、お通夜で1人約4600円、精進料理が1人5400円です。

目安として1人3000円から4000円くらいで済ませられれば安い方だと思います。

香典返し品

香典返し品とは、葬儀に来ていただいた方にお渡しする品物です。

これは葬儀場と相談し品物を決めるのですが、安い物だと500円(ハンカチなど)くらいで済みます。

香典を貰った方にお渡し、渡した分だけしか金額はかからないので、大きな出費になる事はありません。

まとめ

葬儀費用の詳細は分かりましたでしょうか?

「葬儀一式」「食事代金」「お坊さんに渡すお布施代金」、この3つが葬儀の費用となりますが、葬儀の規模が家族だけなら「葬儀一式」だけで済むので、金額は20万から30万程で済むと思います。

ちなみに葬儀にお坊さんは付き物だと思ってる人も多いですが、別に頼まなくても問題ないですよ。

葬儀費用があまりないのなら、無理して呼ぶ必用はありません。

今は家族だけで行う1日葬などを選ばれる方も多くなってるので、金銭面をきにするならそういったプランを選んでみて下さい。


簡単な資料請求で地元の安い葬儀社が見つかる!

葬儀費用を安くする
葬儀費用を安くする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)